背景画像1
長崎大学 教員等総覧データベース教員等総覧データベース
長崎大学 教員等総覧データベースComprehensive Database of Researchers
究者詳細情報
最終更新日:2021年10月27日
Detail
last updated:2021/10/27
研究者顔写真
氏 名 name 大西 真由美 / おおにし まゆみ Ohnishi Mayumi
所属 department 生命医科学域(保健学系) Institute of Biomedical Sciences(Health)
職名 official title 教授 教授
学位 degree 博士(医学),公衆衛生学修士 Ph.D.,Master of Public Health
E-mail
研究キーワード research interests グローバルヘルス,健康の社会的決定要因,社会的不利条件 Global Health,Social Determinants of Health,社会的不利条件
研究分野 research research_areas 医療管理学、医療系社会学,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない,医療管理学、医療系社会学,高齢者看護学、地域看護学,高齢者看護学、地域看護学 Healthcare management, medical sociology,Hygiene and public health (laboratory),Hygiene and public health (non-laboratory),Hygiene and public health (laboratory),Hygiene and public health (non-laboratory),Healthcare management, medical sociology,Gerontological and community health nursing,Gerontological and community health nursing
学歴 education
  • 1998年06月
    1999年05月
    ボストン大学 公衆衛生大学院
  • 2005年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科
  • 1995年
    青山学院大学 文学部
  • 1987年
    京都府立保健婦専門学校
  • 1986年
    東京医科歯科大学医学部付属看護学校 Faculty of Medicine
  • 1998/06
    1999/05
    Boston University School of Public Health
  • 2005/03
    Tokyo Medical and Dental University Graduate School of Medical and Dental Sciences
  • 1995
    Aoyama Gakuin University College of Literature
  • 1987
    京都府立保健婦専門学校
  • 1986
    Tokyo Medical and Dental University Faculty of Medicine
経歴 experience
  • 2008年
    2013年
    Professor,Graduate School of Biomedical Science,Graduate School of Biomedical Sciences,Nagasaki University
  • 2008年
    2013年
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科(保健系) 教授 Graduate School of Biomedical Sciences
  • 2005年
    2008年
    Lecturer,Graduate School of Tokyo Medical and Dental University
  • 2005年
    2008年
    東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 講師 Graduate School of Medical and Dental Sciences
  • 2005年
    2006年
    Japan International Cooperation Agency
  • 2005年
    2006年
    国際協力機構
  • 2003年
    2005年
    Health and Development Services
  • 2003年
    2005年
    特定非営利活動法人HANDS その他
  • 1999年
    2003年
    Research Associate,Ibaraki Prefectural Unifersity of Health Sciences
  • 1999年
    2003年
    茨城県立医療大学 助手
  • 2008
    2013
    Professor,Graduate School of Biomedical Science,Graduate School of Biomedical Sciences,Nagasaki University
  • 2008
    2013
    Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  • 2005
    2008
    Lecturer,Graduate School of Tokyo Medical and Dental University
  • 2005
    2008
    Tokyo Medical and Dental University Graduate School of Medical and Dental Sciences
  • 2005
    2006
    Japan International Cooperation Agency
  • 2005
    2006
    国際協力機構
  • 2003
    2005
    Health and Development Services
  • 2003
    2005
    特定非営利活動法人HANDS その他
  • 1999
    2003
