背景画像1
長崎大学 教員等総覧データベース教員等総覧データベース
長崎大学 教員等総覧データベースComprehensive Database of Researchers
究者詳細情報
最終更新日:2021年10月26日
Detail
last updated:2021/10/26
研究者顔写真
氏 名 name 青柳 潔 / あおやぎ きよし Aoyagi Kiyoshi
所属 department 生命医科学域(医学系) Institute of Biomedical Sciences(Medicine)
職名 official title 教授 教授
学位 degree 医学博士 PhD
E-mail
研究キーワード research interests 運動器の健康,生理人類学,産業保健,公衆衛生学 musculoskeletal health,physiolosical anthropology,occupational health,public health
研究分野 research research_areas 医療管理学、医療系社会学,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない,医療管理学、医療系社会学,応用人類学 Healthcare management, medical sociology,Hygiene and public health (laboratory),Hygiene and public health (non-laboratory),Hygiene and public health (laboratory),Hygiene and public health (non-laboratory),Healthcare management, medical sociology,Applied anthropology
学歴 education
  • 1989年
    長崎大学 Graduate School, Division of Medicine
  • 1989年
    長崎大学 医学研究科
  • 1985年
    長崎大学 Faculty of Medicine
  • 1985年
    長崎大学 医学部
  • 1989
    Nagasaki University Graduate School, Division of Medicine
  • 1989
    Nagasaki University 医学研究科
  • 1985
    Nagasaki University Faculty of Medicine
  • 1985
    Nagasaki University School of Medicine
経歴 experience
  • 2015年07月
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科先進予防医学共同専攻 公衆衛生学分野 教授
  • 2002年11月
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 公衆衛生学分野 教授
  • 2000年
    2002年
    Associate Professor,School of Medicine,Nagasaki University
  • 2000年
    2002年
    長崎大学医学部 助教授 School of Medicine
  • 1998年
    2000年
    Lecturer,School of Medicine,Nagasaki University
  • 1998年
    2000年
    長崎大学医学部 講師 School of Medicine
  • 1997年
    1998年
    Research Associate,School of Medicine,Nagasaki University
  • 1997年
    1998年
    長崎大学医学部 助手 School of Medicine
  • 1996年10月
    1997年05月
    長崎市立市民病院 職員(医療系)
  • 1996年06月
    1996年09月
    長崎大学医学部附属病院 職員(医療系) School of Medicine
  • 2015/07
    Nagasaki Univ. Gradate School of Biomedical Sciences Public Health professor
  • 2002/11
    Nagasaki Univ. Gradate School of Biomedical Sciences Public Health professor
  • 2000
    2002
    Associate Professor,School of Medicine,Nagasaki University
  • 2000
    2002
    Nagasaki University School of Medicine
  • 1998
    2000
    Lecturer,School of Medicine,Nagasaki University
  • 1998
    2000
    Nagasaki University School of Medicine
  • 1997
    1998
    Research Associate,School of Medicine,Nagasaki University
  • 1997
    1998
    Nagasaki University School of Medicine
  • 1996/10
    1997/05
    長崎市立市民病院 職員(医療系)
  • 1996/06
    1996/09
    Nagasaki University School of Medicine
委員歴 committee memberships
  • 2021年06月
    日本生理人類学会 理事
  • 2020年06月
    日本生理人類学会 代議員
  • 2017年
    日本衛生学会 評議員
  • 2005年
    日本公衆衛生学会 評議員
  • 2005年
    日本産業衛生学会 九州地方会理事
  • 2004年
    日本産業衛生学会 代議員
  • 2003年
    九州農村医学会 理事
  • 2020年06月
    2021年05月
    日本生理人類学会 監事
  • 2000年
    2021年
    日本健康(民族衛生)学会 評議員
  • 2007年
    2019年
    日本骨粗鬆症学会 評議員
  • 2021/06
    日本生理人類学会 理事
