背景画像1
長崎大学 教員等総覧データベース教員等総覧データベース
長崎大学 教員等総覧データベースComprehensive Database of Researchers
究者詳細情報
最終更新日:2023年02月01日
Detail
last updated:2023/02/01
研究者顔写真
氏 名 name 新谷 和幸 /   Niiya Kazuyuki
所属 department 人文社会科学域(教育学系) Institute of Humanities and Social Sciences(Education)
職名 official title 准教授 准教授
学位 degree 博士 博士
E-mail
研究キーワード research interests 概念,カリキュラム研究,授業研究,初等教育,社会科教育 概念,カリキュラム研究,授業研究,初等教育,社会科教育
研究分野 research research_areas 教科教育学、初等中等教育学 Primary/secondary education and curricula
学歴 education
経歴 experience
委員歴 committee memberships
所属学協会 association memberships 日本教科教育学会,社会系教科教育学会,日本社会科教育学会,全国社会科教育学会 JAPAN CURRICULUM RESEARCH AND DEVELOPMENT ASSOCIATION,EDUCATION IN THE SOCIAL STUDIES DEPARTMENT RESEARCH ASSOCIATION,JAPANESE ASSOCIATION FOR THE SOCIAL STUDIES,JAPANESE EDUCATIONAL RESEARCH ASSOCIATION FOR THE SOCIAL STUDIES
受賞 awards
論文 papers
  • 文化の違いから生じる多義性を活用し概念の意味拡張をめざす社会科概念学習ー責任概念に着目した単元「廣島・ヒロシマ・HIROSHIMA」を事例にー 新谷和幸 社会系教科教育学研究 34号1頁-10頁 2022年12月
  • 主権者教育の基盤として人のつながりを学ぶ社会科授業-共同体概念と関係価値に着目して- 新谷和幸 九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 9巻2号No.7頁- 2022年10月
  • 教育学部,附属小・中学校,県教育委員会の協働研究体制づくりの実際と成果 木村国広,藤本登,平瀬正賢,前原由喜夫,倉田伸,新谷和幸,池田一幸,入江康介,稲吉伸一,渡辺賢一 長崎大学教育学部教育実践研究紀要 21巻21号267頁-276頁 2022年08月
  • 中学校社会科公民的分野における「現代社会を捉える枠組み」に関する授業方法の検討-生徒が学びの意義を感じられるための基礎概念獲得の工夫- 新谷和幸 長崎大学教育学部教育実践研究紀要 21号11頁-23頁 2022年08月
  • 教科書と副読本の有効活用をめざした小学校社会科授業研究ー小学校中学年を対象にー 新谷和幸 長崎大学教育学部教育実践研究紀要 20号173頁-187頁 2021年08月
  • 令和元年度教育実習についての現状と課題 前田桂子,熊崎耕太,牧野一穂,藤本登,安井暁子,新谷和幸,宮下茂 長崎大学教育学部教育実践研究紀要 20号289頁-301頁 2021年08月
  • ネットワーク構造に着目した小学校社会科情報単元の研究-「情報ネットワーク社会探究学習」のモデル開発を中心に- 新谷和幸,土肥大次郎 長崎大学教育学部教育実践研究紀要 19号81頁-90頁 2020年08月
  • 小学校社会科における「概念カテゴリー化学習」の授業構成-学習指導過程の構築の理論と実践- 新谷 和幸 広島大学大学院博士論文 2018年03月
  • グローバル化に伴う共生社会を見据えた教員授業開発研修の有効性-特別支援学級・通常学級担当教員相互の専門性を生かして- 髙阪 英徳,新谷 和幸,天野 紳一,中丸 敏至,坂田 行平,谷 栄次,池田 吏志,林 孝 広島大学学部・附属学校共同研究機構研究紀要 44号141頁-150頁 2016年03月
  • グローバル化する環境問題に焦点を当てた「グローバル社会学習」の研究-附属小学校3校の連携を生かして- 新谷 和幸,中丸 敏至,伊藤 公一,服部 太,沖西 啓子,木村 博一,永田 忠道 広島大学学部・附属学校共同研究機構研究紀要 44号159頁-168頁 2016年03月
  • 文化の違いから生じる多義性を活用し概念の意味拡張をめざす社会科概念学習ー責任概念に着目した単元「廣島・ヒロシマ・HIROSHIMA」を事例にー 新谷和幸 社会系教科教育学研究 34.1-10 2022/12
