背景画像1
長崎大学 教員等総覧データベース教員等総覧データベース
長崎大学 教員等総覧データベースComprehensive Database of Researchers
究者詳細情報
最終更新日:2023年01月18日
Detail
last updated:2023/01/18
研究者顔写真
氏 名 name 持田 恵一 / もちだ けいいち Mochida Keiichi
所属 department 総合生産科学域(情報データ科学系) Institute of Integrated Science and Technology(Information and Data Sciences)
職名 official title チームリーダー Team Leader
学位 degree 博士(理学) 博士(理学)
E-mail
Homepage http://www.riken.jp/research/labs/csrs/cell_prod/
ORCID ID 0000-0003-1299-0024
研究キーワード research interests ゲノム,トランスクリプトーム,フェノーム,機械学習,植物,微細藻類,バイオインフォマティクス genome,transcriptome,phenome,machine learning,plant,microalgae,bioinformatics
研究分野 research research_areas システムゲノム科学,作物生産科学,応用分子細胞生物学,循環型社会システム Systems genomics,Crop production science,Applied molecular and cellular biology,Recycling systems and society
学歴 education
  • 2000年04月
    2003年03月
    横浜市立大学 総合理学研究科
  • 1998年04月
    2000年03月
    横浜市立大学 総合理学研究科
  • 2000/04
    2003/03
    横浜市立大学 総合理学研究科
  • 1998/04
    2000/03
    横浜市立大学 総合理学研究科
経歴 experience
  • 2021年04月
    長崎大学 情報データ科学部 教授(クロスアポイントメント)
  • 2018年04月
    横浜市立大学院生命ナノシステム研究科 木原生物学研究所 客員教授
  • 2018年04月
    理化学研究所バトンゾーンプログラム 副チームリーダー(兼務)
  • 2015年04月
    理化学研究所環境資源科学研究センター チームリーダー
  • 2015年11月
    2021年03月
    岡山大学資源植物科学研究所 Institute of Plant Science and Resources 特任教授(クロスアポイントメント)
  • 2013年04月
    理化学研究所環境資源科学研究センター 副チームリーダー
  • 2011年04月
    横浜市立大学院ナノバイオシステム研究科 木原生物学研究所 植物ゲノム情報科学部門 客員准教授
  • 2010年07月
    理化学研究所バイオマス工学研究プログラム 上級研究員
  • 2008年10月
    理化学研究所植物科学研究センター 研究員
  • 2005年10月
    理化学研究所植物科学研究センター 特別研究員
  • 2021/04
    長崎大学 情報データ科学部 教授(クロスアポイントメント)
  • 2018/04
    横浜市立大学院生命ナノシステム研究科 木原生物学研究所 客員教授
  • 2018/04
    理化学研究所バトンゾーンプログラム 副チームリーダー(兼務)
  • 2015/04
    理化学研究所環境資源科学研究センター チームリーダー
  • 2015/11
    2021/03
    Okayama University Institute of Plant Science and Resources 特任教授(クロスアポイントメント)
  • 2013/04
    理化学研究所環境資源科学研究センター 副チームリーダー
  • 2011/04
    横浜市立大学院ナノバイオシステム研究科 木原生物学研究所 植物ゲノム情報科学部門 客員准教授
  • 2010/07
    理化学研究所バイオマス工学研究プログラム 上級研究員
  • 2008/10
    理化学研究所植物科学研究センター 研究員
  • 2005/10
    理化学研究所植物科学研究センター 特別研究員
委員歴 committee memberships
  • 2019年01月
    Plant and Cell Physiology誌 編集委員
  • 2018年04月
    ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP) オオムギ 委員
  • 2018年01月
    日本植物生理学会代議員
  • 2016年01月
    International Brachypodium Steering Committee
  • 2015年08月
    BMC Genomics 誌 Section Editor
  • 2019/01
    Plant and Cell Physiology誌 編集委員
  • 2018/04
    ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP) オオムギ 委員
  • 2018/01
    日本植物生理学会代議員
  • 2016/01
    International Brachypodium Steering Committee
  • 2015/08
    BMC Genomics 誌 Section Editor
所属学協会 association memberships 日本分子生物学会,日本植物生理学会,日本育種学会 日本分子生物学会,日本植物生理学会,日本育種学会