    Research Associate,Ibaraki Prefectural Unifersity of Health Sciences
  • 1999
    2003
    Ibaraki Prefectural University of Health Sciences
委員歴 committee memberships
  • 2012年
    日本国際保健医療学会 理事
  • 2012年
    日本熱帯医学会 評議員
  • 2008年
    日本公衆衛生学会 代議員
  • 2012
    日本国際保健医療学会 理事
  • 2012
    日本熱帯医学会 評議員
  • 2008
    日本公衆衛生学会 代議員
所属学協会 association memberships 日本健康学会,日本エイズ学会,日本熱帯医学会,日本健康教育学会,日本保健医療社会学会,国際開発学会,日本看護歴史学会,フォレンジック看護学会,日本国際保健医療学会,日本公衆衛生学会 THE JAPANESE SOCIETY OF HEALTH AND HUMAN ECOLOGY,THE JAPANESE SOCIETY FOR AIDS RESEARCH,JAPANESE SOCIETY OF TROPICAL MEDICINE,JAPANESE SOCIETY OF HEALTH EDUCATION AND PROMOTION,THE JAPANESE SOCIETY OF HEALTH AND MEDICAL SOCIOLOGY,THE JAPAN SOCIETY FOR INTERNATIONAL DEVELOPMENT,日本看護歴史学会,フォレンジック看護学会,JAPAN ASSOCIATION FOR INTERNATIONAL HEALTH,JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH
受賞 awards
  • 2018年10月
    Journal of Rural Medicine 平成30年度研究奨励賞(英文誌:医師・研究者部門)
  • 2015年11月
    日本民族衛生学会 平成27年度優秀論文賞
  • 2011年11月
    日本民族衛生学会 平成23年度優秀論文賞
  • 2018年10月
    Journal of Rural Medicine 平成30年度研究奨励賞(英文誌:医師・研究者部門)
  • 2015年11月
    日本民族衛生学会 平成27年度優秀論文賞
  • 2011年11月
    日本民族衛生学会 平成23年度優秀論文賞
論文 papers
  • Interview survey of physical and mental changes and coping strategies among 13 Vietnamese female technical interns living in Japan. Aya Shinohara,Ryoko Kawasaki,Noriko Kuwano,Mayumi Ohnishi Health care for women international 1頁-17頁 2021年09月29日
  • Curricular Limitations and Recommendations for Training Health Care Providers to Respond to Intimate Partner Violence: An Integrative Literature Review. Joel Seme Ambikile,Sebalda Leshabari,Mayumi Ohnishi Trauma, violence & abuse 1524838021頁-1524838021頁 2021年02月24日
  • Factors associated with self-rated health among mineworkers in Zambia: a cross-sectional study. Mayumi Ohnishi,Backsion Tembo,Rieko Nakao,Emi Matsuura,Wakako Fujita Tropical medicine and health 49巻1号11頁-11頁 2021年02月01日
  • Factors related to ikigai among older residents participating in hillside residential community-based activities in Nagasaki City, Japan Rieko Nakao,Akiko Nitta,Megumi Yumiba,Kanon Ota,Saori Kamohara,Mayumi Ohnishi Journal of Rural Medicine 16巻1号42頁-46頁 2021年01月
  • Effect of EGLN1 Genetic Polymorphisms on Hemoglobin Concentration in Andean Highlanders Yoshiki Yasukochi,Takayuki Nishimura,Juan Ugarte,Mayumi Ohnishi,Mika Nishihara,Guillermo Alvarez,Hideki Fukuda,Victor Mendoza,Kiyoshi Aoyagi BioMed Research International 2020巻 2020年11月
  • Recognition related to intimate partner violence among university students: a comparison study between 2008 and 2014 at one university in a nonmetropolitan area of Japan Mayumi Ohnishi,Haruka Shozaki-Ito,Tomoko Tanaka-Shibayama,Yumi Matsuyama,Rieko Nakao,Kanako Morifuji 日本健康教育学会誌 28巻4号259頁-268頁 2020年11月
