背景画像1
長崎大学 教員等総覧データベース教員等総覧データベース
長崎大学 教員等総覧データベースComprehensive Database of Researchers
究者詳細情報
最終更新日:2024年02月01日
Detail
last updated:2024/02/01
研究者顔写真
氏 名 name 山吉 麻子 / やまよし あさこ Yamayoshi Asako
所属 department 生命医科学域(薬学系) Institute of Biomedical Sciences(Pharmacy)
職名 official title 教授 Professor
学位 degree 博士(学術) Ph.D.
E-mail
ホームページ http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/function/index-j.html
Homepage http://www.hakubi.kyoto-u.ac.jp/eng/02_mem/06yamayoshi.shtml
研究キーワード research interests 5メチルシトシン,核酸化学,核酸医薬,microRNA,抗体結合型核酸,エクソソーム 5-methylcytosine,Nucleic Acid Chemistry,Nucleic Acid Medicine,microRNA,Antibody-oligonucleotide conjugate,exosome
研究分野 research research_areas 生体医工学,その他,生物分子化学 Biomedical engineering,Other,Molecular biochemistry
学歴 education
  • 2000年04月
    2003年07月
    京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科
  • 1998年04月
    2000年03月
    京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科
  • 1994年04月
    1998年03月
    京都工芸繊維大学 繊維学部
  • 1990年04月
    1993年03月
    大阪府立豊中高等学校
  • 2000/04
    2003/07
    Kyoto Institute of Technology Graduate School of Science and Engineering
  • 1998/04
    2000/03
    Kyoto Institute of Technology Graduate School of Science and Engineering
  • 1994/04
    1998/03
    Kyoto Institute of Technology Faculty of Textile Science
  • 1990/04
    1993/03
    TOYONAKA SENIOR HIGH SCHOOL
経歴 experience
  • 2018年03月
    長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科(薬学系) 教授
  • 2021年04月
    2022年03月
    (兼任)大阪大学 工学部 特任教授
  • 2017年10月
    2021年03月
    (兼任)JST さきがけ さきがけ研究者
  • 2015年04月
    2018年02月
    京都大学 白眉センター 特定准教授
  • 2007年05月
    2015年03月
    京都工芸繊維大学 生体分子工学部門 助教
  • 2007年03月
    2007年05月
    京都工芸繊維大学 生体分子工学部門 助手
  • 2005年04月
    2007年03月
    九州大学 先導物質化学研究所 特任助手
  • 2003年08月
    2005年03月
    九州大学 生体防御医学研究所 学術研究員
  • 2018/03
    Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences Professor
  • 2021/04
    2022/03
    Osaka University School of Engineering Specially Appointed Professor
  • 2017/10
    2021/03
    JST さきがけ Sakigake Researcher
  • 2015/04
    2018/02
    Kyoto University The Hakubi Center for Advanced Research Associate Professor
  • 2007/05
    2015/03
    Kyoto Institute of Technology Department of Biomolecular Engineering Assisitant Professor
  • 2007/03
    2007/05
    Kyoto Institute of Technology Department of Biomolecular Engineering Assistant Professor
  • 2005/04
    2007/03
    Kyushu University Institute for Materials Chemistry and Engineering Assistant Professor
  • 2003/08
    2005/03
    Kyushu University Medical Institute of Bioregulation Post-doctral Fellow
委員歴 committee memberships
  • 2023年06月
    Journal of Controlled Release (Elsevier) Editorial Board
  • 2022年07月
    日本DDS学会 評議員
  • 2022年04月
    日本細胞外小胞学会 理事
  • 2021年07月
    日本ケミカルバイオロジー学会 世話人
  • 2020年09月
    日本核酸化学会 役員 運営委員
  • 2020年04月
    文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 専門調査員
  • 2020年04月
    日本薬剤学会 超分子FG 広報担当幹事
  • 2020年01月
    遺伝子・デリバリー研究会 役員
  • 2015年04月
    日本核酸医薬学会 幹事・評議員
  • 2021年04月
    2023年03月
    日本薬学会 九州山口支部 幹事
  • 2023/06
    Journal of Controlled Release (Elsevier) Editorial Board
  • 2022/07
    日本DDS学会 評議員
  • 2022/04
    Japanese Society for Extracellular Vesicles Director
  • 2021/07
    日本ケミカルバイオロジー学会 世話人
  • 2020/09
    日本核酸化学会 役員 運営委員
  • 2020/04
    文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 専門調査員
  • 2020/04
    日本薬剤学会 超分子FG 広報担当幹事
  • 2020/01
    遺伝子・デリバリー研究会 役員