  • 2020/06
    日本生理人類学会 代議員
  • 2017
    日本衛生学会 評議員
  • 2005
    日本公衆衛生学会 評議員
  • 2005
    日本産業衛生学会 九州地方会理事
  • 2004
    日本産業衛生学会 代議員
  • 2003
    九州農村医学会 理事
  • 2020/06
    2021/05
    日本生理人類学会 監事
  • 2000
    2021
    日本健康(民族衛生)学会 評議員
  • 2007
    2019
    日本骨粗鬆症学会 評議員
所属学協会 association memberships 日本公衆衛生学会,日本整形外科学会,American Society of Bone and Mineral Research,日本健康(民族衛生)学会,日本骨粗鬆症学会,日本産業衛生学会,日本生理人類学会,九州農村医学会,日本衛生学会 日本公衆衛生学会,日本整形外科学会,American Society of Bone and Mineral Research,日本健康(民族衛生)学会,日本骨粗鬆症学会,日本産業衛生学会,日本生理人類学会,九州農村医学会,日本衛生学会
受賞 awards
  • 2020年
    日本生理人類学会 学会賞
  • 2016年
    日本生理人類学会 優秀論文賞 Effect of self-reported walking difficulty on bone mass and bone resorption marker in Japanese people aged 40 years and over
  • 2014年
    日本生理人類学会 論文大賞
  • 2013年
    日本生理人類学会 優秀論文賞 Association between alkaline phosphatase and hypertension in a rural Japanese population: The Nagasaki Islands study
  • 1998年
    Joint meeting of the American Sciety of Bone and Mineral Research and the International Bone and Mineral Sciety travel award
  • 2020年
    日本生理人類学会 学会賞
  • 2016年
    日本生理人類学会 best paper award
  • 2014年
    日本生理人類学会 論文大賞
  • 2013年
    日本生理人類学会 best paper award Association between alkaline phosphatase and hypertension in a rural Japanese population: The Nagasaki Islands study
  • 1998年
    Joint meeting of the American Sciety of Bone and Mineral Research and the International Bone and Mineral Sciety travel award
論文 papers
  • Association between vitamin D and bone mineral density in Japanese adults: the Unzen study. Yuzo Honda,Kazuhiko Arima,Takayuki Nishimura,Yoshihito Tomita,Satoshi Mizukami,Yasuyo Abe,Natsumi Tanaka,Michiko Kojima,Tsung-Ping Jeng,Hisashi Goto,Maiko Hasegawa,Youko Sou,Ritsu Tsujimoto,Mitsuo Kanagae,Makoto Osaki,Kiyoshi Aoyagi Archives of osteoporosis 16巻1号127頁-127頁 2021年09月08日
  • Long-term response of Helicobacter pylori antibody titer after eradication treatment in middle-aged Japanese: JPHC-NEXT Study. Shiori Tanaka,Atsushi Goto,Kazumasa Yamagishi,Motoki Iwasaki,Taiki Yamaji,Taichi Shimazu,Hiroyasu Iso,Isao Muraki,Nobufumi Yasuda,Isao Saito,Tadahiro Kato,Kiyoshi Aoyagi,Kazuhiko Arima,Kiyomi Sakata,Kozo Tanno,Manami Inoue,Norie Sawada,Shoichiro Tsugane Journal of epidemiology 2021年04月28日
  • Cost-effectiveness of dual influenza and pneumococcal vaccination among the elderly in Shenzhen, China. Daqin Chen,Zhaojia Ye,Zhenfei Pi,Satoshi Mizukami,Kiyoshi Aoyagi,Yawen Jiang Vaccine 39巻16号2237頁-2245頁 2021年04月15日
  • Behavioural responses and anxiety symptoms during the coronavirus disease 2019 (COVID-19) pandemic in Japan: A large scale cross-sectional study. Guoxi Cai,Yulan Lin,Yixiao Lu,Fei He,Kouichi Morita,Taro Yamamoto,Kiyoshi Aoyagi,Toshitsugu Taguri,Zhijian Hu,Haridah Alias,Mahmoud Danaee,Li Ping Wong Journal of psychiatric research 136巻296頁-305頁 2021年04月