  • Factors associated with the awareness of contraceptive methods, understanding the prevention of HIV/AIDS and the perception of HIV/AIDS risk among secondary school students in Dar es Salaam, Tanzania Mayumi Ohnishi,Sebalda Leshabari,Junichi Tanaka,Mika Nishihara Journal of Rural Medicine 15巻4号155頁-163頁 2020年10月
  • Individual variations and sex differences in hemodynamics with percutaneous arterial oxygen saturation (SpO2) in young Andean highlanders in Bolivia Takayuki Nishimura,Juan Ugarte,Mayumi Ohnishi,Mika Nishihara,Guillermo Alvarez,Yoshiki Yasukochi,Hideki Fukuda,Kazuhiko Arima,Shigeki Watanuki,Victor Mendoza,Kiyoshi Aoyagi Journal of Physiological Anthropology 39巻1号31頁- 2020年10月
  • Toothache experience among Japanese and Bolivian dental school students Hideki Fukuda,Juan Ugarte,Takayuki Nishimura,Yoshiki Yasukochi,Mayumi Ohnishi,Mika Nishihara,Kiyoshi Aoyagi,Toshiyuki Saito 日本歯科東洋医学会誌 39巻1-2号1頁-5頁 2020年10月
  • Nurses' and midwives' awareness of intimate partner violence-related mental healthcare and associated factors in Tanzania. Joel Seme Ambikile,Sebalda Leshabari,Mayumi Ohnishi Health & social care in the community 2020年08月14日
  • Interview survey of physical and mental changes and coping strategies among 13 Vietnamese female technical interns living in Japan. Aya Shinohara,Ryoko Kawasaki,Noriko Kuwano,Mayumi Ohnishi Health care for women international 1-17 2021/09/29
  • Curricular Limitations and Recommendations for Training Health Care Providers to Respond to Intimate Partner Violence: An Integrative Literature Review. Joel Seme Ambikile,Sebalda Leshabari,Mayumi Ohnishi Trauma, violence & abuse 1524838021-1524838021 2021/02/24
  • Factors associated with self-rated health among mineworkers in Zambia: a cross-sectional study. Mayumi Ohnishi,Backsion Tembo,Rieko Nakao,Emi Matsuura,Wakako Fujita Tropical medicine and health 49.1.11-11 2021/02/01
  • Factors related to ikigai among older residents participating in hillside residential community-based activities in Nagasaki City, Japan Rieko Nakao,Akiko Nitta,Megumi Yumiba,Kanon Ota,Saori Kamohara,Mayumi Ohnishi Journal of Rural Medicine 16.1.42-46 2021/01
  • Effect of EGLN1 Genetic Polymorphisms on Hemoglobin Concentration in Andean Highlanders oshiki Yasukochi,Takayuki Nishimura,Juan Ugarte,Mayumi Ohnishi,Mika Nishihara,Guillermo Alvarez,Hideki Fukuda,Victor Mendoza,Kiyoshi Aoyagi BioMed Research International 2020. 2020/11
  • Recognition related to intimate partner violence among university students: a comparison study between 2008 and 2014 at one university in a nonmetropolitan area of Japan Mayumi Ohnishi,Haruka Shozaki-Ito,Tomoko Tanaka-Shibayama,Yumi Matsuyama,Rieko Nakao,Kanako Morifuji Japanese Journal of Health Education and Promotion 28.4.259-268 2020/11
  • Factors associated with the awareness of contraceptive methods, understanding the prevention of HIV/AIDS and the perception of HIV/AIDS risk among secondary school students in Dar es Salaam, Tanzania Mayumi Ohnishi,Sebalda Leshabari,Junichi Tanaka,Mika Nishihara Journal of Rural Medicine 15.4.155-163 2020/10