受賞 awards
  • 2019年04月
    日本農芸化学会 トピックス賞 ユーグレナ油脂生産における硫黄に関する副次的反応の解明
  • 2013年03月
    『科学技術の「美」パネル展』優秀賞
  • 2019年04月
    日本農芸化学会 トピックス賞
  • 2013年03月
    『科学技術の「美」パネル展』優秀賞
論文 papers
  • Zeaxanthin is required for eyespot formation and phototaxis in Euglena gracilis. Shun Tamaki,Kazunari Ozasa,Toshihisa Nomura,Marumi Ishikawa,Koji Yamada,Kengo Suzuki,Keiichi Mochida Plant physiology 2023年01月06日
  • Exome-wide variation in a diverse barley panel reveals genetic associations with ten agronomic traits in Eastern landraces June-Sik Kim,Kotaro Takahagi,Komaki Inoue,Minami Shimizu,Yukiko Uehara-Yamaguchi,Asaka Kanatani,Daisuke Saisho,Ryuei Nishii,Alexander E. Lipka,Takashi Hirayama,Kazuhiro Sato,Keiichi Mochida Journal of Genetics and Genomics 2022年12月
  • FE UPTAKE-INDUCING PEPTIDE1 maintains Fe translocation by controlling Fe deficiency response genes in the vascular tissue of Arabidopsis. Satoshi Okada,Gui J Lei,Naoki Yamaji,Sheng Huang,Jian F Ma,Keiichi Mochida,Takashi Hirayama Plant, cell & environment 45巻11号3322頁-3337頁 2022年11月
  • ER Stress and the Unfolded Protein Response: Homeostatic Regulation Coordinate Plant Survival and Growth June-Sik Kim,Keiichi Mochida,Kazuo Shinozaki Plants 2022年11月
  • Time-series transcriptome of Brachypodium distachyon during bacterial flagellin-induced pattern-triggered immunity Tsubasa Ogasahara,Yusuke Kouzai,Megumi Watanabe,Akihiro Takahashi,Kotaro Takahagi,June-Sik Kim,Hidenori Matsui,Mikihiro Yamamoto,Kazuhiro Toyoda,Yuki Ichinose,Keiichi Mochida,Yoshiteru Noutoshi Frontiers in Plant Science 13巻 2022年09月15日
  • Secreted Glycosyltransferase RsIA_GT of Rhizoctonia solani AG-1 IA Inhibits Defense Responses in Nicotiana benthamiana Danhua Zhang,Zhaoyilin Wang,Naoki Yamamoto,Mingyue Wang,Xiaoqun Yi,Ping Li,Runmao Lin,Zohreh Nasimi,Kazunori Okada,Keiichi Mochida,Yoshiteru Noutoshi,Aiping Zheng Pathogens 11巻9号1026頁-1026頁 2022年09月09日
  • CRISPR/Cas9-mediated generation of non-motile mutants to improve the harvesting efficiency of mass-cultivated Euglena gracilis. Marumi Ishikawa,Toshihisa Nomura,Shun Tamaki,Kazunari Ozasa,Tomoko Suzuki,Kiminori Toyooka,Kikue Hirota,Koji Yamada,Kengo Suzuki,Keiichi Mochida Plant biotechnology journal 20巻11号2042頁-2044頁 2022年08月02日
  • The histidine phosphotransfer AHP4 plays a negative role in Arabidopsis plant response to drought Chien Van Ha,Mohammad Golam Mostofa,Kien Huu Nguyen,Cuong Duy Tran,Yasuko Watanabe,Weiqiang Li,Yuriko Osakabe,Mayuko Sato,Kiminori Toyooka,Maho Tanaka,Motoaki Seki,David J. Burritt,Cheyenne Anderson,Ru Zhang,Huong Mai Nguyen,Vy Phuong Le,Hien Thuy Bui,Keiichi Mochida,Lam‐Son Phan Tran The Plant Journal 2022年07月26日