  • Factors associated with the development of oral allergy syndrome: A retrospective questionnaire survey of Japanese university students. Mai Matsumoto,Motoi Takenaka,Kiyoshi Aoyagi,Yoshihito Tomita,Kazuhiko Arima,Keiko Yamauchi-Takihara,Hiroyuki Murota Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology 2021年03月19日
  • 住民健康診査におけるリウマチ二次検診の前向き研究 玉井 慎美,野中 文陽,川尻 真也,有馬 和彦,青柳 潔,川上 純 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 65回巻545頁-545頁 2021年03月
  • Immunohistochemical Analysis of Histone H3 Modification in Newt Tail Tissue Cells following Amputation. Ji-Wen Wu,Xu Zhang,Reiko Sekiya,Kiyoshi Aoyagi,Tao-Sheng Li Stem cells international 2021巻8828931頁-8828931頁 2021年
  • Epidemiology of the association between serum 25-hydroxyvitamin D levels and musculoskeletal conditions among elderly individuals: a literature review. Kazuhiko Arima,Satoshi Mizukami,Takayuki Nishimura,Yoshihito Tomita,Hiroki Nakashima,Yasuyo Abe,Kiyoshi Aoyagi Journal of physiological anthropology 39巻1号38頁-38頁 2020年11月26日
  • Association between self-reported walking speed and calcaneal stiffness index in postmenopausal Japanese women. Yoshihito Tomita,Kazuhiko Arima,Satoshi Mizukami,Ritsu Tsujimoto,Shin-Ya Kawashiri,Takayuki Nishimura,Takuhiro Okabe,Natsumi Tanaka,Yuzo Honda,Kazumi Nakahara,Naoko Yamamoto,Izumi Ohmachi,Hisashi Goto,Maiko Hasegawa,Youko Sou,Itsuko Horiguchi,Mitsuo Kanagae,Yasuyo Abe,Fumiaki Nonaka,Mami Tamai,Hirotomo Yamanashi,Yasuhiro Nagata,Atsushi Kawakami,Takahiro Maeda,Kiyoshi Aoyagi BMC geriatrics 20巻1号466頁-466頁 2020年11月11日
  • Individual variations and sex differences in hemodynamics with percutaneous arterial oxygen saturation (SpO2) in young Andean highlanders in Bolivia. Takayuki Nishimura,Juan Ugarte,Mayumi Ohnishi,Mika Nishihara,Guillermo Alvarez,Yoshiki Yasukochi,Hideki Fukuda,Kazuhiko Arima,Shigeki Watanuki,Victor Mendoza,Kiyoshi Aoyagi Journal of physiological anthropology 39巻1号31頁-31頁 2020年10月07日
  • Association between vitamin D and bone mineral density in Japanese adults: the Unzen study. Yuzo Honda,Kazuhiko Arima,Takayuki Nishimura,Yoshihito Tomita,Satoshi Mizukami,Yasuyo Abe,Natsumi Tanaka,Michiko Kojima,Tsung-Ping Jeng,Hisashi Goto,Maiko Hasegawa,Youko Sou,Ritsu Tsujimoto,Mitsuo Kanagae,Makoto Osaki,Kiyoshi Aoyagi Archives of osteoporosis 16.1.127-127 2021/09/08
  • Long-term response of Helicobacter pylori antibody titer after eradication treatment in middle-aged Japanese: JPHC-NEXT Study. Shiori Tanaka,Atsushi Goto,Kazumasa Yamagishi,Motoki Iwasaki,Taiki Yamaji,Taichi Shimazu,Hiroyasu Iso,Isao Muraki,Nobufumi Yasuda,Isao Saito,Tadahiro Kato,Kiyoshi Aoyagi,Kazuhiko Arima,Kiyomi Sakata,Kozo Tanno,Manami Inoue,Norie Sawada,Shoichiro Tsugane Journal of epidemiology 2021/04/28
  • Cost-effectiveness of dual influenza and pneumococcal vaccination among the elderly in Shenzhen, China. Daqin Chen,Zhaojia Ye,Zhenfei Pi,Satoshi Mizukami,Kiyoshi Aoyagi,Yawen Jiang Vaccine 39.16.2237-2245 2021/04/15
  • Behavioural responses and anxiety symptoms during the coronavirus disease 2019 (COVID-19) pandemic in Japan: A large scale cross-sectional study. Guoxi Cai,Yulan Lin,Yixiao Lu,Fei He,Kouichi Morita,Taro Yamamoto,Kiyoshi Aoyagi,Toshitsugu Taguri,Zhijian Hu,Haridah Alias,Mahmoud Danaee,Li Ping Wong Journal of psychiatric research 136.296-305 2021/04