  • Individual variations and sex differences in hemodynamics with percutaneous arterial oxygen saturation (SpO2) in young Andean highlanders in Bolivia Takayuki Nishimura,Juan Ugarte,Mayumi Ohnishi,Mika Nishihara,Guillermo Alvarez,Yoshiki Yasukochi,Hideki Fukuda,Kazuhiko Arima,Shigeki Watanuki,Victor Mendoza,Kiyoshi Aoyagi Journal of Physiological Anthropology 39.1.31- 2020/10
  • Toothache experience among Japanese and Bolivian dental school students Hideki Fukuda,Juan Ugarte,Takayuki Nishimura,Yoshiki Yasukochi,Mayumi Ohnishi,Mika Nishihara,Kiyoshi Aoyagi,Toshiyuki Saito The Journal of Japan Dental Society of Oriental Medicine 39.1-2.1-5 2020/10
  • Nurses' and midwives' awareness of intimate partner violence-related mental healthcare and associated factors in Tanzania. Joel Seme Ambikile,Sebalda Leshabari,Mayumi Ohnishi Health & social care in the community 2020/08/14
MISC
  • ポルトガルにおける薬物政策 ハームリダクションと非刑罰化 大西 真由美,川崎 涼子 保健学研究 32巻95頁-101頁 2019年09月
  • 受刑経験がある薬物依存症者の再犯防止に寄与する社会的包摂プログラム開発 大西真由美,中根秀之,川崎涼子 医療の広場 59巻7号20頁-23頁 2019年07月
  • 薬物事犯による受刑・触法経験者への対応 : 保健所・民間・地域生活定着支援センターとの連携可能性 (特集 刑務所と地域との連携 保健師は健康課題を担えるか : 女子受刑者の問題を中心に) 大西 真由美 地域保健 = The Japanese journal of community health care 50巻1号48頁-51頁 2019年01月
  • フィンランドにおける子育て支援およびユニバーサリズムを基盤とした保健福祉施策 大西 真由美,西原 三佳 保健学研究 30巻67頁-74頁 2017年07月
  • 2015年度ヨーロッパ(英国・オランダ)保健学研修報告 大西 真由美,大石 和代 保健学研究 = Health science research 29巻105頁-110頁 2017年01月
  • 2013年度リプロダクティブ・ヘルスおよび公衆衛生に関するスイス・英国研修報告 大西 真由美,西原三佳 保健学研究 27巻23頁-30頁 2015年01月
  • 妊産婦の健康に関する活動と研究 大西真由美 国際保健医療 28巻2号60-62 (J-S頁- 2013年
  • 2010年度リプロダクティブ・ヘルスおよび公衆衛生に関する英国研修報告 大西真由美,大石和代 保健学研究 23巻2号45頁-49頁 2011年08月
  • フィジー国における現任地域保健看護師教育の課題 大西真由美,大石和代,新川哲子 保健学研究 23巻2号41頁-44頁 2011年08月
  • 社会的不利条件下におけるエイズ孤児ケアへの高齢者の寄与拡大可能性 大西 真由美 豊かな高齢社会の探究 調査研究報告書 19巻1頁-15頁 2011年07月
  • Policy on illicit drug use in Portugal: decriminalization policy and harm reduction OHNISHI Mayumi,KAWASAKI Ryoko Health Science Research 32.95-101 2019/09
  • 大西真由美,中根秀之,川崎涼子 医療の広場 59.7.20-23 2019/07
  • 大西 真由美 地域保健 = The Japanese journal of community health care 50.1.48-51 2019/01
  • 大西 真由美,西原 三佳 保健学研究 30.67-74 2017/07
  • Report of reproductive health and public health tour in the United Kingdom and the Netherland 大西 真由美,大石 和代 保健学研究 = Health science research 29.105-110 2017/01
  • Report of the reproductive health and public health study tour in Switzerland and UK Ohnishi M,Nishihara mika.et Health science research 27.23-30 2015/01
  • Evidence-based practice in maternal health 大西真由美 国際保健医療 28.2.60-62 (J-S- 2013
  • Reproductive health and public health study tour in the UK 大西 真由美,大石 和代 Health science research 23.2.45-49 2011/08
  • A perspective of in-service training for community health nurses in Fiji 大西 真由美,大石 和代,新川 哲子 Health science research 23.2.41-44 2011/08
  • 大西 真由美 豊かな高齢社会の探究 調査研究報告書 19.1-15 2011/07
書籍等出版物 books