  • 2015/04
    日本核酸医薬学会 幹事・評議員
  • 2021/04
    2023/03
    日本薬学会 九州山口支部 幹事
所属学協会 association memberships 日本薬学会,日本薬剤学会,American Chemical Society,日本細胞外小胞学会,Oligonucleotide Therapeutic Society,日本化学会,高分子学会,日本核酸医薬学会,日本核酸化学会,日本DDS学会,日本分子生物学会 THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN,THE ACADEMY OF PHARMACEUTICAL SCIENCE AND TECHNOLOGY, JAPAN,American Chemical Society,Japanese Society for Extracellular Vesicles,Oligonucleotide Therapeutic Society,THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN,THE SOCIETY OF POLYMER SCIENCE, JAPAN,THE NUCLEIC ACID THERAPEUTIC SOCIETY OF JAPAN,NUCLEIC ACID CHEMISTRY OF JAPAN,THE JAPAN SOCIETY OF DRUG DELIVERY SYSTEM,THE MOLECULAR BIOLOGY SOCIETY OF JAPAN
受賞 awards
  • 2022年08月
    日本核酸医薬学会 学術賞
  • 2021年10月
    長崎大学 第6回「長崎大学未来に羽ばたく女性研究者賞」 優秀女性研究者賞
  • 2022年08月
    Nucleic Acids Therapeutics Society of Japan Academic Award
  • 2021年10月
    長崎大学 第6回「長崎大学未来に羽ばたく女性研究者賞」
論文 papers
  • Publisher Correction: Dynamic and static control of the off-target interactions of antisense oligonucleotides using toehold chemistry. Chisato Terada,Kaho Oh,Ryutaro Tsubaki,Bun Chan,Nozomi Aibara,Kaname Ohyama,Masa-Aki Shibata,Takehiko Wada,Mariko Harada-Shiba,Asako Yamayoshi,Tsuyoshi Yamamoto Nature communications 15巻1号271頁-271頁 2024年01月04日
  • Modular Synthesis of Methyl-Substituted Novel Psoralen N-Hydroxysuccinimide Esters and Evaluation of DNA Photo-Crosslinking Properties of the Corresponding Triplex-Forming Oligonucleotide Conjugates Yu Mikame,Nagisa Maekawa,Soichiro Kimura,Juki Nakao,Asako Yamayoshi Synlett 2023年12月14日
  • Recent Advancements in Development and Therapeutic Applications of Genome-Targeting Triplex-Forming Oligonucleotides and Peptide Nucleic Acids. Yu Mikame,Asako Yamayoshi Pharmaceutics 15巻10号 2023年10月23日
  • Development and Crosslinking Properties of Psoralen-Conjugated Triplex-Forming Oligonucleotides as Antigene Tools Targeting Genome DNA Yu Mikame,Honoka Eshima,Haruki Toyama,Juki Nakao,Misaki Matsuo,Tsuyoshi Yamamoto,Yoshiyuki Hari,Jun A. Komano,Asako Yamayoshi ChemMedChem e202300348頁- 2023年09月14日
  • Exosome-hijacking drug delivery system with branched arginine linker effectively deliver antisense oligonucleotides into lung adeno-carcinoma cells. Shota Oyama,Mao Tomita,Moeka Hata,Yu Mikame,Tsuyoshi Yamamoto,Eishi Ashihara,Asako Yamayoshi Chem. Pharm. Bull. 2023年09月12日
  • Unique Crosslinking Properties of Psoralen-conjugated Oligonucleotides developed by Novel Psoralen N-Hydroxysuccinimide Esters. Juki Nakao,Yu Mikame,Honoka Eshima,Tsuyoshi Yamamoto,Chikara Dohno,Takehiko Wada,Asako Yamayoshi Chembiochem (ChemBioTalents2022) e202200789頁- 2023年03月10日
  • Microfluidic Post-Insertion Method for the Efficient Preparation of PEGylated Liposomes Using High Functionality and Quality Lipids Yuri Sugimoto,Tadaharu Suga,Naoya Kato,Mizuki Umino,Asako Yamayoshi,Hidefumi Mukai,Shigeru Kawakami International Journal of Nanomedicine Volume 17巻6675頁-6686頁 2022年12月
  • Investigation of enhanced intracellular delivery of nanomaterials modified with novel cell-penetrating zwitterionic peptide-lipid derivatives. Yuri Sugimoto,Tadaharu Suga,Mizuki Umino,Asako Yamayoshi,Hidefumi Mukai,Shigeru Kawakami Drug delivery 30巻1号2191891頁-2191891頁 2022年12月
  • Chemistry of Therapeutic Oligonucleotides That Drives Interactions with Biomolecules Chisato Terada,Seiya Kawamoto,Asako Yamayoshi,Tsuyoshi Yamamoto Pharmaceutics 14巻12号2647頁-2647頁 2022年11月29日