  • Factors associated with the development of oral allergy syndrome: A retrospective questionnaire survey of Japanese university students. Mai Matsumoto,Motoi Takenaka,Kiyoshi Aoyagi,Yoshihito Tomita,Kazuhiko Arima,Keiko Yamauchi-Takihara,Hiroyuki Murota Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology 2021/03/19
  • 住民健康診査におけるリウマチ二次検診の前向き研究 玉井 慎美,野中 文陽,川尻 真也,有馬 和彦,青柳 潔,川上 純 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 65回.545-545 2021/03
  • Immunohistochemical Analysis of Histone H3 Modification in Newt Tail Tissue Cells following Amputation. Ji-Wen Wu,Xu Zhang,Reiko Sekiya,Kiyoshi Aoyagi,Tao-Sheng Li Stem cells international 2021.8828931-8828931 2021
  • Epidemiology of the association between serum 25-hydroxyvitamin D levels and musculoskeletal conditions among elderly individuals: a literature review. Kazuhiko Arima,Satoshi Mizukami,Takayuki Nishimura,Yoshihito Tomita,Hiroki Nakashima,Yasuyo Abe,Kiyoshi Aoyagi Journal of physiological anthropology 39.1.38-38 2020/11/26
  • Association between self-reported walking speed and calcaneal stiffness index in postmenopausal Japanese women. Yoshihito Tomita,Kazuhiko Arima,Satoshi Mizukami,Ritsu Tsujimoto,Shin-Ya Kawashiri,Takayuki Nishimura,Takuhiro Okabe,Natsumi Tanaka,Yuzo Honda,Kazumi Nakahara,Naoko Yamamoto,Izumi Ohmachi,Hisashi Goto,Maiko Hasegawa,Youko Sou,Itsuko Horiguchi,Mitsuo Kanagae,Yasuyo Abe,Fumiaki Nonaka,Mami Tamai,Hirotomo Yamanashi,Yasuhiro Nagata,Atsushi Kawakami,Takahiro Maeda,Kiyoshi Aoyagi BMC geriatrics 20.1.466-466 2020/11/11
  • Individual variations and sex differences in hemodynamics with percutaneous arterial oxygen saturation (SpO2) in young Andean highlanders in Bolivia. Takayuki Nishimura,Juan Ugarte,Mayumi Ohnishi,Mika Nishihara,Guillermo Alvarez,Yoshiki Yasukochi,Hideki Fukuda,Kazuhiko Arima,Shigeki Watanuki,Victor Mendoza,Kiyoshi Aoyagi Journal of physiological anthropology 39.1.31-31 2020/10/07
MISC
  • 1歳6ヵ月児を育てる母親におけるソーシャルサポートに焦点を当てた分析 キット 彩乃,有馬 和彦,水上 諭,富田 義人,西村 貴孝,安部 恵代,青柳 潔 日本公衆衛生学会総会抄録集 79回巻364頁-364頁 2020年10月
  • 甲状腺嚢胞の影響を考慮した潜在性甲状腺機能低下症と高血圧の関係 清水 悠路,小屋松 淳,玉井 慎美,有馬 和彦,青柳 潔,前田 隆浩,林田 直美 日本公衆衛生学会総会抄録集 79回巻339頁-339頁 2020年10月
  • 肥満遺伝子多型と骨健康の関連 長崎アイランドコホート研究骨衛生活動 有馬 和彦,玉井 慎美,岩本 直樹,野中 文陽,折口 智樹,青柳 潔 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 64回巻657頁-657頁 2020年08月
  • 医歯薬共修による事例検討グループワーク授業の構成と効果の検討 永田 康浩,有馬 和彦,井口 茂,大町 いづみ,木村 泰男,中嶋 幹郎,青柳 潔,前田 隆浩,安武 亨 医学教育 51巻Suppl.号128頁-128頁 2020年07月
  • 【パンデミック下の医学教育-現在進行形の実践報告-】オンライン臨床実習 渡航制限下における離島医療・保健の代替え実習 野中 文陽,永田 康浩,近藤 徹,田中 孝和,水上 諭,延末 謙一,有馬 和彦,安部 恵代,青柳 潔,前田 隆浩 医学教育 51巻3号296頁-297頁 2020年06月
  • 地域在住住民における肥満遺伝子多型と骨健康の関連 森川 響也,有馬 和彦,水上 諭,西村 貴孝,安部 恵代,青柳 潔 日本衛生学雑誌 75巻Suppl.号S203頁-S203頁 2020年03月
  • アルデヒド脱水素酵素2遺伝子多型と骨健康の関連 有馬 和彦,森川 響也,富田 義人,水上 諭,西村 貴孝,安部 恵代,青柳 潔 日本衛生学雑誌 75巻Suppl.号S203頁-S203頁 2020年03月