  • KARRIKIN UPREGULATED F-BOX 1 negatively regulates drought tolerance in Arabidopsis. Hongtao Tian,Yasuko Watanabe,Kien Huu Nguyen,Cuong Duy Tran,Mostafa Abdelrahman,Xiaohan Liang,Kun Xu,Claudia Sepulveda,Mohammad Golam Mostofa,Chien Van Ha,David C Nelson,Keiichi Mochida,Chunjie Tian,Maho Tanaka,Motoaki Seki,Yuchen Miao,Lam-Son Phan Tran,Weiqiang Li Plant physiology 2022年07月13日
  • Potassium in plant physiological adaptation to abiotic stresses Mohammad Golam Mostofa,Md Mezanur Rahman,Totan Kumar Ghosh,Ahmad Humayan Kabir,Mostafa Abdelrahman,Md Arifur Rahman Khan,Keiichi Mochida,Lam-Son Phan Tran Plant Physiology and Biochemistry 186巻279頁-289頁 2022年07月
  • Zeaxanthin is required for eyespot formation and phototaxis in Euglena gracilis. Shun Tamaki,Kazunari Ozasa,Toshihisa Nomura,Marumi Ishikawa,Koji Yamada,Kengo Suzuki,Keiichi Mochida Plant physiology 2023/01/06
  • Exome-wide variation in a diverse barley panel reveals genetic associations with ten agronomic traits in Eastern landraces June-Sik Kim,Kotaro Takahagi,Komaki Inoue,Minami Shimizu,Yukiko Uehara-Yamaguchi,Asaka Kanatani,Daisuke Saisho,Ryuei Nishii,Alexander E. Lipka,Takashi Hirayama,Kazuhiro Sato,Keiichi Mochida Journal of Genetics and Genomics 2022/12
  • FE UPTAKE-INDUCING PEPTIDE1 maintains Fe translocation by controlling Fe deficiency response genes in the vascular tissue of Arabidopsis. Satoshi Okada,Gui J Lei,Naoki Yamaji,Sheng Huang,Jian F Ma,Keiichi Mochida,Takashi Hirayama Plant, cell & environment 45.11.3322-3337 2022/11
  • ER Stress and the Unfolded Protein Response: Homeostatic Regulation Coordinate Plant Survival and Growth June-Sik Kim,Keiichi Mochida,Kazuo Shinozaki Plants 2022/11
  • Time-series transcriptome of Brachypodium distachyon during bacterial flagellin-induced pattern-triggered immunity Tsubasa Ogasahara,Yusuke Kouzai,Megumi Watanabe,Akihiro Takahashi,Kotaro Takahagi,June-Sik Kim,Hidenori Matsui,Mikihiro Yamamoto,Kazuhiro Toyoda,Yuki Ichinose,Keiichi Mochida,Yoshiteru Noutoshi Frontiers in Plant Science 13. 2022/09/15
  • Secreted Glycosyltransferase RsIA_GT of Rhizoctonia solani AG-1 IA Inhibits Defense Responses in Nicotiana benthamiana Danhua Zhang,Zhaoyilin Wang,Naoki Yamamoto,Mingyue Wang,Xiaoqun Yi,Ping Li,Runmao Lin,Zohreh Nasimi,Kazunori Okada,Keiichi Mochida,Yoshiteru Noutoshi,Aiping Zheng Pathogens 11.9.1026-1026 2022/09/09
  • CRISPR/Cas9-mediated generation of non-motile mutants to improve the harvesting efficiency of mass-cultivated Euglena gracilis. Marumi Ishikawa,Toshihisa Nomura,Shun Tamaki,Kazunari Ozasa,Tomoko Suzuki,Kiminori Toyooka,Kikue Hirota,Koji Yamada,Kengo Suzuki,Keiichi Mochida Plant biotechnology journal 20.11.2042-2044 2022/08/02