  • 国際保健医療のキャリアナビ
    大西 真由美
    南山堂
    2016年12月
    9784525183011
  • Midwifery Educator Core Competencies
    OHNISHI Mayumi
    World Health Organization
    2014年
  • 国際保健医療学第3版
    大西 真由美
    2013年
  • パルテーラとともに地域保健:ニカラグアの村落で33人の記録
    ぱる出版
    2005年
  • 国際保健医療のお仕事
    南山堂
    2003年
  • 系統看護学講座 専門基礎8: 社会保障制度と生活者の健康2 第6章 母子保健 C. リプロダクティブヘルス/ライツ
    医学書院
    2000年
  • 国際保健医療のキャリアナビ
    大西 真由美
    南山堂
    2016/12
    9784525183011
  • Midwifery Educator Core Competencies
    OHNISHI Mayumi
    World Health Organization
    2014
  • 国際保健医療学第3版
    大西 真由美
    2013
  • パルテーラとともに地域保健:ニカラグアの村落で33人の記録
    ぱる出版
    2005
  • 国際保健医療のお仕事
    南山堂
    2003
  • 系統看護学講座 専門基礎8: 社会保障制度と生活者の健康2 第6章 母子保健 C. リプロダクティブヘルス/ライツ
    医学書院
    2000
講演・口頭発表等 conference
  • Mental health status among male and female methamphetamine-dependent inmates in Japan
    Ohnishi M,Kawasaki R,Nakane H
    the 16th World Congress on Public Health 2020
    2020年10月
    2020年10月12日
    2020年10月16日
  • 受刑・触法歴がある救護施設入所者の健康課題・障がい
    川崎涼子,大西真由美
    第84回日本健康学会総会
    2019年11月02日
    2019年11月01日
    2019年11月03日
  • 大学生は学童期と同様に歯磨き行動を継続しているか?
    上西花果,伊東恵理子,大西真由美
    第84回日本健康学会総会
    2019年11月01日
    2019年11月01日
    2019年11月03日
  • 東日本大震災8 年後の被災地における育児困難感とその関連要因
    西原三佳,中村安秀,大西真由美
    第84回日本健康学会総会
    2019年11月01日
    2019年11月01日
    2019年11月03日
  • 中高年住民の災害に対する備えに関連する要因―長崎エコヘルス調査―
    中尾理恵子,大西真由美,夏原和美,小谷真吾,田所聖志,末吉秀二,柳生文宏,梅崎昌裕
    第84回日本健康学会総会
    2019年11月01日
    2019年11月01日
    2019年11月03日
  • Possibility of Elders Contributing to Caring Orphans in Socially Underserved Settings: a Comparison of the Situational Analysis Between 2003 and 2010
    Mayumi Ohnishi,Akie Kyo,Anoemuah Bright,Sebalda Leshabari
    The 9th International Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery
    2012年06月30日
    2012年06月30日
    2012年07月01日
  • Assessment of partograph utilization in randomly selected maternity units in Tanzania: Lessons learnt and the ways ahead
    Sebalda Leshabari,Martha Rimoy,Mayumi Ohnishi
    差出人 件名 受信日時 サイズ 分類項目 Secretariat of the 9thInternational Canference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery Auto reply for online registration and accommodation request R0297 2012/05/2 14 KB
    2012年06月30日
    2012年06月30日
    2012年07月01日
  • 復興過程にある東日本大震災被災地における乳幼児を持つ母親への支援に関する一考察
    西原三佳,大西真由美,中村安秀
    日本公衆衛生学会総会抄録集
    2019年10月10日
  • 高齢者サロンでサポーター役割を担う住民の特徴
    中尾理恵子,大西真由美
    日本公衆衛生学会総会抄録集
    2019年10月10日
  • タンザニア国都市部若者のメディア利用と性意識との関連
    西原三佳,SEBALDA Leshabari,大西真由美
    日本国際保健医療学会学術大会プログラム・抄録集
    2018年11月30日
  • Mental health status among male and female methamphetamine-dependent inmates in Japan
    Ohnishi M,Kawasaki R,Nakane H
    the 16th World Congress on Public Health 2020
    2020/10
    2020/10/12
    2020/10/16
  • 受刑・触法歴がある救護施設入所者の健康課題・障がい
    川崎涼子,大西真由美
    第84回日本健康学会総会
    2019/11/02
    2019/11/01
    2019/11/03
  • 大学生は学童期と同様に歯磨き行動を継続しているか?