  • Synthesis and Evaluation of Oligonucleotide-Containing 2’-<i>O</i>-{[(4,5’,8-trimethylpsoralen)-4’-ylmethoxy]ethylaminocarb-onyl}adenosine as Photo-crosslinkable Gene Targeting Tools Yu Mikame,Yui Sakai,Ryo Tahara,Kinuka Doi,Tsuyoshi Yamamoto,Chikara Dohno,Takayuki Shibata,Asako Yamayoshi Chemical and Pharmaceutical Bulletin 70巻10号726頁-730頁 2022年07月
  • Publisher Correction: Dynamic and static control of the off-target interactions of antisense oligonucleotides using toehold chemistry. Chisato Terada,Kaho Oh,Ryutaro Tsubaki,Bun Chan,Nozomi Aibara,Kaname Ohyama,Masa-Aki Shibata,Takehiko Wada,Mariko Harada-Shiba,Asako Yamayoshi,Tsuyoshi Yamamoto Nature communications 15.1.271-271 2024/01/04
  • Modular Synthesis of Methyl-Substituted Novel Psoralen N-Hydroxysuccinimide Esters and Evaluation of DNA Photo-Crosslinking Properties of the Corresponding Triplex-Forming Oligonucleotide Conjugates Yu Mikame,Nagisa Maekawa,Soichiro Kimura,Juki Nakao,Asako Yamayoshi Synlett 2023/12/14
  • Recent Advancements in Development and Therapeutic Applications of Genome-Targeting Triplex-Forming Oligonucleotides and Peptide Nucleic Acids. Yu Mikame,Asako Yamayoshi Pharmaceutics 15.10. 2023/10/23
  • Development and Crosslinking Properties of Psoralen-Conjugated Triplex-Forming Oligonucleotides as Antigene Tools Targeting Genome DNA Yu Mikame, Honoka Eshima, Haruki Toyama, Juki Nakao, Misaki Matsuo, Tsuyoshi Yamamoto, Yoshiyuki Hari, Jun A. Komano, and Asako Yamayoshi ChemMedChem e202300348- 2023/09/14
  • Exosome-hijacking drug delivery system with branched arginine linker effectively deliver antisense oligonucleotides into lung adeno-carcinoma cells. Shota Oyama,Mao Tomita,Moeka Hata,Yu Mikame,Tsuyoshi Yamamoto,Eishi Ashihara,Asako Yamayoshi Chem. Pharm. Bull. 2023/09/12
  • Unique Crosslinking Properties of Psoralen-conjugated Oligonucleotides developed by Novel Psoralen N-Hydroxysuccinimide Esters. Juki Nakao,Yu Mikame,Honoka Eshima,Tsuyoshi Yamamoto,Chikara Dohno,Takehiko Wada,Asako Yamayoshi Chembiochem (ChemBioTalents2022) e202200789- 2023/03/10
  • Microfluidic Post-Insertion Method for the Efficient Preparation of PEGylated Liposomes Using High Functionality and Quality Lipids Yuri Sugimoto,Tadaharu Suga,Naoya Kato,Mizuki Umino,Asako Yamayoshi,Hidefumi Mukai,Shigeru Kawakami International Journal of Nanomedicine Volume 17.6675-6686 2022/12
  • Investigation of enhanced intracellular delivery of nanomaterials modified with novel cell-penetrating zwitterionic peptide-lipid derivatives. Yuri Sugimoto,Tadaharu Suga,Mizuki Umino,Asako Yamayoshi,Hidefumi Mukai,Shigeru Kawakami Drug delivery 30.1.2191891-2191891 2022/12
  • Chemistry of Therapeutic Oligonucleotides That Drives Interactions with Biomolecules Chisato Terada,Seiya Kawamoto,Asako Yamayoshi,Tsuyoshi Yamamoto Pharmaceutics 14.12.2647-2647 2022/11/29
  • Synthesis and Evaluation of Oligonucleotide-Containing 2’-<i>O</i>-{[(4,5’,8-trimethylpsoralen)-4’-ylmethoxy]ethylaminocarb-onyl}adenosine as Photo-crosslinkable Gene Targeting Tools Yu Mikame,Yui Sakai,Ryo Tahara,Kinuka Doi,Tsuyoshi Yamamoto,Chikara Dohno,Takayuki Shibata,Asako Yamayoshi Chemical and Pharmaceutical Bulletin 70.10.726-730 2022/07
MISC
  • ゲノムDNAを標的とした光駆動核酸の開発—特集 多様化するバイオテクノロジーと光技術 中尾 樹希,三瓶 悠,山吉 麻子 光アライアンス / 光アライアンス編集委員会 編 34巻10号30頁-34頁 2023年10月
  • 核酸医薬とゲノム編集技術 三瓶悠,山本剛史,山吉麻子 CLINICAL NEUROSCIENCE 「核酸医薬と神経疾患」 41巻 2023年05月
  • 物質共生の観点からDDSを考える 〜「共生」と「非共生」の狭間で〜 山吉麻子 Drug delivery system : DDS : official journal of the Japan Society of Drug Delivery System 37巻2号99頁-99頁 2022年03月