  • 主権者教育の基盤として人のつながりを学ぶ社会科授業-共同体概念と関係価値に着目して- 新谷和幸 九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 9.2.No.7- 2022/10
  • 教育学部,附属小・中学校,県教育委員会の協働研究体制づくりの実際と成果 木村国広,藤本登,平瀬正賢,前原由喜夫,倉田伸,新谷和幸,池田一幸,入江康介,稲吉伸一,渡辺賢一 長崎大学教育学部教育実践研究紀要 21.21.267-276 2022/08
  • 中学校社会科公民的分野における「現代社会を捉える枠組み」に関する授業方法の検討-生徒が学びの意義を感じられるための基礎概念獲得の工夫- 新谷和幸 長崎大学教育学部教育実践研究紀要 21.11-23 2022/08
  • 教科書と副読本の有効活用をめざした小学校社会科授業研究ー小学校中学年を対象にー 新谷和幸 長崎大学教育学部教育実践研究紀要 20.173-187 2021/08
  • 令和元年度教育実習についての現状と課題 前田桂子,熊崎耕太,牧野一穂,藤本登,安井暁子,新谷和幸,宮下茂 長崎大学教育学部教育実践研究紀要 20.289-301 2021/08
  • ネットワーク構造に着目した小学校社会科情報単元の研究-「情報ネットワーク社会探究学習」のモデル開発を中心に- 新谷和幸,土肥大次郎 長崎大学教育学部教育実践研究紀要 19.81-90 2020/08
  • 小学校社会科における「概念カテゴリー化学習」の授業構成-学習指導過程の構築の理論と実践- 新谷 和幸 広島大学大学院博士論文 2018/03
  • Study of Training Programs Designed for Teachers Providing Education in a Globalizing Society 髙阪 英徳,新谷 和幸,天野 紳一,中丸 敏至,坂田 行平,谷 栄次,池田 吏志,林 孝 広島大学学部・附属学校共同研究機構研究紀要 44.141-150 2016/03
  • グローバル化する環境問題に焦点を当てた「グローバル社会学習」の研究-附属小学校3校の連携を生かして- 新谷 和幸,中丸 敏至,伊藤 公一,服部 太,沖西 啓子,木村 博一,永田 忠道 広島大学学部・附属学校共同研究機構研究紀要 44.159-168 2016/03
MISC
  • 3年学校のまわり/学校のまわりには,どんなものがあるのだろうか 新谷和幸 「365日の全授業」DX小学校(パイロット版:デジタル書籍)明治図書 60頁-61頁 2022年02月
  • 定番資料とは一味違う!授業で使える秘)新資料 文章資料=私のおすすめベスト5ー「授業で使える」文章資料を見出す方法と具体例ー 新谷和幸 教育科学社会科教育 749号8頁-9頁 2021年08月
  • 学び残しゼロ!「3学期の授業」のポイント-既習の内容や学び方を生かす授業の構想 新谷 和幸 教育科学社会科教育 732号4頁-7頁 2021年01月01日
  • 社会科における深い学びの実現とは-児童の学びを深めるための「概念の名辞」を探究する必要性- 新谷 和幸 教育科学社会科教育 733号120頁-123頁 2020年05月
  • 1年の8割が決まる授業開き成功のポイント-子どもたちへの「学びに対する意味付け」の重要性- 新谷 和幸 教育科学社会科教育 732巻4頁-7頁 2020年04月
  • 概念「文化遺産」を通して身近な伝統文化を捉え直す学習-単元「和SHOCK!?」を事例に- 新谷 和幸 教育科学社会科教育 724号58頁-61頁 2019年08月
  • 新聞掲示を活用した児童の「平和を学ぶ意欲」を育む学習プランと授業構成-新聞の同時閲覧性を生かした取り組み- 新谷和幸 平成30年度教育研究初等教育 教科等の独自性を生かした東雲がめざす授業の方向性 50頁-57頁 2019年05月
  • 問題解決力を鍛える「考える社会科」授業デザインー3・4年「地域社会の災害や事故防止」 新学習指導要領の単元配列や災害に関連する学習の系統性を生かす手立てー 新谷 和幸 教育科学社会科教育 719号 2019年03月
  • 城下町っおもしろい③-角館編ー 新谷 和幸 教育情報初等教育 110号20頁-21頁 2019年03月
  • 指導要領改訂を受けて小学校社会科の授業研究はどう変わるか 新谷 和幸 教育科学社会科教育 710号98頁-101頁 2018年06月
  • 新谷和幸 「365日の全授業」DX小学校(パイロット版:デジタル書籍)明治図書 60-61 2022/02
  • 新谷和幸 教育科学社会科教育 749.8-9 2021/08