    上西花果,伊東恵理子,大西真由美
    第84回日本健康学会総会
    2019/11/01
    2019/11/01
    2019/11/03
  • 東日本大震災8 年後の被災地における育児困難感とその関連要因
    西原三佳,中村安秀,大西真由美
    第84回日本健康学会総会
    2019/11/01
    2019/11/01
    2019/11/03
  • 中高年住民の災害に対する備えに関連する要因―長崎エコヘルス調査―
    中尾理恵子,大西真由美,夏原和美,小谷真吾,田所聖志,末吉秀二,柳生文宏,梅崎昌裕
    第84回日本健康学会総会
    2019/11/01
    2019/11/01
    2019/11/03
  • Possibility of Elders Contributing to Caring Orphans in Socially Underserved Settings: a Comparison of the Situational Analysis Between 2003 and 2010
    Mayumi Ohnishi,Akie Kyo,Anoemuah Bright,Sebalda Leshabari
    The 9th International Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery
    2012/06/30
    2012/06/30
    2012/07/01
  • Assessment of partograph utilization in randomly selected maternity units in Tanzania: Lessons learnt and the ways ahead
    Sebalda Leshabari,Martha Rimoy,Mayumi Ohnishi
    差出人 件名 受信日時 サイズ 分類項目 Secretariat of the 9thInternational Canference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery Auto reply for online registration and accommodation request R0297 2012/05/2 14 KB
    2012/06/30
    2012/06/30
    2012/07/01
  • 復興過程にある東日本大震災被災地における乳幼児を持つ母親への支援に関する一考察
    西原三佳,大西真由美,中村安秀
    日本公衆衛生学会総会抄録集
    2019/10/10
  • 高齢者サロンでサポーター役割を担う住民の特徴
    中尾理恵子,大西真由美
    日本公衆衛生学会総会抄録集
    2019/10/10
  • タンザニア国都市部若者のメディア利用と性意識との関連
    西原三佳,SEBALDA Leshabari,大西真由美
    日本国際保健医療学会学術大会プログラム・抄録集
    2018/11/30
担当経験のある項目 teaching experience 地域看護学,医療英語,地域保健学実習,公衆衛生看護学特別研究,国際看護学特論,社会福祉,卒業研究,看護の科学的探究,看護教育論,グローバルヘルス特論,国際協力特論,ヘルスプロモーション特論,国際保健学特論,公衆衛生看護学概論,健康リスクとリスクマネジメント,公衆衛生看護管理論,国際保健学概論,産業保健学実習,国際保健学実習,国際保健学演習,国際社会と保健医療,グローバリゼーションと健康,公衆衛生看護学セミナー,健康科学,保健医療福祉システム論 地域看護学,医療英語,地域保健学実習,公衆衛生看護学特別研究,国際看護学特論,社会福祉,卒業研究,看護の科学的探究,看護教育論,グローバルヘルス特論,国際協力特論,ヘルスプロモーション特論,国際保健学特論,公衆衛生看護学概論,健康リスクとリスクマネジメント,公衆衛生看護管理論,国際保健学概論,産業保健学実習,国際保健学実習,国際保健学演習,国際社会と保健医療,グローバリゼーションと健康,公衆衛生看護学セミナー,健康科学,保健医療福祉システム論
Works
  • ホンジュラス国思春期リプロダクティブヘルス強化プロジェクト(第3年次)
    2010年 -
  • 国際的格差社会を生き抜くための人間の安全保障から考える健康生活と地域社会要件