  • 住民健康診査における抗CCP抗体陽性健常者の前向き研究 玉井 慎美,野中 文陽,延末 謙一,山梨 啓友,川尻 真也,有馬 和彦,青柳 潔,前田 隆浩,川上 純 日本内科学会雑誌 109巻Suppl.号182頁-182頁 2020年02月
  • 住民健康診査における抗CCP抗体陽性健常者の前向き研究 玉井 慎美,野中 文陽,延末 謙一,山梨 啓友,川尻 真也,有馬 和彦,青柳 潔,前田 隆浩,川上 純 日本内科学会雑誌 109巻Suppl.号182頁-182頁 2020年02月
  • 造血能を考慮した動脈硬化と高血圧の関係 清水 悠路,川尻 真也,小屋松 淳,山梨 啓友,玉井 慎美,有馬 和彦,青柳 潔,前田 隆浩 日本公衆衛生学会総会抄録集 78回巻217頁-217頁 2019年10月
  • キット 彩乃,有馬 和彦,水上 諭,富田 義人,西村 貴孝,安部 恵代,青柳 潔 日本公衆衛生学会総会抄録集 79回.364-364 2020/10
  • 清水 悠路,小屋松 淳,玉井 慎美,有馬 和彦,青柳 潔,前田 隆浩,林田 直美 日本公衆衛生学会総会抄録集 79回.339-339 2020/10
  • 有馬 和彦,玉井 慎美,岩本 直樹,野中 文陽,折口 智樹,青柳 潔 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 64回.657-657 2020/08
  • 永田 康浩,有馬 和彦,井口 茂,大町 いづみ,木村 泰男,中嶋 幹郎,青柳 潔,前田 隆浩,安武 亨 医学教育 51.Suppl..128-128 2020/07
  • 野中 文陽,永田 康浩,近藤 徹,田中 孝和,水上 諭,延末 謙一,有馬 和彦,安部 恵代,青柳 潔,前田 隆浩 医学教育 51.3.296-297 2020/06
  • 森川 響也,有馬 和彦,水上 諭,西村 貴孝,安部 恵代,青柳 潔 日本衛生学雑誌 75.Suppl..S203-S203 2020/03
  • 有馬 和彦,森川 響也,富田 義人,水上 諭,西村 貴孝,安部 恵代,青柳 潔 日本衛生学雑誌 75.Suppl..S203-S203 2020/03
  • 玉井 慎美,野中 文陽,延末 謙一,山梨 啓友,川尻 真也,有馬 和彦,青柳 潔,前田 隆浩,川上 純 日本内科学会雑誌 109.Suppl..182-182 2020/02
  • 玉井 慎美,野中 文陽,延末 謙一,山梨 啓友,川尻 真也,有馬 和彦,青柳 潔,前田 隆浩,川上 純 日本内科学会雑誌 109.Suppl..182-182 2020/02
  • 清水 悠路,川尻 真也,小屋松 淳,山梨 啓友,玉井 慎美,有馬 和彦,青柳 潔,前田 隆浩 日本公衆衛生学会総会抄録集 78回.217-217 2019/10
書籍等出版物 books
  • カラダの百科事典
    丸善株式会社
    2009年
  • カラダの百科事典
    丸善株式会社
    2009年
  • カラダの百科事典
    丸善株式会社
    2009年
  • カラダの百科事典
    丸善株式会社
    2009年
  • カラダの百科事典
    丸善株式会社
    2009年
  • 骨粗鬆症・骨折の危険因子と予防ー家族歴と遺伝ー骨粗鬆症診療ハンドブック改訂4版
    医薬ジャーナル社
    2006年
  • 骨折の予防―転倒の防止―骨粗鬆症診療ハンドブック改訂3版
    医薬ジャーナル社
    2002年
  • 骨粗鬆症の疫学,危険因子(転倒).骨粗鬆症ナビゲーター
    メディカルレビュー社
    2001年
  • 生活習慣病の予防(筋骨格系疾患).公衆衛生学第3版
    講談社サイエンティフィクス
    1999年
  • カラダの百科事典
    丸善株式会社
    2009
  • カラダの百科事典
    丸善株式会社
    2009
  • カラダの百科事典
    丸善株式会社
    2009
  • カラダの百科事典
    丸善株式会社
    2009
  • カラダの百科事典
    丸善株式会社
    2009
  • 骨粗鬆症・骨折の危険因子と予防ー家族歴と遺伝ー骨粗鬆症診療ハンドブック改訂4版
    医薬ジャーナル社
    2006
  • 骨折の予防―転倒の防止―骨粗鬆症診療ハンドブック改訂3版
    医薬ジャーナル社
    2002
  • 骨粗鬆症の疫学,危険因子(転倒).骨粗鬆症ナビゲーター
    メディカルレビュー社
    2001
  • 生活習慣病の予防(筋骨格系疾患).公衆衛生学第3版
    講談社サイエンティフィクス
    1999
講演・口頭発表等 conference
  • 肺炎のバイタルスコアリングによる医療介入判定 ICTによる肺炎の早期発見・重症化予防システムの基礎的検討
    前田 俊輔, 伊達 豊, 青柳 潔
    日本慢性期医療学会(大阪)
    2019年12月
  • 地域在宅高齢者における転倒恐怖感と日常生活活動との関連
    富田 義人, 有馬 和彦, 川尻 真也, 辻本 律, 金ヶ江 光生, 水上 諭, 岡部 拓大, 山本 直子, 大町 いづみ, 中原 和美, 西村 貴孝, 安部 恵代, 青柳 潔
    日本公衆衛生学会(高知)
    2019年10月
  • 高校生女子の骨量と運動、食事習慣の関連 3年間の前向き観察研究
    一瀬 浩志, 貞松 俊弘, 秋山 寛治, 青柳 潔, 富田 義人
    日本骨粗鬆症学会(神戸)
    2019年10月
  • 地域在住中高年男女におけるスクレロスチンと骨量との関連
    西村 貴孝, 有馬 和彦, 富田 義人, 水上 諭, 安部 恵代, 青柳 潔
    日本骨粗鬆症学会(神戸)
    2019年10月
  • FOSTAとFRAXの併用による低骨量女性のスクリーニング
    安部 恵代, 有馬 和彦, 富田 義人, 水上 諭, 西村 貴孝, 青柳 潔, 飯田 充瑛
    日本骨粗鬆症学会(神戸)
    2019年10月
  • ICT健康管理システム「安診ネット」を用いた要介護度の進行の抑制への取り組み
    前田 俊輔, 本田 歩美, 矢野 捷介, 照沼 秀也, 本田 純久, 青柳 潔
    日本在宅医療連合学会大会(東京)
    2019年07月
  • アルデヒド分解酵素遺伝子多型と骨量低下の関連 長崎アイランドコホート研究
    有馬 和彦, 岩本 直樹, 川尻 真也, 玉井 慎美, 折口 智樹, 川上 純, 青柳 潔
    日本リウマチ学会総会(京都)
    2019年04月
  • Prevalence of fear of falling and associated factors among Japanese community-dwelling older adults.
