背景画像1
長崎大学 教員等総覧データベース教員等総覧データベース
長崎大学 教員等総覧データベースComprehensive Database of Researchers
究者詳細情報
最終更新日:2022年09月03日
Detail
last updated:2022/09/03
研究者顔写真
氏 名 name 飯塚 知敬 / いいづか ともよし Iizuka Tomoyoshi
所属 department 人文社会科学域(教育学系) Institute of Humanities and Social Sciences(Education)
職名 official title 助教授,教授 助教授,教授
学位 degree 文学修士 Master(Arts)
E-mail
研究キーワード research interests Western Philosophy,Western Ethics,Bioethics,西洋哲学,西洋倫理学,生命倫理学 Western Philosophy,Western Ethics,Bioethics,西洋哲学,西洋倫理学,生命倫理学
研究分野 research research_areas 科学社会学、科学技術史,哲学、倫理学 Sociology/history of science and technology,Philosophy and ethics
学歴 education
  • 1982年
    京都大学 Graduate School, Division of Letters
  • 1982年
    京都大学 文学研究科
  • 1977年
    京都大学 Faculty of Literature
  • 1977年
    京都大学 文学部
  • 1982
    Kyoto University Graduate School, Division of Letters
  • 1982
    Kyoto University 文学研究科
  • 1977
    Kyoto University Faculty of Literature
  • 1977
    Kyoto University Faculty of Letters
経歴 experience
委員歴 committee memberships
所属学協会 association memberships 中世哲学会,日本倫理学会,関西哲学会,西日本哲学会,京大中世哲学研究会,京都哲学会,新プラトン主義協会 中世哲学会,日本倫理学会,関西哲学会,西日本哲学会,京大中世哲学研究会,京都哲学会,新プラトン主義協会
受賞 awards
論文 papers
MISC
  • Creatio and finis rerum in Thomas Aguinas STUDIA NEOPLATONICA 1, 55-64巻 2002年
  • トマスにおける創造論と事物の目的について 新プラトン主義研究 創刊号, 55-64巻 2002年
  • On the Distinction of Things-Thomas Aquinas : summa theologiae 1, g. 47- Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University : Social Science 59号17頁-25頁 2000年
  • A consideration of Thomas' Theory of creatio and causa finalis Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University : Humanities 60号1頁-7頁 2000年
  • 神における関係とヒュポスタシスについて : トマス・アクィナス『能力論』q.8, a.2〜4 飯塚 知敬 長崎大学教育学部紀要. 人文科学 61巻61号1頁-12頁 2000年
  • 事物の区別について-トマス・マクィナス『神学大全』第(]G0001[)部,第47問題- 長崎大学教育学部 社会科学論叢 59号17頁-25頁 2000年
  • トマスにおける創造論と目的因 飯塚 知敬 長崎大学教育学部紀要 人文科学 60巻60号1頁-7頁 2000年
  • 神における関係とヒュポスタシスについて-トマス・マクィナス『能力論』q. 8, a. 2-4- 長崎大学教育学部紀要 人文科学 61号1頁-12頁 2000年
  • Virtus and habitus in Thomas Aquinas -Thomas Aquinas : summa theologiae (]G0002[)-(]G0001[), g55- Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University : Humanities 59号1頁-9頁 1999年
  • トマスの徳とハビストに関する一考察 -トマス・アクィナス『神学大全』第(]G0002[)-(]G0001[)部,第55問題- 長崎大学教育学部紀要 人文科学 59号1頁-9頁 1999年
  • Creatio and finis rerum in Thomas Aguinas STUDIA NEOPLATONICA 1, 55-64. 2002
  • 新プラトン主義研究 創刊号, 55-64. 2002
  • On the Distinction of Things-Thomas Aquinas : summa theologiae 1, g. 47- Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University : Social Science 59.17-25 2000
  • A consideration of Thomas' Theory of creatio and causa finalis Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University : Humanities 60.1-7 2000
  • On the relations in God and hypostasis-Thomas Aquinas : Depotentia q. 8, a. 2-4- Iizuka Tomoyoshi Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University : Humanities 61.61.1-12 2000
  • 長崎大学教育学部 社会科学論叢 59.17-25 2000
  • A consideration of Thomas' Theory of creatio and causa finalis Iizuka Tomoyoshi Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University. Humanities 60.60.1-7 2000
  • 長崎大学教育学部紀要 人文科学 61.1-12 2000
  • Virtus and habitus in Thomas Aquinas -Thomas Aquinas : summa theologiae (]G0002[)-(]G0001[), g55- Bulletin of Faculty of Education, Nagasaki University : Humanities 59.1-9 1999
  • 長崎大学教育学部紀要 人文科学 59.1-9 1999
書籍等出版物 books
  • Anselm of Canterbury
    1996年
  • カンタベリのアンセルムス
    西洋哲学史[古代・中世編](共著)
    1996年
  • Anselm of Canterbury
    1996
  • カンタベリのアンセルムス
    西洋哲学史[古代・中世編](共著)
    1996
講演・口頭発表等 conference
担当経験のある項目 teaching experience
Works
競争的資金等の研究課題 research grants
  • Study on Dialectic and Ontology in mediaeval Philosophy
  • Study on Nature and Good in mediaeval Philosophy
  • 中世哲学における弁証法と存在論の研究
  • 中世哲学における自然と善の研究
  • Study on Biothics in Genetic Counseling
    2001年 - 2006年
  • 遺伝カウンセリングをめぐる生命倫理学的研究
    2001年 - 2006年
  • Study on Dialectic and Ontology in mediaeval Philosophy
  • Study on Nature and Good in mediaeval Philosophy
  • 中世哲学における弁証法と存在論の研究
  • 中世哲学における自然と善の研究
  • Study on Biothics in Genetic Counseling
    2001 - 2006
  • 遺伝カウンセリングをめぐる生命倫理学的研究
    2001 - 2006
特許 patents
社会貢献活動 social contribution
メディア報道 media_coverage
学術貢献活動 academic_contribution
その他 etc

トップへ