    2011年 - 2015年
  • 社会的不利条件下の女性と子供のヘルスリテラシー向上のための地域エフィカシー要件
    2009年 - 2012年
  • JICA-インドネシア共和国円借款事業インドネシア大学整備事業:医学部付属病院整備と教育拡充のための技術支援
    2010年 - 2011年
  • 国際協力機構「大洋州地域 地域保健看護師のための現場ニーズに基づく現任研修強化プロジェクト(第1年次)」
    2010年 - 2011年
  • 社会的不利条件下におけるエイズ孤児ケアへの高齢者の寄与拡大可能性
    2009年 - 2011年
  • ホンジュラス国オランチョ県思春期リプロダクティブヘルス強化プロジェクト(第2年次)
    2009年 - 2010年
  • 都市域における疾病負荷の計測と疾病予防対策効果の数量評価
    2005年 - 2009年
  • 性産業に従事する女性達のくらしの知恵と職業上の工夫からもたらされる健康リスクの回避方法
    2007年 - 2008年
  • Rickets罹患にかかわる生活様式・地理環境条件・遺伝学的諸因子の相互作用
    2005年 - 2008年
  • ホンジュラス国思春期リプロダクティブヘルス強化プロジェクト(第3年次)
    2010 -
  • 国際的格差社会を生き抜くための人間の安全保障から考える健康生活と地域社会要件
    2011 - 2015
  • 社会的不利条件下の女性と子供のヘルスリテラシー向上のための地域エフィカシー要件
    2009 - 2012
  • JICA-インドネシア共和国円借款事業インドネシア大学整備事業:医学部付属病院整備と教育拡充のための技術支援
    2010 - 2011
  • 国際協力機構「大洋州地域 地域保健看護師のための現場ニーズに基づく現任研修強化プロジェクト(第1年次)」
    2010 - 2011
  • 社会的不利条件下におけるエイズ孤児ケアへの高齢者の寄与拡大可能性
    2009 - 2011
  • ホンジュラス国オランチョ県思春期リプロダクティブヘルス強化プロジェクト(第2年次)
    2009 - 2010
  • 都市域における疾病負荷の計測と疾病予防対策効果の数量評価
    2005 - 2009
  • 性産業に従事する女性達のくらしの知恵と職業上の工夫からもたらされる健康リスクの回避方法
    2007 - 2008
  • Rickets罹患にかかわる生活様式・地理環境条件・遺伝学的諸因子の相互作用
    2005 - 2008
競争的資金等の研究課題 research grants
  • 中高年男性のこころの健康と飲酒行動との関連
    共同研究
    2009年 -
  • Health status and risk among underserved women and children
    The Other Research Programs
    2003年 -
  • Improvement of health literacy among underserved people
    The Other Research Programs
    2000年 -
  • 地域住民の食生活と腸内細菌叢および体内重金属曝露の関連
    全国共済農業共同組合連合会(JA共済連) 令和3年度JA共済連委託研究
    2021年04月 - 2022年03月 研究代表者
  • 近隣居住環境と住民の買物行動及び栄養摂取に関する調査:フードデザートの観点から
    科学研究費補助金・基盤研究C
    2020年 - 2022年 研究分担者
  • 在日外国人の災害対策における特有のニーズと共助の担い手としての可能性の探求
    科学研究費補助金・基盤研究C
    2020年 - 2022年 研究分担者
  • 女性外国人技能実習生のリプロダクティブヘルスニーズに対する支援の構築
    科学研究費補助金・基盤研究C
    2020年 - 2022年
  • 薬物事犯による刑事施設入所中の累犯受刑者の保健医療ニーズと社会生活定着要件
    科学研究費補助金・挑戦的研究(萌芽)
    2018年07月 - 2021年03月 研究代表者
  • 結核等の健康課題をもつ刑事施設被収容者等の包括的継続健康生活支援
    科学研究費補助金・基盤研究C
    2017年04月 - 2021年03月
  • 震災復興課程における育児困難感を軽減するソーシャルサポート要件