  • 核酸医薬の物性制御による有効性・安全性へのアプローチ 〜核酸医薬との物質共生に向けて〜 山本剛史,山吉麻子 Drug delivery system : DDS : official journal of the Japan Society of Drug Delivery System 37巻2号131頁-141頁 2022年03月
  • エクソソーム表面抗原に着目した新たな創薬モダリティの探索 大山将大,山吉麻子 Drug delivery system : DDS : official journal of the Japan Society of Drug Delivery System 36巻2号108頁-116頁 2021年
  • Vasohibin2発現抑制による癌治療法を指向した高効率標的RNA切断機能付与型キメラ人工核酸の開発-1 和田健彦,矢野輝,佐藤俊幸,稲垣雅仁,稲垣雅仁,西嶋政樹,鈴木康弘,鈴木康弘,山本剛史,荒木保幸,山吉麻子,佐藤靖史,佐藤靖史 日本核酸医薬学会年会講演要旨集(CD-ROM) 6th巻 2021年
  • エクソソーム随伴導入型薬物送達システムの開発 山吉麻子 YAKUGAKUZASSHI 140巻625頁-631頁 2020年05月
  • 新しい創薬モダリティ:核酸医薬 山吉 麻子 人工臓器 48巻3号195頁-198頁 2019年12月
  • 仕事と私事 〜お母さんとお父さんの狭間で〜 山吉 麻子 高分子学会誌, 11巻612頁- 2019年11月
  • 長崎の中心で核酸化学を叫ぶ 山吉 麻子 日本核酸化学会誌 2018年11月
  • 中尾 樹希,三瓶 悠,山吉 麻子 光アライアンス / 光アライアンス編集委員会 編 34.10.30-34 2023/10
  • 三瓶悠,山本剛史,山吉麻子 CLINICAL NEUROSCIENCE 「核酸医薬と神経疾患」 41. 2023/05
  • 物質共生の観点からDDSを考える 〜「共生」と「非共生」の狭間で〜 Asako Yamayoshi Drug delivery system : DDS : official journal of the Japan Society of Drug Delivery System 37.2.99-99 2022/03
  • 核酸医薬の物性制御による有効性・安全性へのアプローチ 〜核酸医薬との物質共生に向けて〜 Tsuyoshi Yamamoto,Asako Yamayoshi Drug delivery system : DDS : official journal of the Japan Society of Drug Delivery System 37.2.131-141 2022/03
  • Discovery of exosomal surface antigens for novel drug delivery systems Shota Oyama,Asako Yamayoshi Drug delivery system : DDS : official journal of the Japan Society of Drug Delivery System 36.2.108-116 2021
  • Studies on Synthesis and Property of Chimeric Artificial Nucleic Acid Conjugated with DNA for Catalytic Target Vasohibin2 RNA Cleavage-1 和田健彦,矢野輝,佐藤俊幸,稲垣雅仁,稲垣雅仁,西嶋政樹,鈴木康弘,鈴木康弘,山本剛史,荒木保幸,山吉麻子,佐藤靖史,佐藤靖史 日本核酸医薬学会年会講演要旨集(CD-ROM) 6th. 2021
  • 山吉麻子 YAKUGAKUZASSHI 140.625-631 2020/05
  • 山吉 麻子 人工臓器 48.3.195-198 2019/12
  • 山吉 麻子 高分子学会誌, 11.612- 2019/11
  • 山吉 麻子 日本核酸化学会誌 2018/11
書籍等出版物 books
  • 医薬品におけるDDS技術開発と製剤への応用
    大山将大,相馬瑛美,芦原英司,山吉麻子
    株式会社 情報機構
    2021年12月23日
  • 実験医学増刊 Vol.39 No.17「核酸医薬 本領を発揮する創薬モダリティ」(横田隆徳/編)
    中尾樹希,山本剛史,山吉麻子
    羊土社
    2021年10月20日
  • 核酸科学ハンドブック
    杉本, 直己,日本核酸化学会,講談社サイエンティフィク
    講談社
    2020年12月
    9784065207864
  • 医薬品開発における中分子領域(核酸医薬・ペプチド医薬品)での開発戦略
    山吉 麻子
    情報機構
    2019年10月
  • 中分子医薬開発に資するペプチド・核酸・糖鎖の合成・高機能化技術
    山吉 麻子
    ジーエムシー出版
    2018年04月
    9784781313207
  • 先端治療技術の実用化と開発戦略
    有吉純平,山吉麻子
    情報科学協会
    2017年03月
  • Current Protocols in Nucleic Acid Chemistry
    A. Kobori,A.Yamayoshi,A. Murakami
    Wiley Interscience
    2014年09月
  • 核酸医薬の最前線
    山吉麻子,村上 章
    ジーエムシー出版
    2009年02月
  • 分子細胞生物学基礎実験法
    村上 章,山吉 麻子
    南光堂
    2004年03月
  • Photodynamic antisense regulation of human cervical carcinoma cell growth using psoralen-conjugated oligonucleotides
    山吉 麻子
    [Yamayoshi Asako]
    2003年
  • 医薬品におけるDDS技術開発と製剤への応用
    大山将大,相馬瑛美,芦原英司,山吉麻子
    株式会社 情報機構
    2021/12/23
  • 実験医学増刊 Vol.39 No.17「核酸医薬 本領を発揮する創薬モダリティ」(横田隆徳/編)
    中尾樹希,山本剛史,山吉麻子
    羊土社
    2021/10/20
  • 核酸科学ハンドブック
    杉本, 直己,日本核酸化学会,講談社サイエンティフィク
    講談社
    2020/12
    9784065207864
  • 医薬品開発における中分子領域(核酸医薬・ペプチド医薬品)での開発戦略
    山吉 麻子
    情報機構
    2019/10
  • 中分子医薬開発に資するペプチド・核酸・糖鎖の合成・高機能化技術
    山吉 麻子
    ジーエムシー出版
    2018/04
    9784781313207
  • 先端治療技術の実用化と開発戦略
    有吉純平,山吉麻子
    情報科学協会
    2017/03
  • Current Protocols in Nucleic Acid Chemistry
    A. Kobori,A.Yamayoshi,A. Murakami
    Wiley Interscience
    2014/09
  • 核酸医薬の最前線
    山吉麻子,村上 章
    ジーエムシー出版
    2009/02
  • 分子細胞生物学基礎実験法
    村上 章,山吉 麻子
    南光堂
    2004/03