    Tomita Y,Arima K,Tsujimoto R,Kawashiri S,Nishimura T,Mizukami S,Okabe T,Tanaka N,Honda Y,Izutsu K,Yamamoto N,Ohmachi I,Kanagae M,Abe Y,Aoyagi K
    International Scientific Seminar Physiological Anthropology and Human Ecology, Moscow, Russia
    2018年12月05日
  • 介護予防と運動器の健康
    青柳 潔
    整形外科と災害外科
    2018年11月23日
  • Association of Physical Performance and Pain With Fear of Falling Among Community-Dwelling Japanese Women Aged 65 Years and Older
    Yoshihito Tomita,Kazuhiko Arima,Mitsuo Kanagae,Takuhiro Okabe,Satoshi Mizukami,Takayuki Nishimura,Yasuyo Abe,Hisashi Goto,Itsuko Horiguchi,Kiyoshi Aoyagi
    International Symposium on Physiological Anthropology (ISPA) 2018, Kota Kinabalu, Malaysia,
    2018年10月15日
  • 肺炎のバイタルスコアリングによる医療介入判定 ICTによる肺炎の早期発見・重症化予防システムの基礎的検討
    前田 俊輔, 伊達 豊, 青柳 潔
    日本慢性期医療学会(大阪)
    2019/12
  • 地域在宅高齢者における転倒恐怖感と日常生活活動との関連
    富田 義人, 有馬 和彦, 川尻 真也, 辻本 律, 金ヶ江 光生, 水上 諭, 岡部 拓大, 山本 直子, 大町 いづみ, 中原 和美, 西村 貴孝, 安部 恵代, 青柳 潔
    日本公衆衛生学会(高知)
    2019/10
  • 高校生女子の骨量と運動、食事習慣の関連 3年間の前向き観察研究
    一瀬 浩志, 貞松 俊弘, 秋山 寛治, 青柳 潔, 富田 義人
    日本骨粗鬆症学会(神戸)
    2019/10
  • 地域在住中高年男女におけるスクレロスチンと骨量との関連
    西村 貴孝, 有馬 和彦, 富田 義人, 水上 諭, 安部 恵代, 青柳 潔
    日本骨粗鬆症学会(神戸)
    2019/10
  • FOSTAとFRAXの併用による低骨量女性のスクリーニング
    安部 恵代, 有馬 和彦, 富田 義人, 水上 諭, 西村 貴孝, 青柳 潔, 飯田 充瑛
    日本骨粗鬆症学会(神戸)
    2019/10
  • ICT健康管理システム「安診ネット」を用いた要介護度の進行の抑制への取り組み
    前田 俊輔, 本田 歩美, 矢野 捷介, 照沼 秀也, 本田 純久, 青柳 潔
    日本在宅医療連合学会大会(東京)
    2019/07
  • アルデヒド分解酵素遺伝子多型と骨量低下の関連 長崎アイランドコホート研究
    有馬 和彦, 岩本 直樹, 川尻 真也, 玉井 慎美, 折口 智樹, 川上 純, 青柳 潔
    日本リウマチ学会総会(京都)
    2019/04
  • Prevalence of fear of falling and associated factors among Japanese community-dwelling older adults.