    科学研究費補助金・基盤研究C
    2017年04月 - 2020年03月
  • 中高年男性のこころの健康と飲酒行動との関連
    共同研究
    2009 -
  • Health status and risk among underserved women and children
    The Other Research Programs
    2003 -
  • Improvement of health literacy among underserved people
    The Other Research Programs
    2000 -
  • 地域住民の食生活と腸内細菌叢および体内重金属曝露の関連
    全国共済農業共同組合連合会(JA共済連) 令和3年度JA共済連委託研究
    2021/04 - 2022/03 principal_investigator
  • 近隣居住環境と住民の買物行動及び栄養摂取に関する調査:フードデザートの観点から
    科学研究費補助金・基盤研究C
    2020 - 2022 coinvestigator
  • 在日外国人の災害対策における特有のニーズと共助の担い手としての可能性の探求
    科学研究費補助金・基盤研究C
    2020 - 2022 coinvestigator
  • 女性外国人技能実習生のリプロダクティブヘルスニーズに対する支援の構築
    科学研究費補助金・基盤研究C
    2020 - 2022
  • 薬物事犯による刑事施設入所中の累犯受刑者の保健医療ニーズと社会生活定着要件
    科学研究費補助金・挑戦的研究(萌芽)
    2018/07 - 2021/03 principal_investigator
  • 結核等の健康課題をもつ刑事施設被収容者等の包括的継続健康生活支援
    科学研究費補助金・基盤研究C
    2017/04 - 2021/03
  • 震災復興課程における育児困難感を軽減するソーシャルサポート要件
    科学研究費補助金・基盤研究C
    2017/04 - 2020/03
特許 patents
社会貢献活動 social contribution
  • 長崎県精神保健福祉審議会委員
    助言・指導 2020年01月07日 -
  • 長崎県産業衛生研究会 講師
    講師 2017年 -
  • 保健事業支援・評価委員会 委員・委員長
    助言・指導 長崎県国民健康保険団体連合会 2014年 -
  • 日本熱帯医学会・評議員
    運営参加・支援 2012年 -
  • 日本国際保健医療学会・理事
    運営参加・支援 2012年 -
  • 日本公衆衛生学会・代議員
    運営参加・支援 2008年 -
  • 国際協力機構 エイズ対策職種支援委員
    助言・指導 2006年 -
  • 特定非営利活動法人健康都市推進会議 理事
    運営参加・支援 2006年 -
  • 特定非営利活動法人 HANDS テクニカルアドバイザー
    助言・指導 2003年 -
  • 衛生管理業務研究会
    講師 衛生管理業務研究会(株式会社トヨタプロダ クションエンジニアリング) 2012年 - 2014年
  • 長崎県精神保健福祉審議会委員
    advisor 2020/01/07 -
  • 長崎県産業衛生研究会 講師
    lecturer 2017 -
  • 保健事業支援・評価委員会 委員・委員長
    advisor 長崎県国民健康保険団体連合会 2014 -
  • 日本熱帯医学会・評議員
    organizing_member 2012 -
  • 日本国際保健医療学会・理事
    organizing_member 2012 -
  • 日本公衆衛生学会・代議員
    organizing_member 2008 -
  • 国際協力機構 エイズ対策職種支援委員
    advisor 2006 -
  • 特定非営利活動法人健康都市推進会議 理事
    organizing_member 2006 -
  • 特定非営利活動法人 HANDS テクニカルアドバイザー
    advisor 2003 -
  • 衛生管理業務研究会
    lecturer 衛生管理業務研究会(株式会社トヨタプロダ クションエンジニアリング) 2012 - 2014
メディア報道 media_coverage
学術貢献活動 academic_contribution
その他 etc

トップへ