背景画像1
長崎大学 教員等総覧データベース教員等総覧データベース
長崎大学 教員等総覧データベースComprehensive Database of Researchers
究者詳細情報
最終更新日:2021年10月27日
Detail
last updated:2021/10/27
研究者顔写真
氏 名 name 中嶋 幹郎 / なかしま みきろう Nakashima Mikiro
所属 department 生命医科学域(薬学系) Institute of Biomedical Sciences(Pharmacy)
職名 official title 教授 Professor
学位 degree 薬学修士,博士(薬学) (BLANK),Doctor(Pharmaceutical Scencies)
E-mail
研究キーワード research interests 薬学教育,医療薬学,実践薬学,薬剤学 Pharmacy Education,Clinical Pharmacy,Pharmacy Practice,Pharmaceutics
研究分野 research research_areas 医療薬学 Clinical pharmacy
学歴 education
  • 1984年
    長崎大学 Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences
  • 1984年
    長崎大学大学院 薬学研究科
  • 1982年
    長崎大学 Faculty of Pharmaceutical Science
  • 1982年
    長崎大学 薬学部
  • 1984
    Nagasaki University Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences
  • 1984
    Nagasaki University Graduate School of Pharmaceutical Sciences
  • 1982
    Nagasaki University Faculty of Pharmaceutical Science
  • 1982
    Nagasaki University School of Pharmaceutical Sciences
経歴 experience
  • 2017年
    長崎大学生命医科学域(実践薬学分野) 教授
  • 2015年
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科(実践薬学分野)教授 Graduate School of Biomedical Sciences
  • 2005年
    長崎大学薬学部 教授 School of Pharmaceutical Sciences
  • 1995年01月
    九州大学 博士(薬学)取得
  • 2005年
    2015年
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科(病院薬学分野) 教授 Graduate School of Biomedical Sciences
  • 2003年
    2005年
    Associate Professor,Department of Pharmaceutical Services,University Hospital of Medicine and Dentistry,Nagasaki University
  • 2003年
    2005年
    Others,Department of Pharmaceutical Services,University Hospital of Medicine and Dentistry,Nagasaki University
  • 2002年
    2005年
    Associate Professor,Pharmaceutical Sciences,Pharmaceutical Sciences,Graduate School of Biomedical Sciences,Nagasaki University
  • 2002年
    2005年
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科(治療薬剤学分野) 助教授 Graduate School of Biomedical Sciences
  • 2001年
    2005年
    長崎大学医学部 助教授・病院副薬剤部長 School of Medicine
  • 2017
    長崎大学生命医科学域(実践薬学分野) 教授
  • 2015
    Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  • 2005
    Nagasaki University School of Pharmaceutical Sciences
  • 1995/01
    Ph.D.(Kyushu University)
  • 2005
    2015
    Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  • 2003
    2005
    Associate Professor,Department of Pharmaceutical Services,University Hospital of Medicine and Dentistry,Nagasaki University
  • 2003
    2005
    Others,Department of Pharmaceutical Services,University Hospital of Medicine and Dentistry,Nagasaki University
  • 2002
    2005
    Associate Professor,Pharmaceutical Sciences,Pharmaceutical Sciences,Graduate School of Biomedical Sciences,Nagasaki University
  • 2002
    2005
    Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  • 2001
    2005
    Nagasaki University School of Medicine
委員歴 committee memberships
  • 2020年07月
    日本医療薬学会 JPHCS編集委員会委員、企画シンポジウム委員会委員
  • 2019年
    日本医療薬学会 評議員
  • 2017年
    九州山口薬学会 監事
  • 2012年
    日本在宅薬学会 評議員(認定委員会委員長)
  • 2012年
    在宅医療・福祉コンソーシアム長崎 本部委員会委員(推進(運営)委員会委員長)
  • 2011年
    薬学教育協議会 薬学共用試験センターOSCE実施委員会委員
  • 2007年
    日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会 評議員
  • 2005年
    日本TDM学会 評議員
  • 2016年04月
    2021年03月
    厚生労働省 薬剤師試験委員会委員
  • 2015年
    2018年
    日本薬学会 編集委員会学術誌編集委員
  • 2020/07
    日本医療薬学会 JPHCS編集委員会委員、企画シンポジウム委員会委員
  • 2019
    日本医療薬学会 評議員
  • 2017
    九州山口薬学会 監事
  • 2012
    日本在宅薬学会 評議員(認定委員会委員長)
  • 2012
    在宅医療・福祉コンソーシアム長崎 本部委員会委員(推進(運営)委員会委員長)
  • 2011
    薬学教育協議会 薬学共用試験センターOSCE実施委員会委員
  • 2007
    日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会 評議員