  • Photodynamic antisense regulation of human cervical carcinoma cell growth using psoralen-conjugated oligonucleotides
    山吉 麻子
    [Yamayoshi Asako]
    2003
講演・口頭発表等 conference
  • Development of novel antibody-oligonucleotide complexes to hijack exosome for functional inhibition of exosomal microRNAs
    Shota Oyama,Aiko Yoshida,Kuon Kanazawa,Manami Urata,Yu Mikame,Tsuyoshi Yamamoto,Yusuke Ohba,Asako Yamayoshi
    The 43rd Annual Meeting of the Japan Spciety for Biomaterials & 8th Asian Biomaterials Congress
    2021年11月29日
    2021年11月26日
    2021年11月30日
  • エクソソーム随伴導入型薬物送達システムから「物質共生」を考える
    山吉麻子
    日本薬剤学会第36年会 ラウンドテーブル「シンバイオティック・マテリアルの実現と新しい創薬モダリティを考える」
    2021年05月13日
    2021年05月13日
    2021年05月15日
  • エクソソーム随伴型薬物送達システムによる核酸医薬の細胞内送達
    山吉麻子,大山将大,錦織大介,和田健彦,山本剛史
    第14回バイオ関連化学シンポジウム
    2020年09月08日
    2020年09月07日
    2020年09月08日
  • エクソソーム随伴導入型薬物送達システムから「物質共生」を考える
    山吉麻子
    静岡県立大学第288回 月例薬学セミナー
    2020年12月21日
  • Development of Novel Nucleic Acid Drugs targeting non-coding Genes and Material Symbiosis
    Asako Yamayoshi
    International Symposium for the 80th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan (2023 Joint Meeting of the Tohoku Area Chemistry Societies)
    2023年09月23日
  • Exosome-hijacking drug delivery system targeting circulating microRNAs
    Asako Yamayoshi
    The 8th NatsJ
    2023年07月14日
  • Symbiotic exosome-hijacking drug delivery system targeting circulating microRNAs
    Asako Yamayoshi
    Transformative Research Area (B) “SPEED” Symposium -a Bridge between Chemistry and Biotechnology-
    2023年07月10日
  • Development of Novel Exosome-Hijacking Drug Delivery System for Targeting Exosomal-microRNAs
    Asako Yamayoshi
    Gordon Research Conference: Nucleosides, Nucleotides and Oligonucleotides: Chemical Biology of Nucleosides and Nucleic Acids Towards Human Therapeutics
    2023年06月26日
  • Novel symbiotic exosome-hijacking drug delivery system targeting exosomal-microRNAs
    Asako Yamayoshi
    The 7th Gratama Workshop
    2023年05月11日
  • Artificial nucleic acids and DDS for material symbiosis
    Asako Yamayoshi
    1st Material Symbiosis International Symposium / 3rd GI-CoRE/GSD International Symposium / 28th Pharmascience Forum
    2023年03月30日
  • Development of novel antibody-oligonucleotide complexes to hijack exosome for functional inhibition of exosomal microRNAs
    Shota Oyama,Aiko Yoshida,Kuon Kanazawa,Manami Urata,Yu Mikame,Tsuyoshi Yamamoto,Yusuke Ohba,Asako Yamayoshi
    The 43rd Annual Meeting of the Japan Spciety for Biomaterials & 8th Asian Biomaterials Congress
    2021/11/29
    2021/11/26
    2021/11/30
  • エクソソーム随伴導入型薬物送達システムから「物質共生」を考える
    山吉麻子
    日本薬剤学会第36年会 ラウンドテーブル「シンバイオティック・マテリアルの実現と新しい創薬モダリティを考える」
    2021/05/13
    2021/05/13
    2021/05/15
  • エクソソーム随伴型薬物送達システムによる核酸医薬の細胞内送達
    山吉麻子,大山将大,錦織大介,和田健彦,山本剛史
    第14回バイオ関連化学シンポジウム
    2020/09/08
    2020/09/07
    2020/09/08
  • エクソソーム随伴導入型薬物送達システムから「物質共生」を考える
    山吉麻子
    静岡県立大学第288回 月例薬学セミナー
    2020/12/21
  • Development of Novel Nucleic Acid Drugs targeting non-coding Genes and Material Symbiosis
    Asako Yamayoshi
    International Symposium for the 80th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan (2023 Joint Meeting of the Tohoku Area Chemistry Societies)
    2023/09/23
  • Exosome-hijacking drug delivery system targeting circulating microRNAs
    Asako Yamayoshi
    The 8th NatsJ
    2023/07/14
  • Symbiotic exosome-hijacking drug delivery system targeting circulating microRNAs
