背景画像1
長崎大学 教員等総覧データベース教員等総覧データベース
長崎大学 教員等総覧データベースComprehensive Database of Researchers
究者詳細情報
最終更新日:2021年10月21日
Detail
last updated:2021/10/21
研究者顔写真
氏 名 name 木村 正成 / きむら まさなり Kimura Masanari
所属 department 総合生産科学域(工学系) Institute of Integrated Science and Technology(Engineering)
職名 official title 教授 Professor
学位 degree 博士(工学) (BLANK)
E-mail
ホームページ http://www.ch.nagasaki-u.ac.jp/org
研究キーワード research interests 合成化学,有機化学,有機金属化学,複素環化学,創薬,Organic Synthetic Chemistry,有機合成化学 合成化学,有機化学,有機金属化学,複素環化学,創薬,Organic Synthetic Chemistry,有機合成化学
研究分野 research research_areas 有機合成化学,有機合成化学 Synthetic organic chemistry,Synthetic organic chemistry
学歴 education
  • 1995年
    長崎大学 Graduate School, Division of Marine Science and Engineering
  • 1995年
    長崎大学 海洋生産科学研究科
  • 1990年
    長崎大学 Faculty of Engineering
  • 1990年
    長崎大学 工学部
  • 1995
    Nagasaki University Graduate School, Division of Marine Science and Engineering
  • 1995
    Nagasaki University 海洋生産科学研究科
  • 1990
    Nagasaki University Faculty of Engineering
  • 1990
    Nagasaki University Faculty of Engineering
経歴 experience
  • 2008年
    2010年
    Associate Professor,Applied Chemistry,Faculty of Engineering,Nagasaki University
  • 2008年
    2010年
    長崎大学工学部応用化学科 准教授 Faculty of Engineering, Department of Applied Chemistry
  • 2007年
    2008年
    Assistant Professor,Policies for the Human-Environmental Symbiosis,Policies for the Human-Environmental Symbiosis,Environmental Science,Graduate School of Science and Technology,Nagasaki University
  • 2007年
    2008年
    長崎大学大学院生産科学研究科環境科学専攻環境動態解析学 助教 Graduate School of Science and Technology, Department of Environmental Science
  • 2004年
    2007年
    Research Associate,Policies for the Human-Environmental Symbiosis,Policies for the Human-Environmental Symbiosis,Environmental Science,Graduate School of Science and Technology,Nagasaki University
  • 2004年
    2007年
    長崎大学大学院生産科学研究科環境科学専攻環境動態解析学 助手 Graduate School of Science and Technology, Department of Environmental Science
  • 1995年
    2004年
    Research Associate,Applied Chemistry,Faculty of Engineering,Nagasaki University
  • 1995年
    2004年
    長崎大学工学部応用化学科 助手 Faculty of Engineering, Department of Applied Chemistry
  • 1999年
    2000年
    Researcher
  • 1999年
    2000年
    米国マサチューセッツ工科大学化学科 博士研究員
  • 2008
    2010
    Associate Professor,Applied Chemistry,Faculty of Engineering,Nagasaki University
  • 2008
    2010
    Nagasaki University Faculty of Engineering, Department of Applied Chemistry
  • 2007
    2008
    Assistant Professor,Policies for the Human-Environmental Symbiosis,Policies for the Human-Environmental Symbiosis,Environmental Science,Graduate School of Science and Technology,Nagasaki University
  • 2007
    2008
    Nagasaki University Graduate School of Science and Technology, Department of Environmental Science
  • 2004
    2007
    Research Associate,Policies for the Human-Environmental Symbiosis,Policies for the Human-Environmental Symbiosis,Environmental Science,Graduate School of Science and Technology,Nagasaki University