  • 新谷 和幸 教育科学社会科教育 732.4-7 2021/01/01
  • 新谷 和幸 教育科学社会科教育 733.120-123 2020/05
  • 新谷 和幸 教育科学社会科教育 732.4-7 2020/04
  • 新谷 和幸 教育科学社会科教育 724.58-61 2019/08
  • 新谷和幸 平成30年度教育研究初等教育 教科等の独自性を生かした東雲がめざす授業の方向性 50-57 2019/05
  • 新谷 和幸 教育科学社会科教育 719. 2019/03
  • 新谷 和幸 教育情報初等教育 110.20-21 2019/03
  • 新谷 和幸 教育科学社会科教育 710.98-101 2018/06
書籍等出版物 books
  • 優れた社会科授業づくりハンドブック
    新谷和幸
    明治図書
    2022年09月
    9784183778208
  • 『365日の全授業』DX小学校社会
    新谷和幸
    明治図書
    2022年07月
    9784188014271
  • 社会科重要用語事典
    新谷和幸
    明治図書
    2022年03月
    9784183464309
  • 概念カテゴリー化学習の理論と実践-小学校社会科カリキュラム開発を視野に-
    新谷和幸
    風間書房
    2022年01月
    9784759924121
  • 新・教職課程演習第11巻 初等社会科教育
    新谷和幸
    協同出版
    2021年06月
    9784319003525
  • 板書&写真でよくわかる365日の全授業小学校社会3年
    木村博一,新谷和幸
    明治図書
    2021年03月
    9784184263130
  • 「わかる」社会科授業をどう創るかー個性のある授業デザインー
    新谷 和幸
    明治図書
    2019年06月
    9784183104212
  • アクティブラーニングを位置づけた小学校社会科授業プラン
    新谷和幸
    明治図書
    2017年03月
    9784182771163
  • 新社会科授業づくりハンドブック小学校編
    新谷和幸
    明治図書
    2015年10月
    9784181870133
  • 平成27年度版東京書籍「新編新しい社会6年」教師用指導書指導編指導編
    新谷 和幸
    東京書籍
    2015年04月
  • 優れた社会科授業づくりハンドブック
    新谷和幸
    明治図書
    2022/09
    9784183778208
  • 『365日の全授業』DX小学校社会
    新谷和幸
    明治図書
    2022/07
    9784188014271
  • 社会科重要用語事典
    新谷和幸
    明治図書
    2022/03
    9784183464309
  • 概念カテゴリー化学習の理論と実践-小学校社会科カリキュラム開発を視野に-
    新谷和幸
    風間書房
    2022/01
    9784759924121
  • 新・教職課程演習第11巻 初等社会科教育
    新谷和幸
    協同出版
    2021/06
    9784319003525
  • 板書&写真でよくわかる365日の全授業小学校社会3年
    木村博一,新谷和幸
    明治図書
    2021/03
    9784184263130
  • 「わかる」社会科授業をどう創るかー個性のある授業デザインー
    新谷 和幸
    明治図書
    2019/06
    9784183104212
  • アクティブラーニングを位置づけた小学校社会科授業プラン
    新谷和幸
    明治図書
    2017/03
    9784182771163
  • 新社会科授業づくりハンドブック小学校編
    新谷和幸
    明治図書
    2015/10
    9784181870133
  • 平成27年度版東京書籍「新編新しい社会6年」教師用指導書指導編指導編
    新谷 和幸
    東京書籍
    2015/04
講演・口頭発表等 conference
  • 中学校社会科公民的分野における「現代社会を捉える枠組み」に関する授業方法の検討-生徒が学びの意義を感じるための基礎概念獲得時の工夫-
    新谷和幸
    全国社会科教育学会第71回全国研究大会
    2022年10月08日
    2022年10月08日
    2022年10月29日
  • 責任概念の多義性を学ぶ概念カテゴリー化学習ーグローバル社会や多文化共生社会の進展を見据えー
    新谷和幸