  • 2005
    日本TDM学会 評議員
  • 2016/04
    2021/03
    厚生労働省 薬剤師試験委員会委員
  • 2015
    2018
    日本薬学会 編集委員会学術誌編集委員
所属学協会 association memberships 日本在宅薬学会,日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会,日本薬学教育学会,Japan Society of Generic Medicines,日本薬学会,日本医療薬学会,日本TDM学会,日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会,九州山口薬学会,日本薬剤学会,日本病院薬剤師会,日本薬剤師会 日本在宅薬学会,THE PHARMACEUTICAL COMMUNICATION SOCIETY OF JAPAN,日本薬学教育学会,Japan Society of Generic Medicines,THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN,JAPANESE SOCIETY OF PHARMACEUTICAL HEALTH CARE AND SCIENCES,日本TDM学会,Japanese Society of Generic and Biosimilar Medicines,九州山口薬学会,THE ACADEMY OF PHARMACEUTICAL SCIENCE AND TECHNOLOGY, JAPAN,日本病院薬剤師会,日本薬剤師会
受賞 awards
論文 papers
  • Induction of mucosal immunity by pulmonary administration of a cell-targeting nanoparticle Tomoaki Kurosaki,Yuki Katafuchi,Junya Hashizume,Hitomi Harasawa,Hiroo Nakagawa,Mikiro Nakashima,Tadahiro Nakamura,Chikamasa Yamashita,Hitoshi Sasaki,Yukinobu Kodama Drug Delivery 28巻1号1585頁-1593頁 2021年07月22日
  • Investigation of immune complexes formed by mitochondrial antigens containing a new lipoylated site in sera of primary biliary cholangitis patients N. Aibara,K. Ohyama,M. Nakamura,H. Nakamura,M. Tamai,N. Kishikawa,A. Kawakami,K. Tsukamoto,M. Nakashima,N. Kuroda Clinical & Experimental Immunology 204巻3号335頁-343頁 2021年06月
  • Immune complexome analysis reveals the presence of immune complexes and identifies disease‐specific immune complex antigens in saliva samples from patients with Sjögren’s syndrome K. Yamane,H. Nakamura,M. Hamasaki,Y. Minei,N. Aibara,T. Shimizu,A. Kawakami,M. Nakashima,N. Kuroda,K. Ohyama Clinical & Experimental Immunology 204巻2号212頁-220頁 2021年05月
  • The feasibility and safety in using acetaminophen with fentanyl for pain control after liver resection with regards to liver function: A prospective single‐center pilot study in Japan Masaaki Hidaka,Kaname Ohyama,Takanobu Hara,Akihiko Soyama,Tomohiko Adachi,Natsu Kamada,Mikiro Nakashima,Taiga Ichinomiya,Tetsuya Hara,Susumu Eguchi Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences 28巻3号297頁-303頁 2021年03月
  • Evaluation of transgene expression characteristics and DNA vaccination against melanoma metastasis of an intravenously injected ternary complex with biodegradable dendrigraft poly-L-lysine in mice Yukinobu Kodama,Ayako Tokunaga,Junya Hashizume,Hiroo Nakagawa,Hitomi Harasawa,Tomoaki Kurosaki,Tadahiro Nakamura,Koyo Nishida,Mikiro Nakashima,Mitsuru Hashida,Shigeru Kawakami,Hitoshi Sasaki Drug Delivery 28巻1号542頁-549頁 2021年01月01日
  • Optimization of pH Elution Conditions in Immune Complexome Analysis for Comprehensive Identification of Immune Complex Antigens Nozomi AIBARA,Rika AIZAWA,Mikiro NAKASHIMA,Kaname OHYAMA Analytical Sciences 36巻11号1423頁-1426頁 2020年11月10日
  • Determination of gemcitabine in plasma of bladder cancer patients by hydrophilic interaction chromatography with ultraviolet detection M.Wang,R.Hiraki,N.Nakamura,T.Hayama,T.Yasuda,Y.Miyata,H.Sakai,M.N.Nakashima,M.Nakashima,K.Ohyama Journal of Chromatographic Science 58巻7号587頁-590頁 2020年07月
  • 医歯薬共修による事例検討グループワーク授業の構成と効果の検討 永田 康浩,有馬 和彦,井口 茂,大町 いづみ,木村 泰男,中嶋 幹郎,青柳 潔,前田 隆浩,安武 亨 医学教育 51巻Suppl.号128頁-128頁 2020年07月
  • 医歯薬共修による事例検討グループワーク授業の構成と効果の検討 永田 康浩,有馬 和彦,井口 茂,大町 いづみ,木村 泰男,中嶋 幹郎,青柳 潔,前田 隆浩,安武 亨 医学教育 51巻Suppl.号128頁-128頁 2020年07月