  • 2004
    2007
    Nagasaki University Graduate School of Science and Technology, Department of Environmental Science
  • 1995
    2004
    Research Associate,Applied Chemistry,Faculty of Engineering,Nagasaki University
  • 1995
    2004
    Nagasaki University Faculty of Engineering, Department of Applied Chemistry
  • 1999
    2000
    Researcher
  • 1999
    2000
    米国マサチューセッツ工科大学化学科 博士研究員
委員歴 committee memberships
  • 2018年04月
    2019年03月
    日本学術振興会 科学研究費委員会審査委員
  • 2010年
    日本化学会 日本化学会九州支部幹事
  • 2010年
    日本化学会 長崎県理科・化学教育懇談会庶務幹事
  • 2009年
    有機合成化学協会 九州支部幹事
  • 2018/04
    2019/03
    日本学術振興会 科学研究費委員会審査委員
  • 2010
    日本化学会 日本化学会九州支部幹事
  • 2010
    日本化学会 長崎県理科・化学教育懇談会庶務幹事
  • 2009
    有機合成化学協会 九州支部幹事
所属学協会 association memberships 日本化学会,有機合成化学協会,アメリカ化学会,近畿化学協会,日本光合成学会 日本化学会,有機合成化学協会,アメリカ化学会,近畿化学協会,日本光合成学会
受賞 awards
  • 2018年09月
    Tarrant Distinguished Visiting Professorship of Organic Chemistry, University of Florida
  • 2007年
    Banyu Young Chemist Award 2007
  • 2005年
    有機合成化学奨励賞
  • 2004年
    エーザイ賞
  • 2003年
    Banyu Youg Chemist Award
  • 2003年
    第6回万有奨励賞
  • 2018年09月
    Tarrant Distinguished Visiting Professorship of Organic Chemistry, University of Florida
  • 2007年
    Banyu Young Chemist Award 2007
  • 2005年
    有機合成化学奨励賞
  • 2004年
    エーザイ賞
  • 2003年
    Banyu Youg Chemist Award
  • 2003年
    第6回万有奨励賞
論文 papers
  • Nickel-Catalyzed Carboxylation of Conjugated Dienes with Carbon Dioxide and DIBAL-H for the Synthesis of β,γ-Unsaturated Carboxylic Acids Ying Luo,Bun Chan,Tsutomu Fukuda,Gen Onodera,Masanari Kimura Synlett 32巻15号1551頁-1554頁 2021年09月16日
  • Reconstruction of Carbon Bond Frameworks via Oxapalladacycles Promoted by the Synergistic Effect of Palladium Catalyst and Triethylborane Ryo Ninokata,Riho Korogi,Junya Nakao,Tsutomu Fukuda,Gen Onodera,Masanari Kimura Synthesis (Germany) 53巻17号3110頁-3120頁 2021年09月01日
  • Pd-porphyrin complex-catalyzed allylation of indole with allylic alcohols through C3–C2 coupling Alaa A. Atia,Masanari Kimura Tetrahedron 90巻 2021年06月18日
  • Ni-catalyzed direct carboxylation of propargylic alcohols with carbon dioxide Tatsuya Yamahira,Gen Onodera,Tsutomu Fukuda,Masanari Kimura Chemistry Letters 50巻5号853頁-855頁 2021年05月
  • Hydride Affinities for Main-Group Hydride Reductants: Assessment of Density Functionals and Trends in Reactivities Bun Chan,Ying Luo,Masanari Kimura Journal of Physical Chemistry A 125巻3号835頁-842頁 2021年01月28日
  • Divergent total synthesis of azalamellarins D and N Tsutomu Fukuda,Seiya Okutani,Mayu Sumi,Kazuhito Miyagi,Gen Onodera,Masanari Kimura Heterocycles 103巻2号 2021年
  • Direct benzylation of amines with benzylic alcohols catalyzed by palladium/phosphine-borane catalyst system Gen Onodera,Hidenobu Kumagae,Daiki Nakamura,Takuto Hayasaki,Tsutomu Fukuda,Masanari Kimura Tetrahedron Letters 61巻47号 2020年11月19日