  • The histidine phosphotransfer AHP4 plays a negative role in Arabidopsis plant response to drought Chien Van Ha,Mohammad Golam Mostofa,Kien Huu Nguyen,Cuong Duy Tran,Yasuko Watanabe,Weiqiang Li,Yuriko Osakabe,Mayuko Sato,Kiminori Toyooka,Maho Tanaka,Motoaki Seki,David J. Burritt,Cheyenne Anderson,Ru Zhang,Huong Mai Nguyen,Vy Phuong Le,Hien Thuy Bui,Keiichi Mochida,Lam‐Son Phan Tran The Plant Journal 2022/07/26
  • KARRIKIN UPREGULATED F-BOX 1 negatively regulates drought tolerance in Arabidopsis. Hongtao Tian,Yasuko Watanabe,Kien Huu Nguyen,Cuong Duy Tran,Mostafa Abdelrahman,Xiaohan Liang,Kun Xu,Claudia Sepulveda,Mohammad Golam Mostofa,Chien Van Ha,David C Nelson,Keiichi Mochida,Chunjie Tian,Maho Tanaka,Motoaki Seki,Yuchen Miao,Lam-Son Phan Tran,Weiqiang Li Plant physiology 2022/07/13
  • Potassium in plant physiological adaptation to abiotic stresses Mohammad Golam Mostofa,Md Mezanur Rahman,Totan Kumar Ghosh,Ahmad Humayan Kabir,Mostafa Abdelrahman,Md Arifur Rahman Khan,Keiichi Mochida,Lam-Son Phan Tran Plant Physiology and Biochemistry 186.279-289 2022/07
MISC
  • 形質予測モデル構築にむけた茎頂メリステムの連続的な発生ステート推移の解明 井藤純,野村有子,高萩航太郎,岡田聡史,久下修平,佐藤奈緒,新井駿一,松本大輝,杉村みどり,関緑,服部公央亮,梅崎太造,池田陽子,最相大輔,持田恵一,平山隆志,辻寛之 日本植物生理学会年会(Web) 63rd巻 2022年
  • ベントグラスにおけるAcibenzolar-S-methyl植物活力剤に対する生理応答 持田恵一,持田恵一,持田恵一,清水みなみ,南杏鶴,香西雄介,奥野健太郎,青柳岳人 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集 2022巻 2022年
  • シングルメリステムトランスクリプトームによるオオムギ茎頂部の発生トラジェクトリ解析 井藤純,野村有子,佐藤奈緒,岡田聡史,高萩航太郎,杉村みどり,関緑,最相大輔,持田恵一,平山隆志,辻寛之 育種学研究 23巻 2021年
  • 先制育種’を指向する生活環横断的なオオムギのゲノム研究 最相大輔,岡田聡史,金谷麻加,金谷麻加,池田陽子,井藤純,辻寛之,持田恵一,持田恵一,持田恵一,平山隆志 育種学研究 23巻 2021年
  • 圃場トランスクリプトームデータを用いたオオムギ生活環の生長トラジェクトリ解析 岡田聡史,最相大輔,金谷麻加,金谷麻加,池田陽子,井藤純,辻寛之,井上小槙,上原由紀子,清水みなみ,持田恵一,持田恵一,持田恵一,平山隆志 育種学研究 23巻 2021年
  • 圃場でのオオムギ生活環の擬時間変遷 最相大輔,岡田聡史,金谷麻加,金谷麻加,池田陽子,井藤純,辻寛之,持田恵一,持田恵一,持田恵一,平山隆志 育種学研究 23巻 2021年
  • イネ科モデル植物ミナトカモジグサの微生物分子パターン応答性の解析 小笠原翼,香西雄介,松井英譲,山本幹博,一瀬勇規,豊田和弘,持田恵一,能年義輝 日本植物病理学会報 86巻1号 2020年
  • 世界のオオムギコアコレクションの複数環境下での出穂期に関する遺伝解析 岡田聡史,最相大輔,井藤純,辻寛之,高萩航太郎,持田恵一,持田恵一,平山隆志 育種学研究 22巻 2020年
  • オオムギの圃場生長動態の種内変異 最相大輔,岡田聡史,井藤純,辻寛之,高萩航太郎,高萩航太郎,持田恵一,持田恵一,持田恵一,平山隆志 育種学研究 22巻 2020年
  • 野外環境におけるオオムギ茎頂メリステムの成長過程の系統間比較 井藤純,野村有子,最相大輔,高萩航太郎,高萩航太郎,持田恵一,持田恵一,平山隆志,辻寛之 育種学研究 21巻 2019年
  • Developmental state transition in the shoot apical meristem of barley 井藤純,野村有子,高萩航太郎,岡田聡史,久下修平,佐藤奈緒,新井駿一,松本大輝,杉村みどり,関緑,服部公央亮,梅崎太造,池田陽子,最相大輔,持田恵一,平山隆志,辻寛之 日本植物生理学会年会(Web) 63rd. 2022
  • Physiological response to Acibenzolar-S-methyl in bentgrass 持田恵一,持田恵一,持田恵一,清水みなみ,南杏鶴,香西雄介,奥野健太郎,青柳岳人 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集 2022. 2022