  • Development of a DNA Vaccine for Melanoma Metastasis by Inhalation Based on an Analysis of Transgene Expression Characteristics of Naked pDNA and a Ternary Complex in Mouse Lung Tissues Yukinobu Kodama,Mikiro Nakashima,Tadayuki Nagahara,Natsuko Oyama,Junya Hashizume,Hiroo Nakagawa,Hitomi Harasawa,Takahiro Muro,Tomoaki Kurosaki,Chikamasa Yamashita,Mitsuru Hashida,Takashi Kitahara,Hitoshi Sasaki,Shigeru Kawakami,Tadahiro Nakamura Pharmaceutics 12巻6号540頁-540頁 2020年06月11日
  • Induction of mucosal immunity by pulmonary administration of a cell-targeting nanoparticle Tomoaki Kurosaki,Yuki Katafuchi,Junya Hashizume,Hitomi Harasawa,Hiroo Nakagawa,Mikiro Nakashima,Tadahiro Nakamura,Chikamasa Yamashita,Hitoshi Sasaki,Yukinobu Kodama Drug Delivery 28.1.1585-1593 2021/07/22
  • Investigation of immune complexes formed by mitochondrial antigens containing a new lipoylated site in sera of primary biliary cholangitis patients N. Aibara,K. Ohyama,M. Nakamura,H. Nakamura,M. Tamai,N. Kishikawa,A. Kawakami,K. Tsukamoto,M. Nakashima,N. Kuroda Clinical & Experimental Immunology 204.3.335-343 2021/06
  • Immune complexome analysis reveals the presence of immune complexes and identifies disease‐specific immune complex antigens in saliva samples from patients with Sjögren’s syndrome K. Yamane,H. Nakamura,M. Hamasaki,Y. Minei,N. Aibara,T. Shimizu,A. Kawakami,M. Nakashima,N. Kuroda,K. Ohyama Clinical & Experimental Immunology 204.2.212-220 2021/05
  • The feasibility and safety in using acetaminophen with fentanyl for pain control after liver resection with regards to liver function: A prospective single‐center pilot study in Japan Masaaki Hidaka,Kaname Ohyama,Takanobu Hara,Akihiko Soyama,Tomohiko Adachi,Natsu Kamada,Mikiro Nakashima,Taiga Ichinomiya,Tetsuya Hara,Susumu Eguchi Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences 28.3.297-303 2021/03
  • Evaluation of transgene expression characteristics and DNA vaccination against melanoma metastasis of an intravenously injected ternary complex with biodegradable dendrigraft poly-L-lysine in mice Yukinobu Kodama,Ayako Tokunaga,Junya Hashizume,Hiroo Nakagawa,Hitomi Harasawa,Tomoaki Kurosaki,Tadahiro Nakamura,Koyo Nishida,Mikiro Nakashima,Mitsuru Hashida,Shigeru Kawakami,Hitoshi Sasaki Drug Delivery 28.1.542-549 2021/01/01
  • Optimization of pH Elution Conditions in Immune Complexome Analysis for Comprehensive Identification of Immune Complex Antigens Nozomi AIBARA,Rika AIZAWA,Mikiro NAKASHIMA,Kaname OHYAMA Analytical Sciences 36.11.1423-1426 2020/11/10
  • Determination of gemcitabine in plasma of bladder cancer patients by hydrophilic interaction chromatography with ultraviolet detection M.Wang, R.Hiraki, N.Nakamura, T.Hayama, T.Yasuda, Y.Miyata, H.Sakai, M.N.Nakashima, M.Nakashima, K.Ohyama Journal of Chromatographic Science 58.7.587-590 2020/07
  • 医歯薬共修による事例検討グループワーク授業の構成と効果の検討 永田 康浩,有馬 和彦,井口 茂,大町 いづみ,木村 泰男,中嶋 幹郎,青柳 潔,前田 隆浩,安武 亨 医学教育 51.Suppl..128-128 2020/07
  • 医歯薬共修による事例検討グループワーク授業の構成と効果の検討 永田 康浩,有馬 和彦,井口 茂,大町 いづみ,木村 泰男,中嶋 幹郎,青柳 潔,前田 隆浩,安武 亨 医学教育 51.Suppl..128-128 2020/07
  • Development of a DNA Vaccine for Melanoma Metastasis by Inhalation Based on an Analysis of Transgene Expression Characteristics of Naked pDNA and a Ternary Complex in Mouse Lung Tissues Yukinobu Kodama,Mikiro Nakashima,Tadayuki Nagahara,Natsuko Oyama,Junya Hashizume,Hiroo Nakagawa,Hitomi Harasawa,Takahiro Muro,Tomoaki Kurosaki,Chikamasa Yamashita,Mitsuru Hashida,Takashi Kitahara,Hitoshi Sasaki,Shigeru Kawakami,Tadahiro Nakamura Pharmaceutics 12.6.540-540 2020/06/11
MISC
  • 免疫複合体解析による脳・末梢の免疫異常の重複性の調査と特異的抗原の特定 MS・NMO・NPSLEを例に 大山 要,草野 泰輝,濱崎 まや,山根 千穂,相原 希美,一瀬 邦弘,中根 俊成,佐藤 克也,中嶋 幹郎,川上 純 神経免疫学 24巻1号127頁-127頁 2019年09月
  • 抗体医薬の標的結合薬物量の測定と治療効果との関連性調査 森石 麻梨乃,田中 結唯,山田 靖子,岩本 直樹,植木 幸孝,川上 純,中嶋 幹郎,大山 要 TDM研究 36巻2号168頁-168頁 2019年05月