  • Oxidative hydroxylation of aryl boronic acid catalyzed by co-porphyrin complexes via blue-light irradiation Alaa A. Atia,Masanari Kimura Catalysts 10巻11号1頁-10頁 2020年11月
  • Enantioselective Ring-Closing C–H Amination of Urea Derivatives Zijun Zhou,Yuqi Tan,Tatsuya Yamahira,Sergei Ivlev,Xiulan Xie,Radostan Riedel,Marcel Hemming,Masanari Kimura,Eric Meggers Chem 6巻8号2024頁-2034頁 2020年08月06日
  • Pd-Catalyzed Dehydrogenative Oxidation of Alcohols to Functionalized Molecules 木村 正成 Organic Process Research and Development 23巻8号1709頁-1717頁 2019年08月
  • Nickel-Catalyzed Carboxylation of Conjugated Dienes with Carbon Dioxide and DIBAL-H for the Synthesis of β,γ-Unsaturated Carboxylic Acids Ying Luo,Bun Chan,Tsutomu Fukuda,Gen Onodera,Masanari Kimura Synlett 32.15.1551-1554 2021/09/16
  • Reconstruction of Carbon Bond Frameworks via Oxapalladacycles Promoted by the Synergistic Effect of Palladium Catalyst and Triethylborane Ryo Ninokata,Riho Korogi,Junya Nakao,Tsutomu Fukuda,Gen Onodera,Masanari Kimura Synthesis (Germany) 53.17.3110-3120 2021/09/01
  • Pd-porphyrin complex-catalyzed allylation of indole with allylic alcohols through C3–C2 coupling Alaa A. Atia,Masanari Kimura Tetrahedron 90. 2021/06/18
  • Ni-catalyzed direct carboxylation of propargylic alcohols with carbon dioxide Tatsuya Yamahira,Gen Onodera,Tsutomu Fukuda,Masanari Kimura Chemistry Letters 50.5.853-855 2021/05
  • Hydride Affinities for Main-Group Hydride Reductants: Assessment of Density Functionals and Trends in Reactivities Bun Chan,Ying Luo,Masanari Kimura Journal of Physical Chemistry A 125.3.835-842 2021/01/28
  • Divergent total synthesis of azalamellarins D and N Tsutomu Fukuda,Seiya Okutani,Mayu Sumi,Kazuhito Miyagi,Gen Onodera,Masanari Kimura Heterocycles 103.2. 2021
  • Direct benzylation of amines with benzylic alcohols catalyzed by palladium/phosphine-borane catalyst system Gen Onodera,Hidenobu Kumagae,Daiki Nakamura,Takuto Hayasaki,Tsutomu Fukuda,Masanari Kimura Tetrahedron Letters 61.47. 2020/11/19
  • Oxidative hydroxylation of aryl boronic acid catalyzed by co-porphyrin complexes via blue-light irradiation Alaa A. Atia,Masanari Kimura Catalysts 10.11.1-10 2020/11
  • Enantioselective Ring-Closing C–H Amination of Urea Derivatives Zijun Zhou,Yuqi Tan,Tatsuya Yamahira,Sergei Ivlev,Xiulan Xie,Radostan Riedel,Marcel Hemming,Masanari Kimura,Eric Meggers Chem 6.8.2024-2034 2020/08/06
  • Pd-Catalyzed Dehydrogenative Oxidation of Alcohols to Functionalized Molecules KIMURA Masanari Organic Process Research and Development 23.8.1709-1717 2019/08
MISC
  • 新規オリゴピリジン配位子を有するルテニウム錯体の合成と光物性 西上真由,作田絵里,馬越啓介,小野寺玄,木村正成 錯体化学会討論会講演要旨集 66th巻266頁- 2016年08月30日
  • Synthesis of Lactones and Lactams from Vinylcyclopropane by Palladium-Catalyzed Nucleophilic Allylation Goki Hirata,Gen Onodera,Masanari Kimura SYNLETT 25巻16号2306頁-2310頁 2014年10月
  • Efficient and Selective Formation of Unsaturated Carboxylic and Phenylacetic Acids from Diketene Takamichi Mori,Yusuke Akioka,Hisaho Kawahara,Ryo Ninokata,Gen Onodera,Masanari Kimura ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION 53巻39号10434頁-10438頁 2014年09月