  • Developmental trajectory analysis of the shoot apex in barley by single meristem transcriptome 井藤純,野村有子,佐藤奈緒,岡田聡史,高萩航太郎,杉村みどり,関緑,最相大輔,持田恵一,平山隆志,辻寛之 育種学研究 23. 2021
  • Genomic research across the barley life cycle toward ’preemptive breeding’ 最相大輔,岡田聡史,金谷麻加,金谷麻加,池田陽子,井藤純,辻寛之,持田恵一,持田恵一,持田恵一,平山隆志 育種学研究 23. 2021
  • Developmental trajectory analysis of barley life cycle using field transcriptome data 岡田聡史,最相大輔,金谷麻加,金谷麻加,池田陽子,井藤純,辻寛之,井上小槙,上原由紀子,清水みなみ,持田恵一,持田恵一,持田恵一,平山隆志 育種学研究 23. 2021
  • Pseudo-time transition of barley life cycle in the field 最相大輔,岡田聡史,金谷麻加,金谷麻加,池田陽子,井藤純,辻寛之,持田恵一,持田恵一,持田恵一,平山隆志 育種学研究 23. 2021
  • Immunity response of Brachypodium distachyon induced by microbe-associated molecular patterns. 小笠原翼,香西雄介,松井英譲,山本幹博,一瀬勇規,豊田和弘,持田恵一,能年義輝 日本植物病理学会報 86.1. 2020
  • Genetic analysis on heading time of barley (Hordeum vulgare) under multiple environments 岡田聡史,最相大輔,井藤純,辻寛之,高萩航太郎,持田恵一,持田恵一,平山隆志 育種学研究 22. 2020
  • Intraspecific variation of field growth dynamics in barley 最相大輔,岡田聡史,井藤純,辻寛之,高萩航太郎,高萩航太郎,持田恵一,持田恵一,持田恵一,平山隆志 育種学研究 22. 2020
  • 井藤純,野村有子,最相大輔,高萩航太郎,高萩航太郎,持田恵一,持田恵一,平山隆志,辻寛之 育種学研究 21. 2019
書籍等出版物 books
  • プラネタリーヘルス : 私たちと地球の未来のために
    Myers, Samuel,Frumkin, Howard,長崎大学,河野, 茂
    丸善出版
    2022年03月
    9784621307090
  • 脱石油に向けたCO[2]資源化技術 : 化学・生物プロセスを中心に = Carbon dioxide capture and utilization by chemical processing and bioprocessing for break away from dependence on oil
    湯川, 英明
    シーエムシー出版
    2020年07月
    9784781315102
  • 次世代シーケンサー活用術 : トップランナーの最新研究事例に学ぶ
    伊藤, 昌可,伊藤, 恵美,林崎, 良英
    化学同人
    2015年03月
    9784759815900
  • 遺伝学
    中村, 千春
    化学同人
    2007年10月
    9784759811018
  • プラネタリーヘルス : 私たちと地球の未来のために
    Myers, Samuel,Frumkin, Howard,長崎大学,河野, 茂
    丸善出版
    2022/03
    9784621307090
  • 脱石油に向けたCO[2]資源化技術 : 化学・生物プロセスを中心に = Carbon dioxide capture and utilization by chemical processing and bioprocessing for break away from dependence on oil
    湯川, 英明
    シーエムシー出版
    2020/07
    9784781315102
  • 次世代シーケンサー活用術 : トップランナーの最新研究事例に学ぶ
    伊藤, 昌可,伊藤, 恵美,林崎, 良英
    化学同人
    2015/03
    9784759815900
  • 遺伝学
    中村, 千春
    化学同人
    2007/10
    9784759811018
講演・口頭発表等 conference
  • Advances in omics and bioinformatics for gene discovery in plants
    Keiichi Mochida
    Plant Genes and “Omics”: Technology Development
    2016年02月11日
    2016年02月12日
  • 草本モデル植物から作物への研究展開
    持田恵一
    植物科学シンポジウム2015:ラボとフィールドを結ぶ植物科学
    2015年12月02日
  • 人工ヘテローシス技術による植物バイオマスの多次元増産
    持田恵一
    植物バイオ研究会
    2015年11月24日
  • データ科学と連携した植物研究
    持田恵一
    岡山大学資源植物化学研究所セミナー
    2015年10月29日
  • Homoeolog-Specific Activation of Genes for Heat Acclimation in Brachypodium hybridum.