  • 静電的相互作用を基盤としたaptamer被膜型遺伝子ベクターの開発 黒崎 友亮,兒玉 幸修,中川 博雄,中村 忠博,大山 要,中嶋 幹郎,川上 茂,佐々木 均 日本薬剤学会年会講演要旨集 34年会巻277頁-277頁 2019年05月
  • 免疫複合体抗原解析による脳内異常免疫反応点の探索 大山要,草野泰輝,浜崎まや,山根千穂,相原希美,一瀬邦弘,川上純,中嶋幹郎 日本薬学会九州支部大会講演要旨集 36th巻 2019年
  • 研究室紹介 医療薬学の実践的な研究を展開し未来の医療に貢献する 中嶋幹郎 日本病院薬剤師会雑誌 54巻3号324頁-326頁 2018年03月
  • 後発医薬品の信頼性向上の取組として開発されたT-LEX®法 中嶋幹郎,大山 要 ファルマシア 53巻8号787頁-789頁 2017年
  • 平成24年度文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」選定取組「多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門人材育成拠点」平成24年度→平成28年度最終報告書 中嶋幹郎,手嶋無限,松坂誠應ら,在宅医療,福祉コンソーシアム長崎,編集 平成24年度文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」選定取組「多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門人材育成拠点」平成24年度→平成28年度最終報告書 2017年
  • バルプロン酸とカルバペネム系抗菌薬の相互作用機序の計算化学的考察 水田賢志,石川岳志,大滝大樹,栗山正巳,尾野村治,樋口則英,中嶋弥穂子,中嶋幹郎,大山要 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 137th巻 2017年
  • HILIC-LC-UV法によるGemcitabineおよびGemcitabineリン酸化代謝物の血中濃度測定法の開発 大山 要,平木 涼一,山田 靖子,中嶋 弥穂子,宮田 康好,酒井 英樹,中嶋 幹郎 TDM研究 33巻2号168頁-168頁 2016年05月
  • 平成24年度文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」選定取組「多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門人材育成拠点」平成27年度年間活動報告書 中嶋幹郎,手嶋無限,松坂誠應ら,在宅医療,福祉コンソーシアム長崎,編集 平成24年度文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」選定取組「多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門人材育成拠点」平成27年度年間活動報告書 2016年
  • 免疫複合体解析による脳・末梢の免疫異常の重複性の調査と特異的抗原の特定 MS・NMO・NPSLEを例に 大山 要,草野 泰輝,濱崎 まや,山根 千穂,相原 希美,一瀬 邦弘,中根 俊成,佐藤 克也,中嶋 幹郎,川上 純 神経免疫学 24.1.127-127 2019/09
  • 森石 麻梨乃,田中 結唯,山田 靖子,岩本 直樹,植木 幸孝,川上 純,中嶋 幹郎,大山 要 TDM研究 36.2.168-168 2019/05
  • 黒崎 友亮,兒玉 幸修,中川 博雄,中村 忠博,大山 要,中嶋 幹郎,川上 茂,佐々木 均 日本薬剤学会年会講演要旨集 34年会.277-277 2019/05
  • 大山要,草野泰輝,浜崎まや,山根千穂,相原希美,一瀬邦弘,川上純,中嶋幹郎 日本薬学会九州支部大会講演要旨集 36th. 2019
  • 中嶋幹郎 日本病院薬剤師会雑誌 54.3.324-326 2018/03
  • 中嶋幹郎,大山 要 ファルマシア 53.8.787-789 2017
  • 中嶋幹郎,手嶋無限,松坂誠應ら,在宅医療,福祉コンソーシアム長崎,編集 平成24年度文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」選定取組「多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門人材育成拠点」平成24年度→平成28年度最終報告書 2017
  • 水田賢志,石川岳志,大滝大樹,栗山正巳,尾野村治,樋口則英,中嶋弥穂子,中嶋幹郎,大山要 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 137th. 2017
  • HILIC-LC-UV法によるGemcitabineおよびGemcitabineリン酸化代謝物の血中濃度測定法の開発 大山 要,平木 涼一,山田 靖子,中嶋 弥穂子,宮田 康好,酒井 英樹,中嶋 幹郎 TDM研究 33.2.168-168 2016/05
  • 中嶋幹郎,手嶋無限,松坂誠應ら,在宅医療,福祉コンソーシアム長崎,編集 平成24年度文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」選定取組「多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門人材育成拠点」平成27年度年間活動報告書 2016
書籍等出版物 books
  • 在宅医療のKEY&NOTE 改訂版 : 薬学の知識と臨床が出会う場所
    手嶋, 無限,日本在宅薬学会,医学アカデミー薬学ゼミナール,中嶋, 幹郎,狭間, 研至
    薬ゼミ情報教育センター
    2020年04月19日
    9784910243023
  • 在宅医療のKEY&NOTE : 薬学の知識と臨床が出会う場所
    手嶋無限,中嶋幹郎ら,日本在宅薬学会,医学アカデミー薬学ゼミナール
    薬ゼミ情報教育センター
    2017年02月01日
    9784904517703
  • 臨床調剤学
    中嶋幹郎
    南山堂
    2011年
  • 薬剤師がはじめるフィジカルアセスメント副作用症状を見抜くためのポイント
    中嶋幹郎
    南江堂
    2011年
  • みてわかる薬学 図解臨床調剤学
    中嶋幹郎
    南山堂
    2011年
  • 新薬展望2005
    中嶋幹郎
    医薬ジャーナル社
    2005年
  • 薬剤師の実務に生かせる情報検索改訂第4版
    中嶋幹郎
    エルゼビア・ジャパン社
    2005年
  • 新薬展望2004
    中嶋幹郎
    医薬ジャーナル社
    2004年
  • 薬剤師の実務に生かせる情報検索改訂第3版
    中嶋幹郎
    エルゼビア・ジャパン社
    2003年
  • 病気と薬の説明ガイド2003
    中嶋幹郎
    南山堂
    2003年
  • 在宅医療のKEY&NOTE 改訂版 : 薬学の知識と臨床が出会う場所
    手嶋, 無限,日本在宅薬学会,医学アカデミー薬学ゼミナール,中嶋, 幹郎,狭間, 研至
    薬ゼミ情報教育センター
    2020/04/19
    9784910243023
  • 在宅医療のKEY&NOTE : 薬学の知識と臨床が出会う場所
    手嶋無限,中嶋幹郎ら,日本在宅薬学会,医学アカデミー薬学ゼミナール
    薬ゼミ情報教育センター
    2017/02/01
    9784904517703
  • 臨床調剤学
    中嶋幹郎
    南山堂
    2011
  • 薬剤師がはじめるフィジカルアセスメント副作用症状を見抜くためのポイント
    中嶋幹郎
    南江堂
    2011
  • みてわかる薬学 図解臨床調剤学
    中嶋幹郎
    南山堂
    2011
  • 新薬展望2005
    中嶋幹郎
    医薬ジャーナル社
    2005
  • 薬剤師の実務に生かせる情報検索改訂第4版
    中嶋幹郎
    エルゼビア・ジャパン社
    2005
  • 新薬展望2004
    中嶋幹郎
    医薬ジャーナル社
    2004
  • 薬剤師の実務に生かせる情報検索改訂第3版