  • Nickel-Catalyzed Multicomponent Coupling of Alkyne, Buta-1,3-diene, and Dimethylzinc under Carbon Dioxide Yasuyuki Mori,Takamichi Mori,Gen Onodera,Masanari Kimura SYNTHESIS-STUTTGART 46巻17号2287頁-2292頁 2014年09月
  • Ni-Catalyzed Homoallylation of Polyhydroxy N,O-Acetals with Conjugated Dienes Promoted by Triethylborane Takamichi Mori,Yusuke Akioka,Gen Onodera,Masanari Kimura MOLECULES 19巻7号9288頁-9306頁 2014年07月
  • Metal Homoenolates M. Kimura Comprehensive Organic Synthesis: Second Edition 2巻606頁-628頁 2014年02月
  • p‐フェニレンビス(ビピリジン)誘導体を配位子とする白金錯体の合成と性質 川手崇裕,平田剛輝,小野寺玄,武内亮,有川康弘,木村正成,馬越啓介 錯体化学会討論会講演要旨集 63rd巻328頁- 2013年10月15日
  • Alteration of the Carbohydrate-Binding Specificity of a C-type Lectin CEL-I Mutant with an EPN Carbohydrate-Binding Motif Tomomitsu Hatakeyama,Tomohiro Ishimine,Tomohiro Baba,Masanari Kimura,Hideaki Unno,Shuichiro Goda PROTEIN AND PEPTIDE LETTERS 20巻7号796頁-801頁 2013年07月
  • PALLADIUM-CATALYZED TANDEM COUPLING REACTION OF ALKYNE, CONJUGATED DIENE, AND TRIETHYLBORANE Daiki Takushima,Masahiro Fukushima,Hideaki Satomura,Gen Onodera,Masanari Kimura HETEROCYCLES 86巻1号171頁-180頁 2012年12月
  • An Assay for Carbohydrate-Binding Activity of Lectins Using Polyamidoamine Dendrimer Conjugated with Carbohydrates Tomomitsu Hatakeyama,Ryota Karino,Yasuaki Terai,Masanari Kimura,Hideaki Unno,Shuichiro Goda BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY 76巻10号1999頁-2001頁 2012年10月
  • 新規オリゴピリジン配位子を有するルテニウム錯体の合成と光物性 西上真由,作田絵里,馬越啓介,小野寺玄,木村正成 錯体化学会討論会講演要旨集 66th.266- 2016/08/30
  • Synthesis of Lactones and Lactams from Vinylcyclopropane by Palladium-Catalyzed Nucleophilic Allylation Goki Hirata,Gen Onodera,Masanari Kimura SYNLETT 25.16.2306-2310 2014/10
  • Efficient and Selective Formation of Unsaturated Carboxylic and Phenylacetic Acids from Diketene Takamichi Mori,Yusuke Akioka,Hisaho Kawahara,Ryo Ninokata,Gen Onodera,Masanari Kimura ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION 53.39.10434-10438 2014/09
  • Nickel-Catalyzed Multicomponent Coupling of Alkyne, Buta-1,3-diene, and Dimethylzinc under Carbon Dioxide Yasuyuki Mori,Takamichi Mori,Gen Onodera,Masanari Kimura SYNTHESIS-STUTTGART 46.17.2287-2292 2014/09
  • Ni-Catalyzed Homoallylation of Polyhydroxy N,O-Acetals with Conjugated Dienes Promoted by Triethylborane Takamichi Mori,Yusuke Akioka,Gen Onodera,Masanari Kimura MOLECULES 19.7.9288-9306 2014/07
  • Metal Homoenolates M. Kimura Comprehensive Organic Synthesis: Second Edition 2.606-628 2014/02
  • p‐フェニレンビス(ビピリジン)誘導体を配位子とする白金錯体の合成と性質 川手崇裕,平田剛輝,小野寺玄,武内亮,有川康弘,木村正成,馬越啓介 錯体化学会討論会講演要旨集 63rd.328- 2013/10/15
  • Alteration of the Carbohydrate-Binding Specificity of a C-type Lectin CEL-I Mutant with an EPN Carbohydrate-Binding Motif Tomomitsu Hatakeyama,Tomohiro Ishimine,Tomohiro Baba,Masanari Kimura,Hideaki Unno,Shuichiro Goda PROTEIN AND PEPTIDE LETTERS 20.7.796-801 2013/07