    社会系教科教育学会第33回全国研究発表大会
    2022年02月19日
    2022年02月19日
    2022年03月18日
  • ネットワーク構造に着目した小学校社会科情報単元の研究 -「情報ネットワーク社会探究学習」のモデル開発を中心に-
    新谷 和幸
    第69回全国社会科教育学会・第37回鳴門社会科教育学会合同研究大会(鳴門教育大学)
    2020年10月24日
    2020年10月24日
    2020年12月25日
  • 社会科教育における市民性教育の理論と具体
    新谷和幸
    授業デザイン研究会
    2022年08月28日
  • エネルギー環境教育の意義と課題 -小学校社会科授業を具体とした場合-
    新谷和幸
    九州地区エネルギー環境教育研修会
    2021年12月26日
  • 児童の学びを深めるための「概念の名辞」を探究する必要性 -「概念カテゴリー化学習」の授業構成理論を基に-
    新谷 和幸
    全国社会科教育学会第68回全国研究会(島根大学)フォラームⅡ
    2019年11月10日
  • 小学校社会科で概念の名辞を探究する「概念カテゴリー化学習」を行う意義-複雑な社会の見える化をうながす新たなストラテジー-
    新谷 和幸
    全国社会科教育学会第67回全国研究大会(山梨大学)フォーラムⅡ
    2018年10月21日
  • 児童の「学びを豊か」にするための社会科授業開発-グローバル時代をきりひらく資質・能力の育成に向けて-
    新谷 和幸
    社会系教科教育学会第29回研究発表大会(京都教育大学)
    2018年02月11日
  • 「文化の遅滞」理論を通して文化遺産継承の重要性について考える小学校社会科学習-和食のユネスコ無形文化遺産登録の理由に迫る単元「和shock!?」の事例から-
    新谷 和幸
    第66回全国社会科教育学会全国研究大会(広島大学)
    2017年10月28日
  • 小学校社会科における公共概念の重要性をとらえる授業開発-「具体-抽象型」概念カテゴリー化学習を基に-
    新谷 和幸
    全国社会科教育学会第65回全国研究大会・社会系教科教育学会第28回研究発表大会合同研究大会(兵庫教育大学)
    2016年10月08日
  • 中学校社会科公民的分野における「現代社会を捉える枠組み」に関する授業方法の検討-生徒が学びの意義を感じるための基礎概念獲得時の工夫-
    新谷和幸
    全国社会科教育学会第71回全国研究大会
    2022/10/08
    2022/10/08
    2022/10/29
  • 責任概念の多義性を学ぶ概念カテゴリー化学習ーグローバル社会や多文化共生社会の進展を見据えー
    新谷和幸
    社会系教科教育学会第33回全国研究発表大会
    2022/02/19
    2022/02/19
    2022/03/18
  • ネットワーク構造に着目した小学校社会科情報単元の研究 -「情報ネットワーク社会探究学習」のモデル開発を中心に-
    新谷 和幸
    第69回全国社会科教育学会・第37回鳴門社会科教育学会合同研究大会(鳴門教育大学)
    2020/10/24
    2020/10/24
    2020/12/25
  • 社会科教育における市民性教育の理論と具体
    新谷和幸
    授業デザイン研究会
    2022/08/28
  • エネルギー環境教育の意義と課題 -小学校社会科授業を具体とした場合-
    新谷和幸
    九州地区エネルギー環境教育研修会
    2021/12/26
  • 児童の学びを深めるための「概念の名辞」を探究する必要性 -「概念カテゴリー化学習」の授業構成理論を基に-
    新谷 和幸
    全国社会科教育学会第68回全国研究会(島根大学)フォラームⅡ
    2019/11/10
  • 小学校社会科で概念の名辞を探究する「概念カテゴリー化学習」を行う意義-複雑な社会の見える化をうながす新たなストラテジー-
    新谷 和幸
    全国社会科教育学会第67回全国研究大会(山梨大学)フォーラムⅡ
    2018/10/21
  • 児童の「学びを豊か」にするための社会科授業開発-グローバル時代をきりひらく資質・能力の育成に向けて-
    新谷 和幸
    社会系教科教育学会第29回研究発表大会(京都教育大学)
    2018/02/11
  • 「文化の遅滞」理論を通して文化遺産継承の重要性について考える小学校社会科学習-和食のユネスコ無形文化遺産登録の理由に迫る単元「和shock!?」の事例から-
    新谷 和幸
    第66回全国社会科教育学会全国研究大会(広島大学)