    中嶋幹郎
    エルゼビア・ジャパン社
    2003
  • 病気と薬の説明ガイド2003
    中嶋幹郎
    南山堂
    2003
講演・口頭発表等 conference
  • 2019年薬学共用試験OSCEの結果解析報告と2020年度OSCE結果の速報
    田村 豊,野田 幸裕,岡村 昇,橋詰 勉,有田 悦子,石田 志朗,入江 徹美,小澤 孝一郎,木内 祐二,向後 麻里,富岡 佳久,中嶋 幹郞,松下 良,松元 一明,吉冨 博則,渡邊 真知子,木津 純子,伊藤 智夫
    日本薬学会第141年会
    2021年03月29日
    2021年03月26日
    2021年03月29日
  • Selective, sensitive and comprehensive detection of immune complex antigens for discovering disease-specific antigens
    N. Aibara,M. Nakashima,N. Kuroda,K. Ohyama
    ASMS 2020 第68回米国質量分析学会
    2020年05月31日
    2020年05月31日
    2020年06月04日
  • 薬学共用試験OSCEの結果解析-2019-
    岡村 昇、野田幸裕、田村 豊、橋詰 勉、有田悦子、石田志朗、入江徹美、小澤孝一郎、木内祐二、向後麻里、富岡佳久、中嶋幹郎、松下 良、松元一明、吉冨博則、渡邊真知子、木津純子、伊藤智夫、奥 直人
    日本薬学会第140年会
    2020年03月25日
    2020年03月28日
    日本薬学会
  • 免疫複合体抗原解析による脳内異常免疫反応点の探索
    大山 要、草野泰輝、濱崎まや、山根千恵、相原希美、一瀬邦弘、川上 純、中嶋幹郎
    第36回日本薬学会九州支部大会
    2019年11月16日
    2019年11月17日
    日本薬学会
  • 静電的相互作用を基盤としたaptamer被膜型遺伝子ベクターの開発
    黑﨑友亮,兒玉幸修,中川博雄,中村忠博,大山要,中嶋幹郎,川上茂,佐々木均
    日本薬剤学会第34年会
    2019年05月18日
    2019年05月16日
    2019年05月18日
    日本薬剤学会
  • Development of biocompatible gene delivery vectors constructed by the electrostatic interaction and application as a DNA vaccine vector
    Tomoaki Kurosaki,Yukinobu Kodama,Kaname Ohyama,Mikiro Nakashima,Hitoshi Sasaki
    The APSTJ Global Education Seminar 2018
    2019年03月07日
    2019年03月07日
    2019年03月07日
    日本薬剤学会
  • 抗体医薬の標的結合薬物量の測定と治療効果との関連性調査
    森石麻梨乃,田中結唯,山田靖子,岩本直樹,植木幸孝,川上 純,中嶋幹郎,大山 要
    第36回日本TDM学会学術大会
    2019年05月
    日本TDM学会
  • 免疫チェックポイント阻害薬の治療効果群に特有の免疫複合体抗原の探索
    相沢里佳,相原希美,蒲原千裕,池田喬哉,中嶋幹郎,黒田直敬,中村洋一,大山 要
    第36回日本TDM学会学術大会
    2019年05月
    日本TDM学会
  • 薬学共用試験OSCEの結果解析-2018-
    有田悦子,岡村 昇,橋詰 勉,田村 豊,野田幸裕,石田志朗,入江徹美,小澤孝一郎,木内祐二,向後麻里,富岡佳久,中嶋幹郎,松下 良,松元一明,吉冨博則,渡邊真知子,木津純子,伊藤智夫
    日本薬学会第139年会
    2019年03月
    日本薬学会
  • 改訂モデル・コアカリキュラムに対応する大学主導の病院実習計画の作成とトライアルの実施結果
    西内 弥生,大山 要,宮元敬天,川上 茂,西田孝洋,佐々木均,中嶋幹郎,都田真奈
    日本薬学会第139年会
    2019年03月
    日本薬学会
  • 2019年薬学共用試験OSCEの結果解析報告と2020年度OSCE結果の速報
    田村 豊,野田 幸裕,岡村 昇,橋詰 勉,有田 悦子,石田 志朗,入江 徹美,小澤 孝一郎,木内 祐二,向後 麻里,富岡 佳久,中嶋 幹郞,松下 良,松元 一明,吉冨 博則,渡邊 真知子,木津 純子,伊藤 智夫
    日本薬学会第141年会
    2021/03/29
    2021/03/26
    2021/03/29
  • Selective, sensitive and comprehensive detection of immune complex antigens for discovering disease-specific antigens
    N. Aibara,M. Nakashima,N. Kuroda,K. Ohyama
    68th American Society for Mass Spectrometry
    2020/05/31
    2020/05/31
    2020/06/04
  • 薬学共用試験OSCEの結果解析-2019-
    岡村 昇、野田幸裕、田村 豊、橋詰 勉、有田悦子、石田志朗、入江徹美、小澤孝一郎、木内祐二、向後麻里、富岡佳久、中嶋幹郎、松下 良、松元一明、吉冨博則、渡邊真知子、木津純子、伊藤智夫、奥 直人
    日本薬学会第140年会
    2020/03/25
    2020/03/28
    日本薬学会
  • 免疫複合体抗原解析による脳内異常免疫反応点の探索
    大山 要、草野泰輝、濱崎まや、山根千恵、相原希美、一瀬邦弘、川上 純、中嶋幹郎
    第36回日本薬学会九州支部大会
    2019/11/16
    2019/11/17
    日本薬学会
  • 静電的相互作用を基盤としたaptamer被膜型遺伝子ベクターの開発
    黑﨑友亮,兒玉幸修,中川博雄,中村忠博,大山要,中嶋幹郎,川上茂,佐々木均
    日本薬剤学会第34年会
    2019/05/18
    2019/05/16
    2019/05/18
    日本薬剤学会
  • Development of biocompatible gene delivery vectors constructed by the electrostatic interaction and application as a DNA vaccine vector
    Tomoaki Kurosaki,Yukinobu Kodama,Kaname Ohyama,Mikiro Nakashima,Hitoshi Sasaki
    The APSTJ Global Education Seminar 2018
    2019/03/07
    2019/03/07
    2019/03/07
    APSTJ
  • 抗体医薬の標的結合薬物量の測定と治療効果との関連性調査
    森石麻梨乃,田中結唯,山田靖子,岩本直樹,植木幸孝,川上 純,中嶋幹郎,大山 要
    第36回日本TDM学会学術大会
    2019/05
    日本TDM学会
  • 免疫チェックポイント阻害薬の治療効果群に特有の免疫複合体抗原の探索
    相沢里佳,相原希美,蒲原千裕,池田喬哉,中嶋幹郎,黒田直敬,中村洋一,大山 要
    第36回日本TDM学会学術大会
    2019/05
    日本TDM学会
  • 薬学共用試験OSCEの結果解析-2018-
    有田悦子,岡村 昇,橋詰 勉,田村 豊,野田幸裕,石田志朗,入江徹美,小澤孝一郎,木内祐二,向後麻里,富岡佳久,中嶋幹郎,松下 良,松元一明,吉冨博則,渡邊真知子,木津純子,伊藤智夫
    日本薬学会第139年会
    2019/03
    日本薬学会
  • 改訂モデル・コアカリキュラムに対応する大学主導の病院実習計画の作成とトライアルの実施結果