    Keiichi Mochida
    The Plant and Animal Genomics XXVII, San Diego, USA (2019)
  • A life course approach aiming to design climate-resilient crops
    Keiichi Mochida
    workshop on Data driven crop design technology, Kyusyu, Japan (2018)
  • A life-course approach to identify genetic and environmental factors related to agronomic traits to improve productivity in Barley
    Keiichi Mochida
    University of Illinoi Seminar Series, Urbana, USA (2018)
  • Homoeolog-specific activation for heat acclimation in the allopolyploid grass Brachypodium hybridum.
    Keiichi Mochida
    The 3rd International Brachypodium Conference, Beijing, China (2017)
  • Total RNA analysis of Brachypodium distachyon, a model plant, by Ion PGM semiconductor sequencing technologies.
    Keiichi Mochida
    The Plant and Animal Genomics XXII, Lifetechnologies Workshop, San Diego, USA (2014)
  • Genomic Resources for Comparative Analysis In Pooideae.
    Keiichi Mochida
    Plant Genomics Congress USA (2013)
  • Advances in omics and bioinformatics for gene discovery in plants
    Keiichi Mochida
    Plant Genes and “Omics”: Technology Development
    2016/02/11
    2016/02/12
  • 草本モデル植物から作物への研究展開
    持田恵一
    植物科学シンポジウム2015:ラボとフィールドを結ぶ植物科学
    2015/12/02
  • 人工ヘテローシス技術による植物バイオマスの多次元増産
    持田恵一
    植物バイオ研究会
    2015/11/24
  • データ科学と連携した植物研究
    持田恵一
    岡山大学資源植物化学研究所セミナー
    2015/10/29
  • Homoeolog-Specific Activation of Genes for Heat Acclimation in Brachypodium hybridum.
    Keiichi Mochida
    The Plant and Animal Genomics XXVII, San Diego, USA (2019)
  • A life course approach aiming to design climate-resilient crops
    Keiichi Mochida
    workshop on Data driven crop design technology, Kyusyu, Japan (2018)
  • A life-course approach to identify genetic and environmental factors related to agronomic traits to improve productivity in Barley
    Keiichi Mochida
    University of Illinoi Seminar Series, Urbana, USA (2018)
  • Homoeolog-specific activation for heat acclimation in the allopolyploid grass Brachypodium hybridum.
    Keiichi Mochida
    The 3rd International Brachypodium Conference, Beijing, China (2017)
  • Total RNA analysis of Brachypodium distachyon, a model plant, by Ion PGM semiconductor sequencing technologies.
    Keiichi Mochida
    The Plant and Animal Genomics XXII, Lifetechnologies Workshop, San Diego, USA (2014)
  • Genomic Resources for Comparative Analysis In Pooideae.
    Keiichi Mochida
    Plant Genomics Congress USA (2013)
担当経験のある項目 teaching experience 応用ゲノム科学特論Ⅱ,応用ゲノム科学講究Ⅱ,ゲノムシステム科学特別講義II(分担),植物機能工学(分担),生命環境システム科学概説Ⅱ(分担) 応用ゲノム科学特論Ⅱ,応用ゲノム科学講究Ⅱ,ゲノムシステム科学特別講義II(分担),植物機能工学(分担),生命環境システム科学概説Ⅱ(分担)
Works
競争的資金等の研究課題 research grants
  • 根圏生態系の季節変動から紐解く二毛作体系の生物学的な持続性
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    2019年07月17日 - 2022年03月31日
  • 時空間データのスパースモデリングと実データへの応用による現象理解
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    2019年04月01日 - 2022年03月31日
  • 植物短鎖機能性ペプチド遺伝子の探索・解析基盤の開発
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
    2019年06月28日 - 2021年03月31日
  • 農地環境のメタ戦略:土壌・気象・作物の組み合わせ最適解による農地循環力の強化