    Tomita Y,Arima K,Tsujimoto R,Kawashiri S,Nishimura T,Mizukami S,Okabe T,Tanaka N,Honda Y,Izutsu K,Yamamoto N,Ohmachi I,Kanagae M,Abe Y,Aoyagi K
    International Scientific Seminar Physiological Anthropology and Human Ecology, Moscow, Russia
    2018/12/05
  • 介護予防と運動器の健康
    青柳 潔
    整形外科と災害外科
    2018/11/23
  • Association of Physical Performance and Pain With Fear of Falling Among Community-Dwelling Japanese Women Aged 65 Years and Older
    Yoshihito Tomita,Kazuhiko Arima,Mitsuo Kanagae,Takuhiro Okabe,Satoshi Mizukami,Takayuki Nishimura,Yasuyo Abe,Hisashi Goto,Itsuko Horiguchi,Kiyoshi Aoyagi
    International Symposium on Physiological Anthropology (ISPA) 2018, Kota Kinabalu, Malaysia,
    2018/10/15
担当経験のある項目 teaching experience 公衆衛生学,医学概論 公衆衛生学,医学概論
Works
  • 関節リウマチの早期診断による発症及び重症化予防
    2008年 -
  • 脆弱性骨折と骨代謝マーカーの生理的多型性が日常生活動作と早期死亡に及ぼす影響
    2005年 -
  • 大島町生活習慣改善事業
    1999年 -
  • 長崎県振動工具使用職員健康診断業務事業
    1998年 -
  • 大島町骨粗鬆症検診事業
    1998年 -
  • ビタミンKが骨代謝の生理的多型性に与える影響
    2011年 - 2012年
  • 骨粗鬆症検診
    2009年 - 2010年
  • 長崎県保健・医療・福祉データ共同分析研究
    2009年 - 2010年
  • 長崎県保健・医療・福祉データ共同分析研究
    2009年 - 2010年
  • 関節リウマチの早期診断による発症及び重症化予防
    2007年 - 2010年
  • 関節リウマチの早期診断による発症及び重症化予防
    2008 -
  • 脆弱性骨折と骨代謝マーカーの生理的多型性が日常生活動作と早期死亡に及ぼす影響
    2005 -
  • 大島町生活習慣改善事業
    1999 -
  • 長崎県振動工具使用職員健康診断業務事業
    1998 -
  • 大島町骨粗鬆症検診事業
    1998 -
  • ビタミンKが骨代謝の生理的多型性に与える影響
    2011 - 2012
  • 骨粗鬆症検診
    2009 - 2010
  • 長崎県保健・医療・福祉データ共同分析研究
    2009 - 2010
  • 長崎県保健・医療・福祉データ共同分析研究
    2009 - 2010
  • 関節リウマチの早期診断による発症及び重症化予防
    2007 - 2010
競争的資金等の研究課題 research grants
  • Prevention of Osteoarthritis
    1998年 -
  • 大腿骨頸部骨折リスクの社会医学的研究―日本人、日系アメリカ人、白人間の転倒頻度、基礎体力の比較―
    長崎医学同窓会 研究助成
    1998年 - 研究代表者
  • 地域における中高年女性の変形性関節症に関する臨床疫学研究
    長崎県医師会 医学研究助成
    1998年 - 研究代表者
  • 大腿骨頸部骨折リスクの社会医学的研究―日本人、日系アメリカ人、白人間の転倒リスクに関連した体力の比較―
    明治生命厚生事業団 健康医科学研究助成
    1997年 - 研究代表者
  • Prevention of Osteporosis
    1995年 -
  • 日本人における性ホルモン・骨代謝回転・骨量間関連の生理的・遺伝的研究
    日本学術振興会 科研費• 基盤研究(B)一般
    2019年 - 2023年 研究代表者
  • AI遠隔健康モニタリングシステム「まいにち安診ネット」を用いて介護施設等に入居する高齢者等の疾病の早期発見・重症化予防を行う実証研究
    政策科学総合研究事業
    2018年 - 2019年 研究分担者
  • Wntシグナルと骨・血管連関の生理的多型性」
    日本学術振興会 科研費• 基盤研究(B)一般
    2015年 - 2018年 研究代表者
  • ビタミンKが骨代謝の生理的多型性に与える影響
    日本学術振興会 科研費• 基盤研究(B)一般
    2011年 - 2014年 研究代表者
  • 脆弱性骨折と骨代謝マーカーの生理的多様性が日常生活動作と早期死亡に及ぼす影響
    日本学術振興会 科研費• 基盤研究(A)一般
    2005年 - 2008年 研究代表者
  • Prevention of Osteoarthritis
    1998 -
  • 大腿骨頸部骨折リスクの社会医学的研究―日本人、日系アメリカ人、白人間の転倒頻度、基礎体力の比較―
    長崎医学同窓会 研究助成
    1998 - principal_investigator
  • 地域における中高年女性の変形性関節症に関する臨床疫学研究
    長崎県医師会 医学研究助成
    1998 - principal_investigator