    西内 弥生,大山 要,宮元敬天,川上 茂,西田孝洋,佐々木均,中嶋幹郎,都田真奈
    日本薬学会第139年会
    2019/03
    日本薬学会
担当経験のある項目 teaching experience 在宅医療実践学,コミュニケーションスキル,医と社会Ⅳ,薬理代謝学,病気と薬を考えるⅡ(疾病と薬物治療),初年次セミナー(薬学),薬学概論Ⅱ,在宅ケア概論Ⅰ,在宅ケア概論Ⅱ,在宅医療・福祉早期体験学習,実践薬学Ⅰ,実践薬学Ⅱ,医療コミュニケーション,実務実習(事前実習),実務実習(病院・薬局実習),薬物治療実践学,医療薬学総合演習,実践薬学演習,科学英語,医療実験計画法,医療薬学特別実習,課題研究Ⅰ(医療科学)医療薬学(実践薬学),課題研究Ⅱ(医療科学)医療薬学(実践薬学),特別実習Ⅰ(医療科学)医療薬学(実践薬学),特別実習Ⅱ(医療科学)医療薬学(実践薬学),論文研究Ⅰ(医療科学)医療薬学(実践薬学),論文研究Ⅱ(医療科学)医療薬学(実践薬学),医療薬学演習Ⅰ(実践薬学),医療薬学演習Ⅱ(実践薬学),医療薬学演習Ⅲ(実践薬学),医療薬学演習Ⅳ(実践薬学),医療薬学実習Ⅰ(実践薬学),医療薬学実習Ⅱ(実践薬学),医療薬学論文研究Ⅰ(実践薬学),医療薬学論文研究Ⅱ(実践薬学),行動科学,Seminar Ⅰ on Clinical Pharmacy,Seminar Ⅱ on Clinical Pharmacy,Seminar Ⅲ on Clinical Pharmacy,Seminar Ⅳ on Clinical Pharmacy,Practice Ⅰ on Clinical Pharmacy,Practice Ⅱ on Clinical Pharmacy,Thesis Research Ⅰ on Clinical Pharmacy,Thesis Research Ⅱ on Clinical Pharmacy,Project Research Ⅰ on Medical and Dental Sciences,Project Research Ⅱ on Medical and Dental Sciences,Laboratory Training Ⅰ on Medical and Dental Sciences,Seminar on Early Exposure,Dissertation Research Ⅰ on Medical and Dental Sciences,Dissertation Research Ⅱ on Medical and Dental Sciences,Pharmaceutical Sciences II,Introduction to HomecareⅠ,Introduction to Homecare Ⅱ,Early Exposure for Home Healthcare,Pharmacy PracticeⅠ,Pharmacy Practice Ⅱ,Medical Communication,Pre-training in Clinical Pharmacy Practice,Clinical Pharmacy Practice at Hospital and Community Pharmacies,Applied Drug Therapy in Pharmacy Practice,Systematic Seminar on Pharmaceutical Health Care and Sciences,Seminar on Pharmacy Practice,Exercise Academic English for Pharmaceutical Sciences,Design of Experiments in Pharmaceutical Health Care and Sciences,Advanced Experimental Training in Pharmaceutical Health Care and Sciences,Behavioural Science 在宅医療実践学,Communication skills,Medicine and Society 4,Pharmacology,病気と薬を考えるⅡ(疾病と薬物治療),初年次セミナー(薬学),薬学概論Ⅱ,在宅ケア概論Ⅰ,在宅ケア概論Ⅱ,在宅医療・福祉早期体験学習,実践薬学Ⅰ,実践薬学Ⅱ,医療コミュニケーション,実務実習(事前実習),実務実習(病院・薬局実習),薬物治療実践学,医療薬学総合演習,実践薬学演習,科学英語,医療実験計画法,医療薬学特別実習,課題研究Ⅰ(医療科学)医療薬学(実践薬学),課題研究Ⅱ(医療科学)医療薬学(実践薬学),特別実習Ⅰ(医療科学)医療薬学(実践薬学),特別実習Ⅱ(医療科学)医療薬学(実践薬学),論文研究Ⅰ(医療科学)医療薬学(実践薬学),論文研究Ⅱ(医療科学)医療薬学(実践薬学),医療薬学演習Ⅰ(実践薬学),医療薬学演習Ⅱ(実践薬学),医療薬学演習Ⅲ(実践薬学),医療薬学演習Ⅳ(実践薬学),医療薬学実習Ⅰ(実践薬学),医療薬学実習Ⅱ(実践薬学),医療薬学論文研究Ⅰ(実践薬学),医療薬学論文研究Ⅱ(実践薬学),行動科学,Seminar Ⅰ on Clinical Pharmacy,Seminar Ⅱ on Clinical Pharmacy,Seminar Ⅲ on Clinical Pharmacy,Seminar Ⅳ on Clinical Pharmacy,Practice Ⅰ on Clinical Pharmacy,Practice Ⅱ on Clinical Pharmacy,Thesis Research Ⅰ on Clinical Pharmacy,Thesis Research Ⅱ on Clinical Pharmacy,Project Research Ⅰ on Medical and Dental Sciences,Project Research Ⅱ on Medical and Dental Sciences,Laboratory Training Ⅰ on Medical and Dental Sciences,Seminar on Early Exposure,Dissertation Research Ⅰ on Medical and Dental Sciences,Dissertation Research Ⅱ on Medical and Dental Sciences,Pharmaceutical Sciences II,Introduction to HomecareⅠ,Introduction to Homecare Ⅱ,Early Exposure for Home Healthcare,Pharmacy PracticeⅠ,Pharmacy Practice Ⅱ,Medical Communication,Pre-training in Clinical Pharmacy Practice,Clinical Pharmacy Practice at Hospital and Community Pharmacies,Applied Drug Therapy in Pharmacy Practice,Systematic Seminar on Pharmaceutical Health Care and Sciences,Seminar on Pharmacy Practice,Exercise Academic English for Pharmaceutical Sciences,Design of Experiments in Pharmaceutical Health Care and Sciences,Advanced Experimental Training in Pharmaceutical Health Care and Sciences,Behavioural Science
Works
競争的資金等の研究課題 research grants
  • Study on practical science based on pharmacy practice and medical communication
    The Other Research Programs
    2005年 -