  • PALLADIUM-CATALYZED TANDEM COUPLING REACTION OF ALKYNE, CONJUGATED DIENE, AND TRIETHYLBORANE Daiki Takushima,Masahiro Fukushima,Hideaki Satomura,Gen Onodera,Masanari Kimura HETEROCYCLES 86.1.171-180 2012/12
  • An Assay for Carbohydrate-Binding Activity of Lectins Using Polyamidoamine Dendrimer Conjugated with Carbohydrates Tomomitsu Hatakeyama,Ryota Karino,Yasuaki Terai,Masanari Kimura,Hideaki Unno,Shuichiro Goda BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY 76.10.1999-2001 2012/10
書籍等出版物 books
  • 「トリエチルホウ素と後周期遷移金属の相乗効果を利用した炭素-炭素結合形成および切 断反応」総合論文
    有機合成化学協会誌
    2012年
  • Modern Organonickel Chemistry
    Wiley
    2005年
  • 「トリエチルホウ素と後周期遷移金属の相乗効果を利用した炭素-炭素結合形成および切 断反応」総合論文
    有機合成化学協会誌
    2012
  • Modern Organonickel Chemistry
    Wiley
    2005
講演・口頭発表等 conference
  • Cu-Catalyzed Stereoselective Formation of a,b-Unsaturated Carbonyls via Alkynylborates
    木村 正成
    IKCOC-14, Kyoto (Rihga Royal Hotel Kyoto)
    2018年11月16日
  • パラジウム触媒とトリエチルホウ素を用いた共役ジエンによるインドールのアリル化反応
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010年
  • 亜鉛存在下におけるハロゲン化アルキル、共役ジエン、カルボニルの3成分連結反応
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010年
  • ポリヒドロキシ環状ヘミアセタールと共役ジエンの還元的カップリング反応
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010年
  • オキサニッケラサイクルを介するアリル基、アルキン、有機亜鉛の選択的連結反応
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010年
  • ビニルシクロプロパンの求核的アリル化反応を活用したラクトン及びラクタム合成
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010年
  • パラジウム触媒を用いた共役ジエンとアルデヒドの還元的カップリング反応
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010年
  • 3-ヒドロキシ-4-ペンテン酸の脱炭酸による共役ジエン合成
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010年
  • 生理活性物質創製を目的とした新形式アリル化反応の開発
    第19回万有福岡シンポジウム
    2009年
  • 生理活性物質創製を目的とした新形式アリル化反応の開発
    第20周年記念万有仙台シンポジウム
    2009年
  • Cu-Catalyzed Stereoselective Formation of a,b-Unsaturated Carbonyls via Alkynylborates
    KIMURA Masanari
    IKCOC-14
    2018/11/16
  • パラジウム触媒とトリエチルホウ素を用いた共役ジエンによるインドールのアリル化反応
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010
  • 亜鉛存在下におけるハロゲン化アルキル、共役ジエン、カルボニルの3成分連結反応
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010
  • ポリヒドロキシ環状ヘミアセタールと共役ジエンの還元的カップリング反応
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010
  • オキサニッケラサイクルを介するアリル基、アルキン、有機亜鉛の選択的連結反応
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010
  • ビニルシクロプロパンの求核的アリル化反応を活用したラクトン及びラクタム合成
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010
  • パラジウム触媒を用いた共役ジエンとアルデヒドの還元的カップリング反応
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010
  • 3-ヒドロキシ-4-ペンテン酸の脱炭酸による共役ジエン合成
    日本化学会第90春季年会(2010)
    2010
  • 生理活性物質創製を目的とした新形式アリル化反応の開発
    第19回万有福岡シンポジウム
    2009
  • 生理活性物質創製を目的とした新形式アリル化反応の開発
    第20周年記念万有仙台シンポジウム
    2009
担当経験のある項目 teaching experience 物質変換触媒化学,化学物質工学特別演習I-II,実践英語A-D,化学物質工学総合演習,化学・物質工学特別講義A,有機合成反応設計学,高効率合成化学特論,物質創製特別演習I-II,学外研究,リサーチプロポーザル,有機化学I-III,化学・物質工学実験A,テクニカルプレゼンテーション,モジュールIIc「合成と分子設計」 物質変換触媒化学,化学物質工学特別演習I-II,実践英語A-D,化学物質工学総合演習,化学・物質工学特別講義A,有機合成反応設計学,高効率合成化学特論,物質創製特別演習I-II,学外研究,リサーチプロポーザル,有機化学I-III,化学・物質工学実験A,テクニカルプレゼンテーション,モジュールIIc「合成と分子設計」