    Asako Yamayoshi
    Transformative Research Area (B) “SPEED” Symposium -a Bridge between Chemistry and Biotechnology-
    2023/07/10
  • Development of Novel Exosome-Hijacking Drug Delivery System for Targeting Exosomal-microRNAs
    Asako Yamayoshi
    Gordon Research Conference: Nucleosides, Nucleotides and Oligonucleotides: Chemical Biology of Nucleosides and Nucleic Acids Towards Human Therapeutics
    2023/06/26
  • Novel symbiotic exosome-hijacking drug delivery system targeting exosomal-microRNAs
    Asako Yamayoshi
    The 7th Gratama Workshop
    2023/05/11
  • Artificial nucleic acids and DDS for material symbiosis
    Asako Yamayoshi
    1st Material Symbiosis International Symposium / 3rd GI-CoRE/GSD International Symposium / 28th Pharmascience Forum
    2023/03/30
担当経験のある項目 teaching experience 教養物理化学,薬品物理化学,生物物理化学,臨床検査学,ヘルスサイエンス特論,創薬科学,薬学基礎実習,生体分子解析学,薬学概論,ビギナーのための物理化学,統合生命科学,国際高等教育院共通教育 ILASセミナー 教養物理化学,薬品物理化学,生物物理化学,臨床検査学,ヘルスサイエンス特論,創薬科学,薬学基礎実習,生体分子解析学,薬学概論,ビギナーのための物理化学,統合生命科学,国際高等教育院共通教育 ILASセミナー
Works
競争的資金等の研究課題 research grants
  • レトロウイルス感染症の根治を目指した新規光ゲノム編集技術の開発
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    2022年04月 - 2026年03月 研究代表者
  • マテリアルシンバイオシスための生命物理化学
    日本学術振興会 科学研究費助成事業
    2020年11月19日 - 2025年03月31日
  • マテリアル・シンバイオシスのための生命物理化学
    文部科学省 科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A)
    2020年11月 - 2025年03月 研究代表者
  • 非天然核酸が誘導する免疫惹起機構と「弱い相互作用」の解明
    文部科学省 科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A)
    2020年11月 - 2025年03月 研究代表者
  • 病原因子の分解を誘導する分子標的型新規抗菌剤の開発基盤の構築
    日本学術振興会 科学研究費助成事業
    2020年04月01日 - 2024年03月31日
  • 革新的多段階作用型中枢移行性脳アミロイドーシス治療薬の開発
    日本学術振興会 科学研究費助成事業
    2020年04月01日 - 2023年03月31日
  • DNA のエピジェネティク修飾を標的とした新規遺伝子制御分子の開発
    物質・デバイス領域共同研究拠点 2021 年度 物質・デバイス領域共同研究課題(展開B)
    2021年04月 - 2022年03月 研究代表者
  • プロウィルスゲノムを標的とした光ゲノム編集技術開発
    上原記念生命科学財団 研究推進特別奨励金
    2020年01月 - 2021年04月 研究代表者
  • DNAのエピジェネティク修飾を標的とした新規遺伝子制御分子の開発
    物質・デバイス領域共同研究拠点 2020年度 物質・デバイス領域共同研究課題 展開B
    2020年04月 - 2021年03月 研究代表者
  • 体液循環型ノンコーディングRNA を標的とした癌転移狙撃システムの構築
    日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)
    2018年04月 - 2021年03月 研究代表者
  • Development of novel light-triggerd genome editing system targeting retroviral infections
    Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
    2022/04 - 2026/03 principal_investigator
  • Biophysical Chemistry for Material Symbiosis
    Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research
    2020/11/19 - 2025/03/31
  • Biophysical Chemistry for Material Symbiosis
    Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Transformative Research Areas (A)
    2020/11 - 2025/03 principal_investigator
  • Identification of Symbiotic Communication between Artificial Nucleic Acids and Human Immune Systems
    Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Transformative Research Areas (A)
    2020/11 - 2025/03 principal_investigator
  • 病原因子の分解を誘導する分子標的型新規抗菌剤の開発基盤の構築
    日本学術振興会 科学研究費助成事業
    2020/04/01 - 2024/03/31
  • Development of innovative drugs having multistep action for treatment of central cerebral amyloidosis
    Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research
    2020/04/01 - 2023/03/31
  • DNA のエピジェネティク修飾を標的とした新規遺伝子制御分子の開発
    物質・デバイス領域共同研究拠点 2021 年度 物質・デバイス領域共同研究課題(展開B)
    2021/04 - 2022/03 principal_investigator
  • プロウィルスゲノムを標的とした光ゲノム編集技術開発
    上原記念生命科学財団 研究推進特別奨励金
    2020/01 - 2021/04 principal_investigator
  • DNAのエピジェネティク修飾を標的とした新規遺伝子制御分子の開発