  • Study on basic and clinical pharmaceutical sciences for rational use of generic drugs
    The Other Research Programs
    1984年 -
  • Development of methodology for evaluation of efficacy and adverse effect of medicine
    The Other Research Programs
    1984年 -
  • 肺腺癌の腫瘍細胞のみをピンポイントに排除するがん免疫療法の開発
    日本学術振興会 科研費基盤研究(C)
    2020年04月 - 2023年03月 研究代表者
  • ドラッグリポジショニング創薬の成功率を高める医薬品探索法の開発
    日本学術振興会 科研費基盤研究(C)
    2017年04月 - 2020年03月 研究代表者
  • ヒト肝キメラマウスと大規模有害事象情報を用いた薬剤性ヒト肝障害リスク予測法の確立
    日本学術振興会 科研費基盤研究(C)
    2014年04月 - 2017年03月 研究代表者
  • 平成24年度文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」選定取組「多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門人材育成拠点」
    文部科学省 平成24年度大学間連携共同教育推進事業
    2012年10月 - 2017年03月 研究代表者
  • 同一薬効成分の医薬品適用時におけるヒト肝毒性イベントのリスク予測法に関する研究
    日本学術振興会 科研費基盤研究(C)
    2011年04月 - 2014年03月 研究代表者
  • 平成21年度文部科学省戦略GP選定取組「在宅医療と福祉に重点化した薬学と看護学の統合教育とチーム医療総合職養成の拠点形成」
    文部科学省 平成21年度戦略GP
    2009年07月 - 2012年03月 研究代表者
  • オンチップ細胞計測技術を用いた心毒性評価法の開発と後発注射薬の品質試験への応用
    日本学術振興会 科研費基盤研究(C)
    2008年04月 - 2011年03月 研究代表者
  • Study on practical science based on pharmacy practice and medical communication
    The Other Research Programs
    2005 -
  • Study on basic and clinical pharmaceutical sciences for rational use of generic drugs
    The Other Research Programs
    1984 -
  • Development of methodology for evaluation of efficacy and adverse effect of medicine
    The Other Research Programs
    1984 -
  • 肺腺癌の腫瘍細胞のみをピンポイントに排除するがん免疫療法の開発
    Japan Society for the Promotion of Science Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    2020/04 - 2023/03 principal_investigator
  • ドラッグリポジショニング創薬の成功率を高める医薬品探索法の開発
    Japan Society for the Promotion of Science Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    2017/04 - 2020/03 principal_investigator
  • ヒト肝キメラマウスと大規模有害事象情報を用いた薬剤性ヒト肝障害リスク予測法の確立
    Japan Society for the Promotion of Science Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    2014/04 - 2017/03 principal_investigator
  • 平成24年度文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」選定取組「多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門人材育成拠点」
    文部科学省 平成24年度大学間連携共同教育推進事業
    2012/10 - 2017/03 principal_investigator
  • 同一薬効成分の医薬品適用時におけるヒト肝毒性イベントのリスク予測法に関する研究
    Japan Society for the Promotion of Science Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    2011/04 - 2014/03 principal_investigator
  • 平成21年度文部科学省戦略GP選定取組「在宅医療と福祉に重点化した薬学と看護学の統合教育とチーム医療総合職養成の拠点形成」
    文部科学省 平成21年度戦略GP
    2009/07 - 2012/03 principal_investigator
  • オンチップ細胞計測技術を用いた心毒性評価法の開発と後発注射薬の品質試験への応用
    Japan Society for the Promotion of Science Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    2008/04 - 2011/03 principal_investigator
特許 patents
  • 線維化誘導遺伝子の発現抑制剤およびその用途
    中嶋幹郎,大山要,東和薬品ら
    特願2018-205632 2018年10月31日
  • T-LEX法(ヒト肝細胞キメラマウスを用いるジェネリック医薬品の安全性評価法)
    中嶋幹郎,東和薬品
    特願商願2013-17412 2013年03月12日
  • 硝子体可視化剤
    手嶋無限,中嶋幹郎,佐々木均ら
    特願2005-299760 2005年10月14日
  • 線維化誘導遺伝子の発現抑制剤およびその用途
    中嶋幹郎,大山要,東和薬品ら
    特願2018-205632 2018/10/31
  • T-LEX法(ヒト肝細胞キメラマウスを用いるジェネリック医薬品の安全性評価法)
    中嶋幹郎,東和薬品
    特願商願2013-17412 2013/03/12
  • 硝子体可視化剤
    手嶋無限,中嶋幹郎,佐々木均ら
    特願2005-299760 2005/10/14
社会貢献活動 social contribution
  • Choho Vol.73,P7-8,2020への記事掲載(教育プロジェクトの取組内容)
    取材協力 長崎大学 Choho Vol.73,2020 2020年10月01日 - 2020年10月01日 Choho Vol.73,P7-8,2020
  • 出張講義(壱岐高校)
    講師 壱岐高校 2019年06月29日 - 2019年06月29日
  • 第50回認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ in 九州
    講師 薬学教育協議会 2015年01月10日 - 2015年01月12日
  • 第43回認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ in 九州
    講師 薬学教育協議会 2013年01月12日 - 2013年01月14日
  • 第42回認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ in 九州