Works
  • 二酸化炭素の高効率変換反応の開発
    2010年 -
  • 認知症治療薬創製
    2010年 -
  • ジケテンの特異的反応挙動を活用した芳香族化合物の新規合成開発
    2012年 - 2014年
  • 共役ジエンの新規活性化に基づく高選択的炭素・炭素結合形成反応の開発
    2011年 - 2013年
  • 有機ホウ素、有機亜鉛と遷移金属触媒を活用した高効率有機合成反応の開発
    2009年 - 2012年
  • メタラサイクルを介した二酸化炭素の固定化による機能性有機材料創製
    2010年 - 2011年
  • 双極的アリル化反応を活用した機能性有機材料の新規合成開発
    2009年 - 2011年
  • 新形式アリル化反応を活用した機能性有機材料の創製
    2009年 - 2010年
  • 新形式アリル化反応を活用した機能性有機材料創製
    2009年 - 2010年
  • ニッケラサイクルを活性中間体とする不飽和炭化水素化合物のタンデム反応
    2006年 - 2008年
  • 二酸化炭素の高効率変換反応の開発
    2010 -
  • 認知症治療薬創製
    2010 -
  • ジケテンの特異的反応挙動を活用した芳香族化合物の新規合成開発
    2012 - 2014
  • 共役ジエンの新規活性化に基づく高選択的炭素・炭素結合形成反応の開発
    2011 - 2013
  • 有機ホウ素、有機亜鉛と遷移金属触媒を活用した高効率有機合成反応の開発
    2009 - 2012
  • メタラサイクルを介した二酸化炭素の固定化による機能性有機材料創製
    2010 - 2011
  • 双極的アリル化反応を活用した機能性有機材料の新規合成開発
    2009 - 2011
  • 新形式アリル化反応を活用した機能性有機材料の創製
    2009 - 2010
  • 新形式アリル化反応を活用した機能性有機材料創製
    2009 - 2010
  • ニッケラサイクルを活性中間体とする不飽和炭化水素化合物のタンデム反応
    2006 - 2008
競争的資金等の研究課題 research grants
  • 二酸化炭素を活用した新エネルギーシステムの構築
    新エネルギー技術研究開発費
    2010年 -
  • Development of efficient organic synthesis
    Grant-in-Aid for Scientific Research
    2004年 -
  • 高効率有機合成反応の開発
    科学研究費補助金
    2004年 -
  • Organic Synthesis via Transition Metal Catalyst
    1995年 -
  • 有用複素環合成化学の開発
    1995年 -
  • 有機ホウ素、有機亜鉛と遷移金属触媒を活用した高効率有機合成反応の開発
    基礎科学研究
    1995年 -
  • 炭素-炭素結合切断機構を鍵反応とする高選択的有機合成反応の開発
    日本学術振興会 基盤研究(B)
    2018年04月 - 2021年03月 研究代表者
  • ホスフィン-ボラン配位子の特性を活用した機能性物質創製の開発
    文部科学省 新学術領域研究(研究領域提案型)
    2018年04月 - 2020年03月 研究代表者
  • 国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業
    日本学術振興会 若手研究者の海外派遣
    2018年04月 - 2020年03月 研究代表者
  • 頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム
    日本学術振興会 日本学術振興会国際交流事業
    2017年10月 - 2018年03月 研究代表者
  • 二酸化炭素を活用した新エネルギーシステムの構築
    新エネルギー技術研究開発費
    2010 -
  • Development of efficient organic synthesis
    Grant-in-Aid for Scientific Research
    2004 -
  • 高効率有機合成反応の開発
    科学研究費補助金
    2004 -
  • Organic Synthesis via Transition Metal Catalyst
    1995 -
  • 有用複素環合成化学の開発
    1995 -
  • 有機ホウ素、有機亜鉛と遷移金属触媒を活用した高効率有機合成反応の開発
    基礎科学研究
    1995 -
  • 炭素-炭素結合切断機構を鍵反応とする高選択的有機合成反応の開発
    日本学術振興会 基盤研究(B)
    2018/04 - 2021/03 principal_investigator
  • ホスフィン-ボラン配位子の特性を活用した機能性物質創製の開発
    文部科学省 新学術領域研究(研究領域提案型)
    2018/04 - 2020/03 principal_investigator
  • 国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業
    日本学術振興会 若手研究者の海外派遣
    2018/04 - 2020/03 principal_investigator
  • 頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム
    日本学術振興会 日本学術振興会国際交流事業
    2017/10 - 2018/03 principal_investigator
特許 patents
社会貢献活動 social contribution
  • 近畿化学協会代議員
    運営参加・支援 近畿化学協会 2018年04月01日 - 2020年03月31日
  • 長崎県理科化学懇談会幹事
    その他 長崎県理科化学懇談会 2016年04月01日 - 2019年03月31日
  • 近畿化学協会代議員
    organizing_member 近畿化学協会 2018/04/01 - 2020/03/31
  • 長崎県理科化学懇談会幹事
    others 長崎県理科化学懇談会 2016/04/01 - 2019/03/31
メディア報道 media_coverage
学術貢献活動 academic_contribution
その他 etc

トップへ