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    2015年07月10日 - 2019年03月31日
  • 自然現象や社会現象から得られる時空間データの統計モデリングと現象の理解の研究
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    2015年04月01日 - 2019年03月31日
  • 甘草を中心とする重要マメ科薬用資源植物の統合ゲノム研究
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    2015年04月01日 - 2019年03月31日
  • ミナトカモジグサを用いた紋枯病抵抗性機構の解明とその原因遺伝子の同定
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援
    2016年08月26日 - 2018年03月31日
  • 高速配列決定技術を用いたコケ植物の金属元素耐性等有用形質に関するオミクス解析
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    2015年04月01日 - 2018年03月31日
  • 潜在的変異が生み出す先制適応機構の理解~環境変動耐性の革新的向上に向けて~
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    2015年04月01日 - 2017年03月31日
  • 忌避成分産生植物を利用した住環境の持続的防虫技術の開発
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    2015年04月01日 - 2017年03月31日
  • Biological sustainability of double-cropping supported by seasonal change in root microbiome
    Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
    2019/07/17 - 2022/03/31
  • 時空間データのスパースモデリングと実データへの応用による現象理解
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    2019/04/01 - 2022/03/31
  • 植物短鎖機能性ペプチド遺伝子の探索・解析基盤の開発
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
    2019/06/28 - 2021/03/31
  • Meta heuristics in field environment: improvement of agronomic sustainability and productivity through optimization of soil, weather, and crops
    Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
    2015/07/10 - 2019/03/31
  • Statistical modeling of spatio-temporal data on natural and social phenomena, and those understanding
    Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
    2015/04/01 - 2019/03/31
  • Integrated genomics on important medicinal plants in Leguminosae
    Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
    2015/04/01 - 2019/03/31
  • Characterization of sheath blight-resistant mechanisms using Brachypodium distachyon
    Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Research Activity Start-up
    2016/08/26 - 2018/03/31
  • Study for heavy metal tolerance in bryophytes based on high-throughput sequencing and multi-omics approaches
    Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    2015/04/01 - 2018/03/31
  • Understanding of the pre-adaptation mechanisms generated by cryptic genetic variation
    Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research
    2015/04/01 - 2017/03/31
  • Development a susteinable insect-proof technology by phytochemicals with insecticidal activity
    Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research
    2015/04/01 - 2017/03/31
特許 patents
  • コムギ由来プロモーター
    持田 恵一,篠崎 一雄,三木 隆二,田岡 直明
    特願2014-71639
  • ユーグレナのゲノム改変方法、ユーグレナの育種方法及び化合物の製造方法
    野村俊尚,井上小槙,上原由紀子,持田恵一,山田康嗣,岩田修,鈴木健吾
    特願2019-127118
  • ゲノム編集された微細藻類、微細藻類のゲノム改変方法、微細藻類の育種方法および化合物もしくは藻体粉末の製造方法
    特願2021-191364
  • コムギ由来プロモーター
    持田 恵一,篠崎 一雄,三木 隆二,田岡 直明
    特願2014-71639
  • ユーグレナのゲノム改変方法、ユーグレナの育種方法及び化合物の製造方法
    野村俊尚,井上小槙,上原由紀子,持田恵一,山田康嗣,岩田修,鈴木健吾
    特願2019-127118
  • ゲノム編集された微細藻類、微細藻類のゲノム改変方法、微細藻類の育種方法および化合物もしくは藻体粉末の製造方法
    特願2021-191364