  • 大腿骨頸部骨折リスクの社会医学的研究―日本人、日系アメリカ人、白人間の転倒リスクに関連した体力の比較―
    明治生命厚生事業団 健康医科学研究助成
    1997 - principal_investigator
  • Prevention of Osteporosis
    1995 -
  • 日本人における性ホルモン・骨代謝回転・骨量間関連の生理的・遺伝的研究
    日本学術振興会 科研費• 基盤研究(B)一般
    2019 - 2023 principal_investigator
  • AI遠隔健康モニタリングシステム「まいにち安診ネット」を用いて介護施設等に入居する高齢者等の疾病の早期発見・重症化予防を行う実証研究
    政策科学総合研究事業
    2018 - 2019 coinvestigator
  • Wntシグナルと骨・血管連関の生理的多型性」
    日本学術振興会 科研費• 基盤研究(B)一般
    2015 - 2018 principal_investigator
  • ビタミンKが骨代謝の生理的多型性に与える影響
    日本学術振興会 科研費• 基盤研究(B)一般
    2011 - 2014 principal_investigator
  • 脆弱性骨折と骨代謝マーカーの生理的多様性が日常生活動作と早期死亡に及ぼす影響
    日本学術振興会 科研費• 基盤研究(A)一般
    2005 - 2008 principal_investigator
特許 patents
社会貢献活動 social contribution
  • 長崎県ATLウイルス母子感染防止研究協力事業連絡協議会
    運営参加・支援 長崎県 2021年02月16日 -
  • 長崎県がん登録委員会
    運営参加・支援 長崎県 2021年01月14日 -
  • 長崎県環境審議会
    運営参加・支援 長崎県 2021年01月14日 -
  • 長崎県環境審議会
    運営参加・支援 長崎県 2020年11月05日 -
  • 長崎県環境審議会温泉部会
    運営参加・支援 長崎県 2020年02月18日 -
  • 長崎県医師会産業医研修会
    講師 長崎県医師会 2020年02月09日 -
  • 長崎県感染症対策委員会
    運営参加・支援 長崎県 2020年01月29日 -
  • 長崎市地域保健医療対策協議会
    運営参加・支援 長崎市 2019年12月13日 -
  • 長崎県医師会産業医研修会
    講師 長崎県医師会 2019年12月01日 -
  • 長崎県医師会産業医研修会
    講師 長崎県医師会 2019年08月31日 -
  • 長崎県ATLウイルス母子感染防止研究協力事業連絡協議会
    organizing_member 長崎県 2021/02/16 -
  • 長崎県がん登録委員会
    organizing_member 長崎県 2021/01/14 -
  • 長崎県環境審議会
    organizing_member 長崎県 2021/01/14 -
  • 長崎県環境審議会
    organizing_member 長崎県 2020/11/05 -
  • 長崎県環境審議会温泉部会
    organizing_member 長崎県 2020/02/18 -
  • 長崎県医師会産業医研修会
    lecturer 長崎県医師会 2020/02/09 -
  • 長崎県感染症対策委員会
    organizing_member 長崎県 2020/01/29 -
  • 長崎市地域保健医療対策協議会
    organizing_member 長崎市 2019/12/13 -
  • 長崎県医師会産業医研修会
    lecturer 長崎県医師会 2019/12/01 -
  • 長崎県医師会産業医研修会
    lecturer 長崎県医師会 2019/08/31 -
メディア報道 media_coverage
  • 長崎県環境審議会
    長崎県
    2018年11月01日
  • 長崎市地域保健医療対策協議会
    長崎市
    2018年09月01日
  • 長崎区地域医療構想調整会議
    長崎県西彼保健所
    2018年07月01日
  • 長崎県保健医療対策協議会企画調整部会
    長崎県
    2018年04月01日
  • 長崎県保健医療対策協議会離島医療部会
    長崎県
    2018年04月01日
  • 長崎県感染症対策委員会
    長崎県
    2017年08月07日
  • 健康ながさき21推進会議
    長崎県
    2016年07月01日
  • 長崎県地域・職域連携推進会議
    長崎県
    2016年07月01日
  • 長崎県保健医療対策協議会医療費あり方検討部会
    長崎県
    2016年07月01日
  • 長崎県環境審議会
    長崎県
    2018/11/01
  • 長崎市地域保健医療対策協議会
    長崎市
    2018/09/01
  • 長崎区地域医療構想調整会議
    長崎県西彼保健所
    2018/07/01
  • 長崎県保健医療対策協議会企画調整部会
    長崎県
    2018/04/01
  • 長崎県保健医療対策協議会離島医療部会
    長崎県
    2018/04/01
  • 長崎県感染症対策委員会
    長崎県
    2017/08/07
  • 健康ながさき21推進会議
    長崎県
    2016/07/01
  • 長崎県地域・職域連携推進会議
    長崎県
    2016/07/01
  • 長崎県保健医療対策協議会医療費あり方検討部会
    長崎県
    2016/07/01
学術貢献活動 academic_contribution
その他 etc

トップへ