    2017/10/28
  • 小学校社会科における公共概念の重要性をとらえる授業開発-「具体-抽象型」概念カテゴリー化学習を基に-
    新谷 和幸
    全国社会科教育学会第65回全国研究大会・社会系教科教育学会第28回研究発表大会合同研究大会(兵庫教育大学)
    2016/10/08
担当経験のある項目 teaching experience 専門ゼミナール,初等授業観察研究,教育実施研究事後指導,社会科教育法1,社会科・公民科教育の理論と方法(初等),ゼミナールⅠ,社会科教育法2,初等社会科教育b(長崎大学),ゼミナールⅡ,小学校教育入門ゼミナール,初年次セミナー,初等社会,公民科教育,社会科・公民科教育の理論と方法(中等),初等社会科教育a,社会科教育法 公民分野,初等学習材集中研究,教職実践演習 専門ゼミナール,初等授業観察研究,教育実施研究事後指導,社会科教育法1,社会科・公民科教育の理論と方法(初等),ゼミナールⅠ,社会科教育法2,初等社会科教育b(長崎大学),ゼミナールⅡ,小学校教育入門ゼミナール,初年次セミナー,初等社会,公民科教育,社会科・公民科教育の理論と方法(中等),初等社会科教育a,社会科教育法 公民分野,初等学習材集中研究,教職実践演習
Works
競争的資金等の研究課題 research grants
特許 patents
社会貢献活動 social contribution
メディア報道 media_coverage
  • 学ぶ。西日本豪雨から明日へ-「想定外当たり前」広島大付東雲小が研究授業-
    中国新聞社 中国新聞朝刊 25面(地域)
    2018年11月18日
  • 「ゲン」テーマに創作劇-4年生きょう発表-
    中国新聞社 中国新聞朝刊 25面(地域)
    2018年02月17日
  • 未来への「責任」育む-うちのセンセイ@広島-
    読売新聞社 読売新聞朝刊 33面(地域)
    2017年12月07日
  • 戦争なき世界つくろう-行動の大切さ4年生学ぶ-
    中国新聞社 中国新聞朝刊 25面(地域)
    2017年11月19日
  • 伝説復活支援の象徴-樽募金精神 CARPという生き方宝磨き-
    中国新聞社 中国新聞朝刊 32面(社会)
    2017年
  • 平和な世界へ児童が原爆劇-絵本題材作者招き理解深める-
    中国新聞社 中国新聞朝刊
    2016年02月17日
  • 球団活用し街づくり-南区でカープフォーラム 市民の声援で選手後押し-
    毎日新聞社 毎日新聞朝刊
    2016年01月30日
  • カープの歩み創作劇に-被爆地の思い記事から学ぶ-
    中国新聞社 中国新聞朝刊
    2014年02月11日
  • 「カープ新聞」通し児童成長-日曜エッセー-
    中国新聞社 中国新聞朝刊 24面(広場)
    2006年04月23日
  • 「カープは家族」手作り新聞配布-第1回ALLーIN大賞広島大付属東雲小の37名
    中国新聞社 中国新聞朝刊 1面
    2006年03月31日
  • 学ぶ。西日本豪雨から明日へ-「想定外当たり前」広島大付東雲小が研究授業-
    中国新聞社 中国新聞朝刊 25面(地域)
    2018/11/18
  • 「ゲン」テーマに創作劇-4年生きょう発表-
    中国新聞社 中国新聞朝刊 25面(地域)
    2018/02/17
  • 未来への「責任」育む-うちのセンセイ@広島-
    読売新聞社 読売新聞朝刊 33面(地域)
    2017/12/07
  • 戦争なき世界つくろう-行動の大切さ4年生学ぶ-
    中国新聞社 中国新聞朝刊 25面(地域)
    2017/11/19
  • 伝説復活支援の象徴-樽募金精神 CARPという生き方宝磨き-
    中国新聞社 中国新聞朝刊 32面(社会)
    2017
  • 平和な世界へ児童が原爆劇-絵本題材作者招き理解深める-
    中国新聞社 中国新聞朝刊
    2016/02/17
  • 球団活用し街づくり-南区でカープフォーラム 市民の声援で選手後押し-
    毎日新聞社 毎日新聞朝刊
    2016/01/30
  • カープの歩み創作劇に-被爆地の思い記事から学ぶ-
    中国新聞社 中国新聞朝刊
    2014/02/11
  • 「カープ新聞」通し児童成長-日曜エッセー-
    中国新聞社 中国新聞朝刊 24面(広場)
    2006/04/23
  • 「カープは家族」手作り新聞配布-第1回ALLーIN大賞広島大付属東雲小の37名
    中国新聞社 中国新聞朝刊 1面
    2006/03/31
学術貢献活動 academic_contribution
その他 etc

トップへ