社会貢献活動 social contribution
  • ミドリムシ、オオムギなど、多様な生物の産業応用をゲノム解析で加速する
    情報提供,寄稿 ㈱イルミナ
  • 『理研と未来を創る会」第25回セミナー
    講師 理研と未来を創る会 2020年10月 -
  • 理化学研究所横浜キャンパス一般公開
    講師 理化学研究所 2019年09月21日 -
  • SS 立志講演会
    講師 松山高校 2019年01月16日 -
  • ミドリムシ、オオムギなど、多様な生物の産業応用をゲノム解析で加速する
    informant,contribution ㈱イルミナ
  • 『理研と未来を創る会」第25回セミナー
    lecturer 理研と未来を創る会 2020/10 -
  • 理化学研究所横浜キャンパス一般公開
    lecturer 理化学研究所 2019/09/21 -
  • SS 立志講演会
    lecturer 松山高校 2019/01/16 -
メディア報道 media_coverage
  • コムギの光合成は2段階の葉緑体発生過程を経て成立する -葉の成長過程における詳細な遺伝子発現マップを作成-
    https://www.riken.jp/press/2021/20210525_4/index.html
    2021年05月
  • オオムギ遺伝資源のゲノム多様性を解明 -オオムギのデジタル育種の実現が期待-
    https://www.riken.jp/press/2020/20201126_2/index.html
    2020年11月06日
  • ミドリムシでの高効率ゲノム編集に成功 -バイオ燃料生産などに向けた有用ミドリムシ育種へ期待-
    日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP512226_X10C19A6000000/
    2019年06月17日
  • 異質倍数体植物における祖先種由来のストレス応答機構 -異質倍数体作物の改良や有用遺伝子の探索に役立つ基盤-
    https://www.riken.jp/press/2018/20180314_2/index.html
    2018年03月14日
  • 種子の寿命をコントロールする -長寿命かつ発芽力の高い種子の開発に貢献-
    https://www.riken.jp/press/2017/20170818_1/index.html
  • 生薬「甘草」のゲノム解読に成功 -重要生薬の原料の安定供給と有用遺伝子の探索に貢献-
    日経バイオテク https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/10/21/01742/
  • ミナトカモジグサとコムギの蓄積代謝物の共通点と相違点を解明 -草本バイオマス研究と麦類研究を加速させる研究基盤を提供-
    https://www.riken.jp/press/2015/20150715_1/index.html
  • コムギの光合成は2段階の葉緑体発生過程を経て成立する -葉の成長過程における詳細な遺伝子発現マップを作成-
    https://www.riken.jp/press/2021/20210525_4/index.html
    2021/05
  • オオムギ遺伝資源のゲノム多様性を解明 -オオムギのデジタル育種の実現が期待-
    https://www.riken.jp/press/2020/20201126_2/index.html
    2020/11/06
  • ミドリムシでの高効率ゲノム編集に成功 -バイオ燃料生産などに向けた有用ミドリムシ育種へ期待-
    日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP512226_X10C19A6000000/
    2019/06/17
  • 異質倍数体植物における祖先種由来のストレス応答機構 -異質倍数体作物の改良や有用遺伝子の探索に役立つ基盤-
    https://www.riken.jp/press/2018/20180314_2/index.html
    2018/03/14
  • 種子の寿命をコントロールする -長寿命かつ発芽力の高い種子の開発に貢献-
    https://www.riken.jp/press/2017/20170818_1/index.html
  • 生薬「甘草」のゲノム解読に成功 -重要生薬の原料の安定供給と有用遺伝子の探索に貢献-
    日経バイオテク https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/10/21/01742/
  • ミナトカモジグサとコムギの蓄積代謝物の共通点と相違点を解明 -草本バイオマス研究と麦類研究を加速させる研究基盤を提供-
    https://www.riken.jp/press/2015/20150715_1/index.html
学術貢献活動 academic_contribution
  • みんなのミドリムシプロジェクト
    企画立案・運営等
  • 独立行政法人科学技術振興機構研究戦略センター報告書(CRDS-FY2010-XR-21) グリーン・バイオマス・イノベーションの創出に向けた戦略研究 ~光合成生物の生産・利用に関する新技術創出によるグローバル解決課題へのロードマップ~
    その他 独立行政法人科学技術振興機構研究戦略センター
  • 独立行政法人科学技術振興機構研究戦略センター報告書(CRDS-FY2011-IC-05) ライフサイエンス分野 科学技術・研究開発の国際比較
    その他 独立行政法人科学技術振興機構研究戦略センター
  • 独立行政法人科学技術振興機構研究戦略センター報告書(CRDS-FY2016-FR-06) ライフサイエンス・臨床医学分野 健康・医療・農業データ科学
    その他 独立行政法人科学技術振興機構研究戦略センター
  • みんなのミドリムシプロジェクト
    planning_etc
  • 独立行政法人科学技術振興機構研究戦略センター報告書(CRDS-FY2010-XR-21) グリーン・バイオマス・イノベーションの創出に向けた戦略研究 ~光合成生物の生産・利用に関する新技術創出によるグローバル解決課題へのロードマップ~
    others 独立行政法人科学技術振興機構研究戦略センター
  • 独立行政法人科学技術振興機構研究戦略センター報告書(CRDS-FY2011-IC-05) ライフサイエンス分野 科学技術・研究開発の国際比較
    others 独立行政法人科学技術振興機構研究戦略センター
  • 独立行政法人科学技術振興機構研究戦略センター報告書(CRDS-FY2016-FR-06) ライフサイエンス・臨床医学分野 健康・医療・農業データ科学
    others 独立行政法人科学技術振興機構研究戦略センター
その他 etc

トップへ