    講師 薬学教育協議会 2012年08月03日 - 2012年08月05日
  • 第35回認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ in 九州
    講師 薬学教育協議会 2010年08月06日 - 2010年08月08日
  • 第33回認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ in 九州
    講師 薬学教育協議会 2010年07月17日 - 2010年07月19日
  • 第32回薬剤師のためのワークショップ in 九州
    講師 薬学教育協議会 2010年05月01日 - 2010年05月03日
  • 第30回薬剤師のためのワークショップ in 九州
    講師 薬学教育協議会 2010年01月29日 - 2010年01月31日
  • 第27回薬剤師のためのワークショップ in 九州
    講師 薬学教育協議会 2009年09月20日 - 2009年09月22日
  • Choho Vol.73,P7-8,2020への記事掲載(教育プロジェクトの取組内容)
    coverage_cooperation 長崎大学 Choho Vol.73,2020 2020/10/01 - 2020/10/01 Choho Vol.73,P7-8,2020
  • 出張講義(壱岐高校)
    lecturer 壱岐高校 2019/06/29 - 2019/06/29
  • 第50回認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ in 九州
    lecturer 薬学教育協議会 2015/01/10 - 2015/01/12
  • 第43回認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ in 九州
    lecturer 薬学教育協議会 2013/01/12 - 2013/01/14
  • 第42回認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ in 九州
    lecturer 薬学教育協議会 2012/08/03 - 2012/08/05
  • 第35回認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ in 九州
    lecturer 薬学教育協議会 2010/08/06 - 2010/08/08
  • 第33回認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ in 九州
    lecturer 薬学教育協議会 2010/07/17 - 2010/07/19
  • 第32回薬剤師のためのワークショップ in 九州
    lecturer 薬学教育協議会 2010/05/01 - 2010/05/03
  • 第30回薬剤師のためのワークショップ in 九州
    lecturer 薬学教育協議会 2010/01/29 - 2010/01/31
  • 第27回薬剤師のためのワークショップ in 九州
    lecturer 薬学教育協議会 2009/09/20 - 2009/09/22
メディア報道 media_coverage
  • 長崎大学紹介番組「地球キャンパス~世界へfrom長崎~」第7回「長崎発グローバル人材基盤形成プロジェクト」の中で「注目の取組」として報道
    TVQ九州
    2012年11月14日
  • 県内大学取り組み認定
    長崎新聞
    2012年10月17日
  • 留学生と共学へ
    毎日新聞
    2012年10月17日
  • 国際人育成で連携
    西日本新聞
    2012年10月17日
  • Voice 編集長対談
    ターンアップ
    2012年05月01日
  • 地域医療を考えるフォーラム
    長崎新聞
    2012年01月09日
  • 在宅医療に携わる人材育成成果報告
    長崎新聞
    2011年12月16日
  • 在宅医療教育の連携継続 県内3大学の学長会見
    西日本新聞
    2011年12月14日
  • 在宅医療の理解深める 日韓専門家が講演
    長崎新聞
    2011年10月25日
  • 長崎薬学・看護学連合コンソーシアム「第2回シンポジウム」開催の報道
    TVSテレビ佐世保
    2011年09月18日
  • 長崎大学紹介番組「地球キャンパス~世界へfrom長崎~」第7回「長崎発グローバル人材基盤形成プロジェクト」の中で「注目の取組」として報道
    TVQ九州
    2012/11/14
  • 県内大学取り組み認定
    長崎新聞
    2012/10/17
  • 留学生と共学へ
    毎日新聞
    2012/10/17
  • 国際人育成で連携
    西日本新聞
    2012/10/17
  • Voice 編集長対談
    ターンアップ
    2012/05/01
  • 地域医療を考えるフォーラム
    長崎新聞
    2012/01/09
  • 在宅医療に携わる人材育成成果報告
    長崎新聞
    2011/12/16
  • 在宅医療教育の連携継続 県内3大学の学長会見
    西日本新聞
    2011/12/14
  • 在宅医療の理解深める 日韓専門家が講演
    長崎新聞
    2011/10/25
  • 長崎薬学・看護学連合コンソーシアム「第2回シンポジウム」開催の報道
    TVSテレビ佐世保
    2011/09/18
学術貢献活動 academic_contribution
その他 etc
  • 2019年11月 - 2021年11月
    第31回日本医療薬学会年会組織委員会委員
  • 2019年01月 - 2020年09月
    第13回日本在宅薬学会学術大会組織委員会委員長
  • 2017年11月 - 2019年11月
    第29回日本医療薬学会年会組織委員会委員
  • 2012年10月 - 2017年03月
    平成24年度文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」選定取組
    平成24年度文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」選定取組「多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門人材育成拠点」の事業推進者を務める。
  • 2009年09月 - 2012年03月
    平成21年度文部科学省戦略GP選定取組
    平成21年度文部科学省戦略GP選定取組「在宅医療と福祉に重点化した薬学と看護学の統合教育とチーム医療総合職養成の拠点形成」のプロジェクトリーダーを務める。
  • 2019/11 - 2021/11
    第31回日本医療薬学会年会組織委員会委員
  • 2019/01 - 2020/09
    第13回日本在宅薬学会学術大会組織委員会委員長
  • 2017/11 - 2019/11
    第29回日本医療薬学会年会組織委員会委員
  • 2012/10 - 2017/03
    平成24年度文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」選定取組
    平成24年度文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」選定取組「多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門人材育成拠点」の事業推進者を務める。
  • 2009/09 - 2012/03
    平成21年度文部科学省戦略GP選定取組
    平成21年度文部科学省戦略GP選定取組「在宅医療と福祉に重点化した薬学と看護学の統合教育とチーム医療総合職養成の拠点形成」のプロジェクトリーダーを務める。

トップへ