    物質・デバイス領域共同研究拠点 2020年度 物質・デバイス領域共同研究課題 展開B
    2020/04 - 2021/03 principal_investigator
  • 体液循環型ノンコーディングRNA を標的とした癌転移狙撃システムの構築
    日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)
    2018/04 - 2021/03 principal_investigator
特許 patents
  • 新規ソラレン類化合物
    山吉麻子,三瓶悠
    特願2022-206081 2022年12月22日
  • ターゲット分析チップおよびターゲット分析方法
    村上 章,小堀 哲生,山吉 麻子,野田 雄一郎,近藤 正幸
    特願2018-145075 2018年08月01日
  • エクソソームの遺伝子機能を抑制することができる複合体、がんの増殖及び/又は転移抑制剤
    山吉 麻子,村上 章,芦原 英司,小堀 哲生
    JP2017005994 2017年02月17日
  • ターゲットの分析方法及びターゲット分析チップ
    村上 章,小堀 哲生,山吉 麻子,野田 雄一郎
    JP2017001280 2017年01月16日
  • エクソソームのmiRNAの機能を抑制することができる複合体複合体、がんの増殖及び/又は転移抑制剤
    山吉麻子,村上章,芦原英司,小堀哲生
    特願2016-28924 2016年02月18日
  • ターゲット分析チップおよびターゲット分析方法
    村上 章,小堀 哲生,山吉 麻子,野田 雄一郎,近藤 正幸
    JP2016051925 2016年01月22日
  • 核酸結合性物質の評価法
    丸山 厚,新谷 彩,東條 野歩,山吉 麻子,狩野 有宏
    特願2006-238752 2006年09月04日
  • 核酸結合性物質の評価法
    丸山 厚,新谷 彩,東條 野歩,山吉 麻子,狩野 有宏
    特願2006-238752 2006年09月04日
  • 光架橋型アンチセンスDNAおよびそれを用いた遺伝子発現制御法
    村上 章,和気 徳夫,山吉 麻子,加藤 聖子
    特願2002-148521 2002年05月23日
  • ターゲット分析チップおよびターゲット分析方法
    村上章,小堀哲生,山吉麻子,野田雄一郎,近藤正幸
    特願2015-10639
  • 新規ソラレン類化合物
    山吉麻子,三瓶悠
    特願2022-206081 2022/12/22
  • ターゲット分析チップおよびターゲット分析方法
    村上 章,小堀 哲生,山吉 麻子,野田 雄一郎,近藤 正幸
    特願2018-145075 2018/08/01
  • エクソソームの遺伝子機能を抑制することができる複合体、がんの増殖及び/又は転移抑制剤
    山吉 麻子,村上 章,芦原 英司,小堀 哲生
    JP2017005994 2017/02/17
  • ターゲットの分析方法及びターゲット分析チップ
    村上 章,小堀 哲生,山吉 麻子,野田 雄一郎
    JP2017001280 2017/01/16
  • エクソソームのmiRNAの機能を抑制することができる複合体複合体、がんの増殖及び/又は転移抑制剤
    山吉麻子,村上章,芦原英司,小堀哲生
    特願2016-28924 2016/02/18
  • ターゲット分析チップおよびターゲット分析方法
    村上 章,小堀 哲生,山吉 麻子,野田 雄一郎,近藤 正幸
    JP2016051925 2016/01/22
  • 核酸結合性物質の評価法
    丸山 厚,新谷 彩,東條 野歩,山吉 麻子,狩野 有宏
    特願2006-238752 2006/09/04
  • 核酸結合性物質の評価法
    丸山 厚,新谷 彩,東條 野歩,山吉 麻子,狩野 有宏
    特願2006-238752 2006/09/04
  • 光架橋型アンチセンスDNAおよびそれを用いた遺伝子発現制御法
    村上 章,和気 徳夫,山吉 麻子,加藤 聖子
    特願2002-148521 2002/05/23
  • ターゲット分析チップおよびターゲット分析方法
    村上章,小堀哲生,山吉麻子,野田雄一郎,近藤正幸
    特願2015-10639
社会貢献活動 social contribution
  • [コラム掲載] 晩婚・高齢出産夫婦のライフ・ワーク・バランス
    寄稿 全国ダイバーシティネットワーク組織 2021年10月20日 -
  • 長崎県教育委員会 高大連携推進委員
    講師 2020年04月01日 -
  • 「夢・憧れ・志」を育むキャリア教育支援プログラム
    講師,運営参加・支援 長崎大学 生涯教育センター 2022年12月12日 - 2022年12月12日
  • 令和3年度 長崎大学リケジョ育成プログラム 志セミナー
    運営参加・支援 長崎大学 生涯教育センター 2021年12月04日 - 2022年12月04日
  • 令和2年度 夢・憧れ・志を育むリケジョ育成プログラム 憧れセミナー(研究室訪問)
    講師 2020年10月25日 - 2020年10月25日
  • 日本核酸医薬学会 生物セッション 第4回サテライトシンポジウム
    司会,企画,運営参加・支援 日本核酸医薬学会 2019年10月26日 - 2019年10月26日
  • リケジョ教職員セミナー
    出演 長崎大学ダイバーシティ推進センター 2019年09月28日 - 2019年09月28日
  • 遺伝子デリバリー研究会 第19回夏期セミナー
    司会,企画,運営参加・支援 遺伝子デリバリー研究会 2019年09月01日 - 2019年09月02日
  • 日本核酸医薬学会 生物セッション 第3回サテライトシンポジウム
    運営参加・支援 日本核酸医薬学会 2018年11月10日 - 2018年11月10日
  • 日本核酸医薬学会 生物セッション 第2回サテライトシンポジウム
    運営参加・支援 2018年07月08日 - 2018年07月08日
  • [コラム掲載] 晩婚・高齢出産夫婦のライフ・ワーク・バランス
    contribution 全国ダイバーシティネットワーク組織 2021/10/20 -
  • 長崎県教育委員会 高大連携推進委員
    lecturer 2020/04/01 -
  • 「夢・憧れ・志」を育むキャリア教育支援プログラム
    lecturer,organizing_member 長崎大学 生涯教育センター 2022/12/12 - 2022/12/12
  • 令和3年度 長崎大学リケジョ育成プログラム 志セミナー
    organizing_member 長崎大学 生涯教育センター 2021/12/04 - 2022/12/04
  • 令和2年度 夢・憧れ・志を育むリケジョ育成プログラム 憧れセミナー(研究室訪問)
    lecturer 2020/10/25 - 2020/10/25
  • 日本核酸医薬学会 生物セッション 第4回サテライトシンポジウム
    presenter,planner,organizing_member 日本核酸医薬学会 2019/10/26 - 2019/10/26
  • リケジョ教職員セミナー
    appearance 長崎大学ダイバーシティ推進センター 2019/09/28 - 2019/09/28
  • 遺伝子デリバリー研究会 第19回夏期セミナー
    presenter,planner,organizing_member 遺伝子デリバリー研究会 2019/09/01 - 2019/09/02
  • 日本核酸医薬学会 生物セッション 第3回サテライトシンポジウム
    organizing_member 日本核酸医薬学会 2018/11/10 - 2018/11/10
  • 日本核酸医薬学会 生物セッション 第2回サテライトシンポジウム
    organizing_member 2018/07/08 - 2018/07/08
メディア報道 media_coverage
  • DNAの直接光操作に挑む」医工連携の実践者91 山吉麻子 長崎大学教授
    医薬経済 医薬経済
    2023年05月15日
  • 遺伝子の光反応を実現する新しい光架橋性化合物の開発に成功〜あらゆる分子への光反応性の付与を可能とする万能分子に期待
    長崎大学 プレスリリース https://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/guidance/kouhou/press/file/2022/20230324-1.pdf
    2023年03月24日
  • 光反応で遺伝子の小さな「しるし」を検出可能に~知りたい遺伝子のメチル化修飾を測定する新しい遺伝子診断法への応用に期待~
    長崎大学 & JST 共同プレスリリース Web掲載
    2022年03月10日
  • 長崎大、遺伝子に施されるメチル化修飾を光で検出する新しい技術を開発
    日本経済新聞(電子版)
    2022年03月10日
  • 長崎大、光反応で遺伝子の小さな「しるし」を検出
    OPTRONICS オンライン
    2022年03月10日
  • いま知りたい!!「学術変革領域研究」採択領域代表者に聞きました
    実験医学 2021年5月号 Vol.39 No.8(羊土社)
    2021年04月20日
  • 科研費「研究成果トピックス」
    科研費「研究成果トピックス」
    2021年01月19日
  • エクソソーム含有miRNAを標的とした抗体結合型核酸を開発 〜エクソソームと一緒に標的細胞内に取り込まれる核酸医薬の開発に期待〜
    長崎大学 プレスリリース
    2020年06月25日
  • 眠れる遺伝子を呼び起こす人工核酸で、遺伝子発現を自由に制御
    河合塾『みらいぶっく』(内閣府/総合科学技術のイノベーション会議& 河合塾のコラボ)
    2019年
  • 京大山吉氏、エクソソーム上の分子利用しanti-miRNA核酸を送達
    日経バイオテク
    2017年08月27日
  • DNAの直接光操作に挑む」医工連携の実践者91 山吉麻子 長崎大学教授
    医薬経済 医薬経済
    2023/05/15
  • 遺伝子の光反応を実現する新しい光架橋性化合物の開発に成功〜あらゆる分子への光反応性の付与を可能とする万能分子に期待
    長崎大学 プレスリリース https://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/guidance/kouhou/press/file/2022/20230324-1.pdf
    2023/03/24
  • 光反応で遺伝子の小さな「しるし」を検出可能に~知りたい遺伝子のメチル化修飾を測定する新しい遺伝子診断法への応用に期待~
    長崎大学 & JST 共同プレスリリース Web掲載
    2022/03/10
  • 長崎大、遺伝子に施されるメチル化修飾を光で検出する新しい技術を開発
    日本経済新聞(電子版)
    2022/03/10
  • 長崎大、光反応で遺伝子の小さな「しるし」を検出
    OPTRONICS オンライン
    2022/03/10
  • いま知りたい!!「学術変革領域研究」採択領域代表者に聞きました
    実験医学 2021年5月号 Vol.39 No.8(羊土社)
    2021/04/20
  • 科研費「研究成果トピックス」
    科研費「研究成果トピックス」
    2021/01/19
  • エクソソーム含有miRNAを標的とした抗体結合型核酸を開発 〜エクソソームと一緒に標的細胞内に取り込まれる核酸医薬の開発に期待〜
    長崎大学 プレスリリース
    2020/06/25
  • 眠れる遺伝子を呼び起こす人工核酸で、遺伝子発現を自由に制御
    河合塾『みらいぶっく』(内閣府/総合科学技術のイノベーション会議& 河合塾のコラボ)
    2019
  • 京大山吉氏、エクソソーム上の分子利用しanti-miRNA核酸を送達
    日経バイオテク
    2017/08/27
学術貢献活動 academic_contribution
  • Editorial Board, Journal of Controlled Release
    審査・評価,学術調査立案・実施,査読 Elsevier
    2023年06月01日 -
  • 日本ケミカルバイオロジー学会 世話人
    企画立案・運営等 日本ケミカルバイオロジー学会
    2021年07月 -
  • 日本薬学会 九州山口支部 幹事
    企画立案・運営等 日本薬学会 九州山口支部
    2021年04月 -
  • Cancers誌 Guest Editor
    企画立案・運営等
    2020年10月01日 -
  • 日本核酸化学会 運営委員・評議員
    企画立案・運営等 日本核酸化学会
    2020年10月 -
  • 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 専門調査員
    学術調査立案・実施 文部科学省
    2020年04月01日 -
  • 日本薬剤学会 超分子FG 広報担当幹事
    企画立案・運営等
    2020年04月 -
  • 遺伝子デリバリー研究会 役員
    企画立案・運営等 遺伝子デリバリー研究会
    2019年04月 -
  • 日本核酸医薬学会 幹事・評議委員
    企画立案・運営等 日本核酸医薬学会
    2015年04月 -
  • 学術変革領域研究(A)専門委員会
    審査・評価 文部科学省
    2021年04月01日 - 2023年03月
  • Editorial Board, Journal of Controlled Release
    review,academic_research_planning,peer_review Elsevier
    2023/06/01 -
  • 日本ケミカルバイオロジー学会 世話人
    planning_etc 日本ケミカルバイオロジー学会
    2021/07 -
  • 日本薬学会 九州山口支部 幹事
    planning_etc 日本薬学会 九州山口支部
    2021/04 -
  • Cancers, Guest Editor
    planning_etc
    2020/10/01 -
  • 日本核酸化学会 運営委員・評議員
    planning_etc 日本核酸化学会
    2020/10 -
  • 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 専門調査員
    academic_research_planning 文部科学省
    2020/04/01 -
  • 日本薬剤学会 超分子FG 広報担当幹事
    planning_etc
    2020/04 -
  • 遺伝子デリバリー研究会 役員
    planning_etc 遺伝子デリバリー研究会
    2019/04 -
  • 日本核酸医薬学会 幹事・評議委員
    planning_etc 日本核酸医薬学会
    2015/04 -
  • 学術変革領域研究(A)専門委員会
    review 文部科学省
    2021/04/01 - 2023/03
その他 etc

トップへ